おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

タグ:建築 ( 21 ) タグの人気記事

夏休み2009 東北の旅 ~弘前編①旧弘前市立図書館~

うちのナビ(どこのナビもそうかもしれないけど)
「○○市街」に目的地を設定すると市役所に連れてきてくれます。(笑)

市役所に程近い追手門広場には観光案内所があって、
弘前の旅の始まりには最適の場所です。
街歩きの地図を貰ってうろうろ。

旧弘前市立図書館。
e0017161_16423994.jpg

写真が暗かったので補正したら…ちょっと白すぎた!

ドーム型の塔の中はこんな風です。閲覧室。
e0017161_1650114.jpg

窓から明るい光が差し込みます。
こんなところで本を読みたいな~。

床下の通気口にはめる鉄格子までもかわいらしい♪
e0017161_16513161.jpg


弘前にはこんな可愛い洋館がたくさんあります。
お散歩が楽しいです~~
[PR]
by yurinippo | 2009-08-17 16:57 | travel

「ブラジルシック」「可笑しな家」

本ネタ、つづき。

Brasil-Sick(ブラジルシック)

宮沢 和史 / 双葉社


19/100

ブラジル熱は不治の病。
小康状態を保っていても、何かの拍子にすぐぶり返す。
私もブラジルにもういっぺん行きたくなっちゃった!
今度行く時は、建物めぐりしたいなぁ。
オスカー・ニーマイヤーとか。



可笑しな家 世界中の奇妙な家・ふしぎな家 60軒

黒崎敏&ビーチテラス / 二見書房


20/100

世界各国の変わった家を集めた1冊。
建築家の実験的な自宅から、風土に合わせた伝統家屋。
風景に溶け込んだ、というよりもう自然物にしか見えないような家とか
奇抜に見えて機能的な家とか。
宇宙家族ジェットソン(知ってる?)っぽい家もあるし、テレタビーズっぽい家もあるし。

とにかく全部人が住んでるってのが素敵。
[PR]
by yurinippo | 2009-04-09 17:20 | book

気になる建物…

5年ほど前に、よく仕事で訪れるビルの窓から、
ひときわ異彩を放つ、古い木造建築を発見し、以来とても気になっていました。

その後、あの古い建物は本郷館と呼ばれる築100年を超える下宿だというのを知りました。

前にも紹介したこの本にも載ってます。

TOKYO STYLE (ちくま文庫)

都築 響一 / 筑摩書房



やっぱりこの目で見ておこう!と思い立ち、路地に迷い込みました。
…と思ったらすぐ発見。
意外と近かった~。

e0017161_1462793.jpg


今もちゃんと人が住んでますので、あんまりじろじろ見るのは遠慮しましたが、
一枚だけ写真撮らせてもらいました。

(見学お断り、と入口に書いてあります)

中を知りたければ、前述の「TOKYO STYLE」に載っています。
三階の廊下から見下ろす中庭のショットなど、現代の東京とは思えません。

本郷周辺にはこんな雰囲気のある建物がたくさんあります。
看板建築の古書店とか、昔ながらの旅館とか。
東京で築100年の建物って、震災も空襲もバブルも免れたってことで、貴重なのです。

でも現役で使われているということは、つまり、
使えなくなったら取り壊される可能性があるということ。

いつまでもこんな街並みが残ることを祈りつつ、
手遅れにならないうちにたくさん見ておきたいと思いました。

仕事のついでじゃなくても、またお散歩しに行こう…。
[PR]
by yurinippo | 2009-03-16 14:44 | diary

旧中込学校

トイレが溶けるまでの間(笑)、こちらを見学してました。

e0017161_21514183.jpg


長野県佐久市にある、旧中込学校。
明治8年に建設された小学校です。

e0017161_21521515.jpg

2階廊下の突き当りにある色ガラス窓。
黒光りする廊下に映り込む光も綺麗です。

e0017161_21523285.jpg

こちらは1階の玄関から入って突き当りのドア。
こちらにも色ガラスがはめ込まれています。
印象的なこれらの窓から「ギヤマン学校」といわれていたのだとか。

e0017161_21525599.jpg

昔の子供たちはこうやって書いてお勉強してたのですね。
昔の教科書や卒業証書などもたーっくさん展示してありました。

e0017161_21531526.jpg

このレトロなオルガンは、な、なんと、弾けます。ちゃんと音が出ます。
貴重な品に見えるのに触れるって素敵~~

e0017161_21533132.jpg

よく見ると鬼瓦もあるので、和洋折衷なのですね。
それにしても、明治8年、このような寒村に洋風建築の小学校を建て、
しかも建築費用はほとんど全額村民(全戸!)の寄付だったというのだから
恐れ入ります。

長野県は教育熱心な県民性だと聞いてはいたけれど!
ほとんど人も来ないのに、とても奇麗に保存してあってとても感心しました!
しかもオルガン弾けるし!(笑)
[PR]
by yurinippo | 2009-01-19 21:50 | travel

折り紙建築・万里の長城

北京オリンピックが始まりましたね。
普段はスポーツ観戦に特に興味のない私ですが、
ついテレビにのせられて、見てしまいます。

で、中国つーことで今日の折り紙建築はこちら。(まだ作ってます)

e0017161_17221650.jpg


これが?と思いましたが長い方向を奥行にしてギュギュッと圧縮してある、
ということに気付けばもうこっちのもの。
ほーらあなたも万里の長城に見えてきたでしょ。(ホントかな…笑)

折り紙建築・世界遺産を作ろうの本に出ていた中国の建物は2つ。
万里の長城と、ポタラ宮(チベット)なのだけど
今このタイミングでポタラ宮を作ってしまうと
なんとなく反北京オリンピックな空気が出てしまうのが難しいところね。(笑)

でも美しい建物なのでそのうち作ります。

そうそう、とうとう買っちゃいましたよ、白い紙50枚パック…(笑)
サンプル眺めてうっとりしている(←すごい変な人)だけでは飽き足らず、
やっぱりこれでなんか作らなきゃダメだなーと思って。
[PR]
by yurinippo | 2008-08-11 17:37 | interior

ポップアップカードに挑戦!

ちょっと折り紙建築に飽きてきたかなーーって感じなので、
こっちにも挑戦してみることにしました。

ハンドメイドポップアップの本―世界でひとつ、飛びだすカードの作りかた
HIROKO / / 情報センター出版局


折り紙建築は90°(に起こした時に立体になる)タイプのもので、
一枚の紙からできているのが特徴。
それに対してこちらの本は、180°タイプのものです。
いくつかのパーツを組み合わせてできています。
どちらもそうなのですが、切り抜くよりも組み立てるほうが大変で、手が4つ欲しいです。
(夫に少し手伝ってもらった。)

e0017161_1356425.jpg


これで難易度「低」なんですけど…難しかった!
アクセサリーをかけるトルソーになってます。
が、いま紙のアクセサリー指輪やらネックレスやらかかっているところに
本物のアクセサリーをかけると、足の強度にやや不安が…。

もちろんポップアップカードなので、ぺったんこに畳めます。


ついでに最近作った折り紙建築のほうもアップしときますか。

e0017161_141429.jpg

切り抜いたところ。

e0017161_143860.jpg起こすと、こうです。

イギリスのウエストミンスター修道院。
こういう、奥行きを省略できて正面が豪華な教会などは、すごく折り紙建築向きな気がします。

これ、今までで一番上手に(っていうか失敗が少なく)できました。

↓もう一つ、アイアンブリッジ(これもイギリス)。

e0017161_1482511.jpg

アーチの模様がきれいに出ますねー。
向こう側が見えるデザイン(エッフェル塔の足とかね)が結構好き。
[PR]
by yurinippo | 2008-07-09 14:12 | interior

折り紙建築 パリのノートルダム大聖堂

作業そのものは、切って、折り目を付けて、起こす。
という極めて単純なものであるために、飽きる心配が出てきました。
熱しやすく冷めやすい性格…。

そうだ、紙を変えてみよう!
もっぱら白ケントを使用していたのですが、
マルマンの「ミ・タント」というのエンボス・ファインペーパーを試してみました。

それから、ちょっと場所を変えてみよう!
とバイト先で待ち時間の長そうな時に、オフィスに持ち込んでしまいました。
道具を広げたと思ったら待ち時間が終了したので、結果ただのサボりに…

e0017161_14501391.jpg撮影に適した場所がいろいろあるのだわ、ここのオフィス。
(なにしに行ってるんだか…)

窓際で撮ると、後ろから光が差し込んでいい感じだし。
携帯カメラだったのが残念だな。


e0017161_14523391.jpg

照明のついた本棚の一画で撮ると、まるでショップのディスプレイのようだ。

エンボス(でこぼこ)の紙だと、細かいカットの時に少々切りづらい欠点はありますが
出来上がりはなかなか雰囲気があってよろしいかと。
作品によって、紙も使い分けるとさらに楽しいかもしれないですね~。

っていうか、先日、画材屋さんで、
微妙に色合いやテクスチャーの違う白い紙50枚セット、というのを見つけて
無性に欲しくなってしまったのですが、冷静な方の自分に
「そんなに買っても全部使い切らないでしょ!」と何とか押しとどめられて
購入には至らなかったのです。

でも次行ったら絶対買いそう…。
しばらくは画材屋さんに近寄らないのがいいですね。(笑)

ノートルダム・ド・パリwebカメラはこちら
[PR]
by yurinippo | 2008-07-02 15:06 | interior

折り紙建築 エッフェル塔

「これは一枚の紙で出来ているのか?」というMasumiさんの疑問にお答えして。

エッフェル塔を起こしてみます。

e0017161_1412459.jpgはじめはぺったんこです。


e0017161_14133097.jpg徐々に起こしていくと

e0017161_14135512.jpg台紙とつながってるのが見えますか?
e0017161_13551456.jpg

正真正銘、一枚の紙でございます。

しかし、実を申しますとワタクシ、紙にはオモテとウラがあり、タテとヨコがあることに
今の今までまったく無頓着でありまして
このエッフェル塔、紙の縦横を間違えたために、
自立しません…。

屹立してこそのエッフェル塔なのに…(涙)

お詫びに、エッフェル塔webカメラ映像をどうぞ。
[PR]
by yurinippo | 2008-07-02 14:32 | interior

折り紙建築、ヨーロッパ上陸

前回から上陸はしておりましたが…

さて、イタリアの続きです。

フィレンツェのドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂です。
e0017161_18341718.jpg


ゴシック様式のファサードを紙でどうやって…
とおもったら、横顔でした。(ほっ)
細かいけれど、直線で構成されているのでカットも起こすのも簡単。
これおススメ~。

次、ヴィツェンツァのヴィラ・ロトンダ。
e0017161_1839461.jpg


ほほう、パラディアン・スタイルのパラディアンとは、
パラディオさんという建築家の名前だったのねー。勉強になります。

はい、次、ポルトガルに飛びまして、ベレンの塔。
ポルトガルが繁栄を極めた大航海時代の記念碑です。
e0017161_18413952.jpg


写真で見ると、いつも真っ青な空をバックに、とてもキレイなのよねー。
ポルトガル、行ってみたい。

で、この本、スペインの建物が一個もないのですが、なんでだろう。
やっぱ折り紙的にはマクロに外観が美しい建物がよいのはわかりますので、
たとえばモザイクタイルの美しさが最大の魅力だったりすると
折り紙建築では確かに再現できないものねぇ…。でも何か1個くらいあってもいいのに。

次回はパリです。お楽しみにー。(?)
[PR]
by yurinippo | 2008-06-30 18:47 | interior

切り紙に夢中

最近blog更新が滞っていてすみません。
病気をしていたわけでも彼氏ができたわけでもなく(笑)
こんなことして遊んでいたら夢中になってしまって…
切り紙で世界一周。なんちって。

まずはエジプト、ピラミッド。
e0017161_1874647.jpg

アブ・シンベル神殿。
e0017161_188353.jpg


子供のころ、画用紙切って貼って、家建ててたの思い出しました。
(自分の部屋だけ妙に広い家…笑) 
大人になったら世界遺産だって作っちゃうもんね。

折り紙建築 世界遺産をつくろう!
茶谷 正洋 / / 彰国社
ISBN : 4395270476

型紙があるんで、ケント紙、カッター、カッター台程度があればできます。
難しいことはないのですが、丁寧な仕事と根気が要求されます。
(私に最も欠けているものです。)
でもデザインの完成度が非常に高いので、1つ作るとすごい達成感が味わえて
次も作りたくなるのです。

切り紙つながりでこんなのも。

e0017161_18161273.jpgこれは
北欧の切り紙―デンマークのかわいいモビール
Jens Funder Nielsen / / 池田書店
ISBN : 4262152626

という本から。これにも型紙付いてます。

暗くてシルエットだけですが、雪の結晶。
なぜこの時期に雪?というと、12月のガールスカウトのバザーで売る手作り品を考えて来いと言われているからなのです。
作ってみたら手間の割には子供が「100円でも買わない」などというので、あえなくボツです。(涙)
冬になったら自分の家に飾ります。

もう1冊、かなり高等テクの要りそうな本もあるんですよ。
ハンドメイドポップアップの本―世界でひとつ、飛びだすカードの作りかた
HIROKO / / 情報センター出版局
ISBN : 4795835438

これすごい。細かくて美しくて、とにかく素晴らしい!
実際わたしが作れるかどうかは別として…。
最終的には、これも作れるように頑張りたいと思います!
[PR]
by yurinippo | 2008-06-18 18:27 | interior