おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

タグ:青森 ( 8 ) タグの人気記事

東北の旅 ~弘前編⑦青森銀行記念館~

この日は月に一度の無料開館日でございました♪
いつもは大人200円。
本当は前日に来てみたんだけど、夕方遅かったために入れなくって
翌日に延ばしたら…
こういうラッキーなこともあるんですね~^^

e0017161_10343210.jpg

立派な建物ではありますが、
威容を誇るっていうよりは、軽やかな雰囲気です。
弘前の洋館て、大きくても威圧感がないので好き。

設計施工は旧市立図書館と同じ堀江佐吉さん。
太宰治の生家「斜陽館」もこの棟梁の手になるものだそう。
今回は行けなくて残念…

1階は銀行関連の展示。
昔の紙幣や貨幣、通帳なんかがガラスケースに入って並んでいます。

e0017161_10441486.jpg


階段を上って2階へ行くと、広ーいお部屋、大会議室です。

e0017161_10445557.jpg


天井が立派!(写真ではよく見えないですね、すみません…)
赤茶色と金色で豪華な模様が描かれています。
この天井壁紙は金皮唐紙と言って、
今に残るのはここと日本郵船小樽支店の2か所しかないそうです。

どこもかしこもピッカピカに磨きあげられていて
とても大切にされている様子でした。

弘前はこれでおしまい。もっと見たいところもあったけど
次なる目的地に向かいます。

東北の旅 INDEX
[PR]
by yurinippo | 2009-09-10 11:01 | travel

東北の旅 ~弘前編⑥和風建築~

1泊しかしなかった割には沢山の建物を見てまわった今回。
乱暴ですがお城も神社仏閣も住宅も全部まとめてしまいます…


弘前市街の真ん中に、広大な敷地(東京ドーム10個分だそうで)の弘前公園があります。

↓追手門。南側の門です。
e0017161_8325775.jpg


↓弘前城の天守閣。
弘前城に行ってきた、と弘前の人に言うと、口をそろえて
「小さかったでしょ~」とおっしゃいます。
恥ずかしそうに、でもちょっと嬉しそうに。(笑)
e0017161_8361189.jpg

たくさんの桜の古木がありました。桜のころに来たら圧巻でしょうね~。


駆け足で、長勝寺三門↓。国重文。
弘前城の南西の守りとして、禅林三十三門という
お寺が33軒立ち並ぶ一角があります。
その一番奥が、長勝寺。建物は工事中だったみたい…。
e0017161_8413942.jpg


そしてその禅林三十三門の入口近くに、↓栄螺堂があります。
内部は公開しておらず、残念ながら螺旋構造は見えません。
e0017161_8443099.jpg

e0017161_845661.jpg

六角堂…いや八角形だと思うんだけれども。(笑)
ぜひ次は、会津の栄螺堂が見てみたいな~。
あっちのが立派だし中見えるもの。

カラフルな、最勝院五重塔↓。国重文。
e0017161_8483180.jpg

うーん、逆光…。


弘前城の北側に回りますと、藩政時代に中級武士の住宅があった一角が
伝統的建造物保存地区として残されています。

何軒かは内部を公開しているのですが、
こちらの石場家住宅、現役の酒屋さんで、
公開されている内部も実際に住んでお使いになられている建物です。
e0017161_8524548.jpg

土間には井戸(今は埋められてます)や昔の生活用品があります。
(暗くて写真は無理でした)
実際に住むにはご苦労もあると思いますが、ちょっと住んでみたい。

旧梅田家住宅↓
e0017161_857938.jpg

100石くらいの中級武士の住宅だったそうです。
建築年代が「嘉永五年」ではないかと資料にありますが嘉永5年とはいつ?
…1852年だそうです。インターネットは便利じゃのう。

お隣は藩医であった旧伊東家住宅↓
e0017161_927919.jpg

両方とも内部も見学できます。
玄関から広間と座敷が続き、裏の方に家族の生活に使う部屋がある構造が
武家の住宅に特徴的なんだそうです。
そういえば、日本の住宅から「応接間」と言うのが消えたのって
いつ頃かしらねぇ…。私が子供のころはまだありましたよ。

この旧伊東家住宅、お庭もどうやら当時のままらしく、
薬用となる木が植えられていたりしてさすがお医者様の家って感じでした。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-10 09:25 | travel

東北の旅 ~弘前編⑤津軽三味線LIVE~

間があいてしまいましたが、弘前の続きです~。
たかだか半月前のことだと言うのに、薄れゆく記憶…(T_T)

弘前で1回きりの晩ごはんを
①地元の食材を使ったフレンチ(弘前はフランス料理店が多い!)
②津軽三味線を聞ける居酒屋
のどちらがいい?と夫に聞いたところ②と答えましたので

宿からも近い「杏」と言う居酒屋さんに行ってみました。お店は→こちら

かなり観光客っぽい選択でしたが、間違ってなかったです。

ビールやらシードル(ニッカウヰスキー弘前工場ではこれ作ってるのかしらね)やら
ミズ(山菜)の炒め物、大間の鮪、十和田牛、黒石やきそばとか
何だか青森らしい(と私が考える)ものを脈絡なく注文しつつ待つこと1時間。
(お料理はちょっと高いけれども、ミュージックチャージとかがないので
トータルではそれ相応と言う感じ)

それほど広くもない店内はお客さんがぎっしりで、
いったいどこに演奏するスペースがあるんだろう、と思ったら
上がり框に座布団敷いて、演奏が始まりました。

e0017161_13303825.jpg

小山内薫さんという、若い方。
無口で、身にまとう緊張感からして何だかカッコいい。

さっきまで賑やかだった店内が水を打ったように静かになって
津軽三味線の音だけが響き鳴ります。
夫の席からは本当に目の前で、足を組みかえるのも憚られるほど。
(蹴っ飛ばしてしまいそうで…)

生で初めて聞いたのですが、本当にすごい迫力。
よく「日本人の心に響く音色」なんて言う人がいますけれどもあれだね、
「日本人の心」っていうのは臓器の一つだね。
だってお腹にすごく響いてそれでいて涙が出そうになるのだもの。

叩きつけるような、ギターでいうところのダウンストローク。
やさしく繊細なアップストローク。
(本当はなんて言うのか知らないけれど)
三味線て弦楽器であると同時に太鼓でもあるようでした。

すごく良かった。機会があったらまた聞きたいと思いました。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-02 13:56 | travel

東北の旅 ~弘前編④教会と趣のある建物~

ちょっと間があきましたが、弘前散歩の続きです。
かなり夕方になってきて、ますます写真が拙くなって参りました…。

日本聖公会 弘前昇天教会。
e0017161_1572926.jpg

中道主義の教会で、米国人の設計により大正時代に建てられたもの。

外観はかなり年季が入っていますが、
中は古いながらも手入れが行き届いています。

夕陽を浴びる祭壇。
e0017161_1511428.jpg

なんとなく人懐こい感じのする教会でした~。^^
ここのリードオルガンは120年前の米国製でとても貴重なものなんだそうですが…
後から知ったのでよく見なかったの。残念!


カトリック弘前協会。
弘前の名建築は堀江佐吉さんという棟梁の手になるものが多いのですが
こちらは堀江佐吉の弟、横山常吉さんの作で、明治末期の建物です。

e0017161_1523325.jpg

↑の弘前昇天教会もそうだったのですが、靴を脱いで上がります。
そしてこちらは、畳敷きもいい感じ。

e0017161_1524342.jpg

ステンドグラス右下は岩木山だね!
弘前らしい絵柄なのですよ~。とっても綺麗。

ゴシック様式の祭壇は1866年に制作されたといわれているそう。
e0017161_168542.jpg



日本基督教団 弘前教会。
明治8年に創立された、東北最古のプロテスタントの教会だそう。
e0017161_16123847.jpg

こちらは外観だけなのですが、
(夕方遅かったため閉まっていました…)
とても100年前に建てられたとは信じがたい、立派な建物でした。
中も見たかったなぁ~。


これらの教会もそうですけど、街並みに溶け込んだ
古そうな建物がほかにもたくさんあります。
e0017161_16191820.jpg

明治16年に建てられた元呉服店、今は「百石町展示館」として
展示会などやっているそう。


e0017161_1621475.jpg

こちらも古そうでした。電線や車でちょっと見えにくいですね。
煉瓦の1階部分、すごく素敵なんですよ~。


e0017161_1623583.jpg

夕方ちゃんと撮れなくて、朝もう一度訪れて写真に収めました。
もう見るからに時計店ですね。
ていうか、時計店以外のものにはなり得ないこの造形!(笑)
おもちゃみたいな可愛さ全開です♪


これらすべて、中心街の歩いて行けるところにあるのです。
楽しいお散歩でした。
[PR]
by yurinippo | 2009-08-24 16:31 | travel

東北の旅 ~弘前編③藤田記念庭園~

日本商工会議所初代会頭、藤田謙一氏の別邸として建てられたそう。
広大なお庭に大正時代の洋館。

ほとんど無料で入れる弘前の建物の中にあって、これは大人300円でした。

高台にある借景式庭園。
e0017161_945935.jpg

雲がなければこの和館の向こうに岩木山が見えるはずなのですが…
残念ながら私たちの滞在中、岩木山はすそ野の一部しか見られませんでした。

低地にある池泉回遊式庭園。
滝と反橋。お庭に滝作っちゃうのがすごいです。
e0017161_9495771.jpg


すごい枝ぶりの木とか。どこから生えているのかちょっと分からない。
e0017161_9504874.jpg


同時期に建てられた赤れんがの倉庫には
弘前市内から出土した土器が展示してありました。
e0017161_9524571.jpg


お庭が広すぎて歩き疲れたので、洋館の中にある喫茶室で休憩。
コーヒー美味しかったです。
e0017161_955340.jpg


洋館の2階は会議室として有料で貸し出されているそうで、
見られないのが残念でした。

1階暖炉脇のステンドグラス。
これは鳥かなぁ。
e0017161_9565810.jpg


今、洋館の外観の写真を撮り忘れたことに気付いた!あ~あ。

藤田記念庭園についてはこちら
[PR]
by yurinippo | 2009-08-20 10:03 | travel

夏休み2009 東北の旅 ~弘前編②旧東奥義塾外人教師館でランチ~

旧弘前市立図書館のすぐ隣にある、旧東奥義塾外人教師館。

e0017161_10155454.jpg


青森県初の私学校、東奥義塾の外国人宣教師が住んだ家だそうです。

2階が公開されていて、子供部屋、書斎、寝室などがあります。

お部屋の中に小さいロッキングチェアとブランコが。
e0017161_10181444.jpg


洗濯物を干す部屋、と思しきスペースもありました。
豪華でも贅沢でもないけれど
雪深い弘前で外国人宣教師一家が快適に暮らせるようにと
建てられた様子が見て取れます。

1階にはカフェがあり、ランチも食べられるのでここでお昼にしました。


フランス御膳というのを注文してみました~。
リンゴの冷製ポタージュ。最初に出てきます。
e0017161_10232927.jpg


ほんのり甘くてリンゴの味~~。(当たり前)

e0017161_10263746.jpg

前菜はしめ鯖、メインは鰆(夫は鶏肉)、ご飯とサラダと、
さらにエスプレッソとりんごシャーベットがついてきました。

味は普通でしたが、人もいなくて静かな洋館でゆったりとランチ。
日常生活を離れて素敵な時間を楽しめました~。

窓からは、お庭のミニチュア建造物が見えて可愛いです。
e0017161_10332846.jpg

[PR]
by yurinippo | 2009-08-19 10:34 | travel

夏休み2009 東北の旅 ~弘前編①旧弘前市立図書館~

うちのナビ(どこのナビもそうかもしれないけど)
「○○市街」に目的地を設定すると市役所に連れてきてくれます。(笑)

市役所に程近い追手門広場には観光案内所があって、
弘前の旅の始まりには最適の場所です。
街歩きの地図を貰ってうろうろ。

旧弘前市立図書館。
e0017161_16423994.jpg

写真が暗かったので補正したら…ちょっと白すぎた!

ドーム型の塔の中はこんな風です。閲覧室。
e0017161_1650114.jpg

窓から明るい光が差し込みます。
こんなところで本を読みたいな~。

床下の通気口にはめる鉄格子までもかわいらしい♪
e0017161_16513161.jpg


弘前にはこんな可愛い洋館がたくさんあります。
お散歩が楽しいです~~
[PR]
by yurinippo | 2009-08-17 16:57 | travel

夏休み2009 東北の旅 ~出発編&目次~

下の娘の仲良しのお友達が、お父さんの転勤で弘前に引っ越してしまい
娘から「夏休みは弘前に遊びに行く」と言う計画をきかされた時、
遠い、遠すぎるよぉぉ!!と実現可能性は低いと思っていたのですが、
弘前はなんだか結構素敵な町であるらしく、
ETC割引で高速料金1000円で行けることだし、
こんなことでもなけりゃ青森なんて一生行かなさそうだし(寒いの苦手)。

思い切って行ってきました!青森県弘前市!
私の北限更新!!

早朝、と言うよりも深夜、2時半に出発~

e0017161_13132159.jpg


走り続けること3時間。福島のあたりで夜明けです。
聞いていた通り、岩手県に入ってからが途方もなく長かった。
どこまで走ってもなかなか岩手が終わらないんです(笑)

運転交代しながら680キロを8時間で走り抜けて到着!
小さい車(TOYOTAのist)でよく頑張りました。
そして、高速料金が1000円でホント助かりました!


【目次】

◆弘前編①旧弘前市立図書館
◆弘前編②旧東奥義塾外人教師館でランチ
◆弘前編③藤田記念庭園
◆弘前編④教会と趣のある建物
◆弘前編⑤津軽三味線LIVE!
◆弘前編⑥和風建築
◆弘前編⑦青森銀行記念館
◆平泉編①中尊寺
◆平泉編②毛越寺

こんな感じを予定してます。よかったら見てくださいね。^^
[PR]
by yurinippo | 2009-08-17 13:37 | travel