おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

タグ:展覧会 ( 13 ) タグの人気記事

シュルレアリスム展

国立新美術館で開催中の「シュルレアリスム展」に出かけてきました。
ずっと前から行きたかったんだけど、今頃行ってます。
(いつものことだけど)

震災の影響で、すこし開催期間が延びています。

ダリ、マグリット、エルンスト、ミロなど、
シュルレアリスムの有名な作品がたくさん来ていただけでなく、
本や雑誌も展示されていました。
アンドレ・ブルトンの本が欲しくなった。あとで探してみようと思います。

ちょうど私と同時に会場に入った少し年配の女性二人組と、
美大生風の男子二人組と同じくらいのペースで見て歩いたので
聞くとは無しにこの二組の会話を聞いていたのですが
「うーん、難解だねー」「よく分からないわねー」という感じでした。

ダリとかマグリットとかは、分からないながらも何か言いたそうな雰囲気。
しかしエルンストとかピカビアとかはもう、
最初から安易な理解とか解釈とかをきっぱり拒んでるような気が。
潔いほどに。

だから「難解」とか「分からない」というのは
この展覧会に関してはすごく良い感想かもしれないですね!
(つまり私もちっとも分からない…笑)

とはいえ分からなくてつまらないっていうことは全然なくって
眺めているだけで面白い形だし、
好きなように勝手に解釈して遊べるので楽しかったです。

何より、このデタラメにも思える造形が、
真摯に芸術の本質を追い求めた人たちの試行錯誤の過程と結果であるというのが良いのです。
一生懸命やりすぎちゃうとおかしなものが出来るのよ。
でもそのおかしさが愛おしいのよ。
そういうことでは…ないですよねぇやっぱり(笑)

募金ページへのリンクバナー
by yurinippo | 2011-04-27 23:14 | art

文化庁メディア芸術祭

ここ数日は春みたいに暖かいですね!
ぽかぽか陽気に誘われて、
久しぶりに国立新美術館までお出かけしてきました。

今やっているのは、

文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 →http://plaza.bunka.go.jp/

すっごい混んでるかと覚悟して行ったけど、そこまでではなかったです。

アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門。

アート部門大賞の"Cycloïd-E"は映像と模型が展示してあって、
本物は東京ミッドタウンにあるそうな。
すごい迫力だろうな、とは思うものの、そこまで行く時間がなくて残念。
模型だけでもその面白い動きは十分楽しめるのだけど、
やっぱり音がでないとねー。実物観たかった。

それから優秀賞の"10番目の感傷(点・線・面)"が良かったです。
電車の模型にライトがつけてあって、
線路の周りに建築物を模した雑貨が並べてあって、
電車のライトとそれらが作り出す影が
電車の動きにあわせてあたかも車窓風景のように
壁に映し出されるというもの。
洗濯バサミが高圧電線の鉄塔に、
プラスチックのざるがモダンなドーム型建造物になります。素敵でした。

電車といえば、もう一つ"sound / tracks"という作品もきれいでした。
電車の窓から見える風景を音楽に変換するというもの。
夜に浮かび上がる灯が窓の外を飛び去っていくでしょ、
あれにあわせて音が鳴る。
画像から音を生成するというアイディア自体は
それほど新しいものではないと思うんだけれども
出来上がった音楽が、
音楽単体でも聞くにたえる完成度でそこが良かったです。

電車つながりついでに、
学生CGコンテストの受賞作品を観られるコーナーがあったのだけど、
そこの"Tokyo Teleport"という作品もきれいでした。
こうして見ると東京は美しいな。YouTubeでも見られるので探してみて。

ほかには、
動く襖絵とでも言うべき"百年海図巻"(アート部門)
TVの放送を見逃したのでこれからDVDを借りようと思う"四畳半神話大系"(アニメ部門)
PS3がどうしても欲しくなってしまう"無限回廊 光と影の箱"(エンタメ部門)
何周でも見られるサカナクション"アルクアラウンド"(エンタメ部門)
あたりが私は大好きであります。

ご興味のある方は13日までなので急いで!
入場無料なので(笑)ぜひ見に行かれるといいと思います!
by yurinippo | 2011-02-07 13:32 | art

オルセー美術館展2010 ポスト印象派

あじさい寺↓と同じ日に、行ってまいりました。
私、印象派に「新印象派」だの「ポスト印象派」だのいう
区分があることさえ知らないで観に行ってましたが、
でもオルセー美術館の大改修を機にたくさんの作品が来ていて、
大変に見ごたえのある展覧会ではありました。

その代り、ものすごく混んでいました。平日にもかかわらず。
日曜美術館で紹介された直後だったのかな?
きっと私のようなミーハー(死語?)にわか美術ファンが大勢押し掛けてきていたのでしょうな。

混んでて良く見えない、と監視員のお姉さんに大声で食ってかかってるおじさんもいました。
「金払って見に来てるのに」というのはそういう人たちの常套句ですが、
お金を払ってるのは絵を見ることに対してであって、
監視員のお姉さんに大声出してうっぷんを晴らすことに対してではないはず。
「入場制限をすればいいんだ!」とも言ってましたが、
炎天下、外で1時間並んで待たされている自分、ってのは想像してないんでしょうね~(笑)

静かにゆったりと展覧会を楽しみたい気持ちは
ひじょーーーーによく解るのですが、
その雰囲気を率先してぶち壊さなくてもいいじゃないか。


ま、そのようなカオスの中にあっても、比較的空いてる絵というのもありまして、
私が見たかったゴーギャンとかルソーはちゃんとゆっくり見られました。

そして同様に、モーリス・ドニとか、エドゥアール・ヴュイヤールとかの
「ナビ派」(この言葉も良く知らなかったのですが)のところも空いてて、
よーく見てたら私こういうの好きだってことに気付きました。
シンプルな線、ベタ塗りのような色、
かろうじて風景画なんだけどどうも何か違うことを言いたそうに見えるんです。

って、絵の見方もよく解らない素人が生意気言ってすみません。
こういう絵が好き、ってこと言いたいだけです。

作品の点数が多かっただけに、
もしこの展覧会が空いていたら、
前半の、モネやスーラやセザンヌやゴッホを熱心に鑑賞し、
おそらく後半の「ナビ派」や「象徴主義」は、
疲れてしまって半分くらいの熱心さしか持たなかったかもしれないので、
かえって混んでてよかったのか。とさえ思いました。
(負け惜しみも20%くらい入っていますが)


オルセー美術館展2010 「ポスト印象派」
の公式ホームページはこちら

8月16日までだそうです。
by yurinippo | 2010-06-23 17:39 | art

写真展「セバスチャン・サルガド アフリカ」と「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」

写真展に行くなんて久しぶり!
新聞か何かで恵比寿の写真美術館にサルガドの写真展が来てることを知って、
最終日にようやく滑り込んで見てきました。

やっぱり凄いです。そしてものすごく混んでた。

e0017161_1526624.jpg

↑この写真ホントきれいですよねー。とくにおっぱいが…(そこか!)
女の私ですら見入ってしまうのですから、
この写真の前には当然のことながら人だかりができていましたよ。(笑)
牛を置いて、木を置いて、スーパーモデルを置いて撮ったのではないかとすら
思ってしまいました。それほどの完成度。

セバスチャン・サルガドって言うと報道写真のイメージですけど
珍しく風景とか動物の写真があったりして、それはそれで新鮮だったし
虐殺後の放置された数百人の遺体の写真はすごいショッキングでした。
あれもアフリカ、これもアフリカなのですね。

15年ほど前に国立近代美術館に来ていたのを見に行ったのですが
その時に見た写真もたくさんありました。

長距離の移動に疲れ果てて木陰に休む難民とか、
兵士の足元の階段から顔をのぞかせる子供とか、
とても辛い場面であるのに崇高な美しさのある写真に衝撃を受け
それでよく覚えていたのでしょうね。

前回は確か、ラテンアメリカの写真が多くて、
当時学生だった私はそれで見に行ったんだったと思います。
その時読んでいた南米文学とも、私の中ではリンクしていたのだと思います。
(写真以外はとにかくうろ覚え)

で、今回はアフリカ。
先日「アフリカの日々/やし酒飲み」を読んだばかりだったので
それを思うと何ともタイミングよく来るサルガド氏であることよ。
次も15年後だろうか。。。


もうひとつ、「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし」
も見てまいりました。
e0017161_1557556.jpg


サルガドの写真はドキドキしっぱなしでしたが
こちらは昭和の街や人が何ともほっとする感じでとてもよかったです。

ド素人の私にもわかる有名な写真が何枚かありました。
ブレッソン「決定的瞬間」の「サン・ラザール駅裏」。
水たまりを飛び越えようとする写真は見たことある!
それから木村伊兵衛「中山夫人」とか!知ってる知ってる!

(あーこれ知ってる!は鑑賞の仕方としては極めて幼稚ですけど…
写真詳しくないんだから仕方がないか。)

それにしても二人とも肖像写真がすごいんです。
あれは被写体(有名人)のオーラなのか、カメラマンの腕なのか。


モノクロの写真にすっかり魅せられて、
調子に乗って恵比寿ガーデンプレイスのツリーを
モノクロで撮ってみたりしたんですけど

e0017161_1315331.jpg




撃沈。
by yurinippo | 2009-12-16 13:16 | art

ゴーギャン展

というわけで、行ってまいりました国立近代美術館。

日曜日なので多少の混雑は覚悟して行きましたが、
覚悟していた程度の人出でした~。^^
音声ガイド、今回は借りました。
ゴーギャンの声(?)は奥田瑛二さん。はまり役ですね。

e0017161_10274096.jpg


メインは↑のチケットにもある
「我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処へ行くのか」

ちょっと怖いような絵なんですけど、さすがの大迫力。

作品の展示の前に、ビデオで見どころ解説をやっていることに、
「はい、こことこことここを見てね~。絵の前で立ち止まらないでね~。」
みたいな意図を感じてしまうのは私だけでしょうか。

でもあのビデオを見てからだと、人が絵の前に留まらないのも事実…。

人間生まれてから死ぬまでを一枚の絵に描いてあるってことですね。
と軽く理解して通り過ぎてしまいそうになります。^^;

私が勝手に思い描いていたゴーギャン=
黒髪に花を飾った裸のタヒチ娘、みたいな楽園イメージの絵はあまりなくて
タヒチ時代の絵はなんとなく死の影が見えるような感じがします。
版画の何枚かは、本当に「暗闇」とか「恐怖」を形にしたようなのがありました。
光が強い分、闇も濃いような。

最晩年、マルキーズ諸島に渡ってからの絵の方が軽やかで明るくて、
ゴーギャン、死を目前にして何か吹っ切れたな、って感じがしました。

↓で読んだ「楽園への道」では、
たくさんの彫刻も作っていたように書いてあったけど
今回出展されてる中に彫刻は1つだけなのがちと残念。

あと、今回もまた中途半端な時間に行ったため、
レストランでの食事をまたもや逃したのがとても残念。

あ、でも帰り道、
柏に出来たゴディバ・ショコイストでショコリキサーを買ったので少し満足。
私は期間限定のホワイトチョコ・パッションマンゴーで
夫はホワイトチョコ・ラズベリー。どちらも美味しかったです。^^
暑い間に飲めてよかった♪


ゴーギャン展公式HPはこちら
9/23までだそうです。
by yurinippo | 2009-09-07 10:58 | art

ルーブル美術館展

ゴールデンウィークも今日で終わり。
テレビのニュースで見る1000円渋滞に恐れをなして
遠くへは出かけませんでしたけど、これだけ、行ってきました。

上野のほうじゃなくて、六本木の国立新美術館でやっている
ルーブル美術館展 ~美の宮殿の子供たち~」。

混み具合は普通でした。
チケット売り場も入口も並んでなかった。

この日はこどもの日でしたけれども、
もう親と一緒のお出かけは喜ばないうちの子たちはほっといて、
大人だけで、世界の愛らしい子供を見に行こうって趣向でございます。(笑)


e0017161_14331320.jpg

↑ティツィアーノ・ヴェチェッリオ
《聖母子と聖ステパノ、聖ヒエロニムス、聖マウリティウス》

チラシにもなっているこちら。
聖母マリアの優しい表情と、幼子キリストの愛らしさが印象的!

テーマが「子ども」だけあって、
絵画も彫刻もかわいらしく微笑ましい作品が多い中、
昔は子供はちょっとしたことですぐ死んでしまうことから、
子どもを死のイメージと結びつける展示のコーナーもありました。

e0017161_1443585.jpg

↑少女のミイラと棺。
ルーブル美術館唯一の子供のミイラだとか。

棺が本当に小さいことに、それから「普通は棺にはミイラとなった姿を描くところ、
この棺には生前の生き生きとした姿を描いてある」という解説に
なんだか悲しくなってしまいました。

e0017161_1457183.jpg

↑ジャン=バティスト・ルイ・ロマン 《無垢》

はかなげな少女に目が釘付けになり、立ち尽くしてしまいました。
後ろから見ると、しなやかな背骨やろっ骨が今にも動き出しそう。
今回の作品中で一番好きな一点は、これでした。

東京での会期は6/1まで。そのあと大阪だそうです。
by yurinippo | 2009-05-06 15:02 | art

テオ・ヤンセン展

お出かけネタ続きで、もはや「おうちしごと日報」のタイトルは嘘っぱちに…(涙)

これは先週日曜日の話ですが、「テオ・ヤンセン展」に行ってまいりました。

以前にTVで見て、「これはすごい!見たい!でもオランダまではなぁ…」と思っていたら
なんと東京に来たじゃないですか~~
いやぁ、東京(のそば)に住んでて良かったと思うのは、こういうときですなぁ。

↓こいつが動き出す!!
e0017161_11315324.jpg


テオ・ヤンセン氏はビーチアニマルを作った人なのですが、
そのビーチアニマルとは何か、と申しますと、
プラスチックのパイプやチューブで出来た動物のようなもので、
風力で動きます。

オランダの海岸に放し飼い(?)にされた彼らビーチアニマルが
風に吹かれてトコトコ歩き出す様子は、一度見たら忘れられません。

例えばこんな動画。




風力で動く、なんていうとローテクみたいですけど、
やはり設計はコンピュータを使って一番効率の良い動きを計算しているのだそうで、
効率の良い動きをどんどん追求していくと、
どんどん実際にある生き物の動きに似てくるようなのは面白いですね~。

風力はためておけないし…と思ったけど、そんなことないんですよ!
廃ペットボトルに、風力でポンプを動かして圧縮空気を作っておく、
それを動力にして、風がないときにも動かせるんです!!すごすぎる!!
(デモンストレーションの時は、さすがにペットボトルに圧縮空気を作るところは
コンプレッサー使ってましたけど…笑)


どんどん進化をつづけているらしく、
ちなみに、羽根がボロボロに壊れて動けなくなっちゃったこの子は「化石」だそうです…

e0017161_11492685.jpg


テオ氏のアトリエの壁も素敵♪
e0017161_11515729.jpg



今週末までなので、興味のある方は急いで見に行ってくださいね!
by yurinippo | 2009-04-06 11:57 | art

ピカソをはしご

国立新美術館とサントリー美術館の2か所で同時開催されている「巨匠ピカソ」展に行ってまいりました。
平日の朝イチでしたけど、さすがにそこそこ混んでました。並びはしませんでしたけど。
e0017161_140168.jpg


まずは国立新美術館のほうから。
初めて来ましたが、乃木坂の駅から直結で便利~。
光が降り注ぐ吹抜けの明るい館内と広い展示スペース。
外から見ても、ガラスの曲面と植栽の紅葉が美しかったです。
e0017161_1443928.jpg


約170点もの作品が並び、かなり見ごたえがありました。
「愛と創造の軌跡」というサブタイトルがついているだけあって、
その時々の女性たちが繰り返し作品のモデルとして登場し、
それほどまでに愛と創作が切っても切り離せないものだったのかと深く納得。

絵も良かったけれど、彫刻もいろいろ出展されていて、
今までピカソの彫刻はあまり知らなかったけれど、すごく良かったです。
ちょっと欲しくなっちゃった。(無理!)

ピカソと言えば青の時代→キュビスム→新古典主義・シュルレアリスム、と
平凡な私には理解が及ばない天才が
情熱的に奔放に芸術表現を追求していたような印象を持っていたのですが
晩年の一部屋、家族や子供や身の回りのものをモチーフにした作品が目立つのを見て
なんだか少しウルッと来ました。


東京ミッドタウンに移動してお昼を食べたらもう一つのピカソ展、サントリー美術館へ。
お昼の話はまたあとで~。

東京ミッドタウンも初めてだったのです。(すっかりおのぼりさん)
e0017161_14312295.jpg

国立新美術館を解放感と光の「ピクニック」に例えるならば
サントリー美術館はこじんまりと陰影にとんだ「茶室」って感じですかね。
あ、実際お茶室があるんですね~。

サントリー美術館のほうは、「魂のポートレート」
自画像を中心とした58点です。
自画像だから当然なんですけど、先ほど女性を描いた絵をたくさん見てきたものだから
「あらー、こっちは男性の絵ばかりなのねー。」と間抜けな感想を持つ私たち。

自画像と言ったって本当に自分をモデルにしたもののほかに、
息子や他の人物、牡牛やミノタウロスも自分が投影されているらしいです。
そう言われてみると、「画家となんとか」という題名の絵がすごく多くて、
絵に自分がよく登場する画家さんなんですね、ピカソって。

どちらの会場も、どの作品がどう、というよりも、
「ピカソ」という人物の人生を見た!っていう印象を強く受けました。
作品数が多くて、最後のほうはボーっとしちゃったからかもしれないし
本人を写した写真が多く展示してあったせいかもしれません。

でもとても楽しかった。
これだけの作品を日本でいっぺんに見られるのはもう無いかもしれないので
見てきてよかったなーと思いました。
by yurinippo | 2008-11-19 14:52 | art

菌類のふしぎ展

芸術の秋、そして11月3日文化の日。

上野(正確には御徒町からだけど)に降り立った私たちは
国立西洋美術館のヴィルヘルム・ハンマースホイ展も
東京都美術館のフェルメール展も
国立博物館の大琳派展もスルーして

…科学博物館にキノコ見に行ってました。(やっぱりね)

菌類のふしぎ展

写真撮影OK、なのにまたカメラ忘れてしまったよ。(←忘れ物女王)
携帯の手ぶれピンボケまくりの写真でご勘弁を。
e0017161_18131015.jpg

とにかくキノコがたくさん展示されています。

小さな穴から菌類のいろんな匂いが嗅げるコーナーがありました。
キノコ(カビ)のにおいは、マッシュルームの匂いで
トリュフは…あまり詳しくないけど(笑)いい香りでした。高価なのも納得。
酵母の発酵臭というのはとてもなじみ深い、
パン焼いたりする時のほのかなアルコール臭でした。
マツタケの香り(右上の写真)は、ほんとにマツタケだ♪

顕微鏡で青カビのぞけるコーナーもありましたが
カビや酵母より、だんぜんキノコのが見栄えがしますからね。
キノコがメインになるに決まってます。
他に、光るキノコとかもあり。

あちこちに、「もやしもん」の作者、石川さん直筆の落書きがありました。
子供たちはこれを探すのが楽しかったみたい。
e0017161_18212090.jpg



ちなみに、なぜ御徒町から来たかというと
上野広小路にある「厳選洋食 さくらい」さんでお昼食べてきたから。
ビルの7階とか分かりにくいところにあるにもかかわらず
40分待ちとかいう繁盛ぶりで
しばらく不忍池をお散歩しながら呼ばれるのを待って入りました。

オムライス、美味しかったです♪
by yurinippo | 2008-11-05 18:25 | diary

国宝 薬師寺展

門外不出の国宝が東京に来ているというので、休みだった夫を誘って出かけてきました。
(薬師寺展にたどり着くまでがやたらと長い記事になっていますので
テキトーに読み飛ばして下さい。)

「混雑情報」によると、平日は午後3時以降が空いているらしい…と。
(先日の東山魁夷展と同じこと言ってる)

じゃ、とにかくまずお昼を食べてから。
芸大近くの「ペペ・ル・モコ」というお店へ行ってみることに。

…すみません、例によってカメラ忘れてます…

フレンチのお店なのですが、ランチは1575円からとリーズナブル。
でもってお料理美味しいの。

スープはガスパッチョ(私)とサツマイモの冷たいポタージュ(夫)。
魚料理(私)はカニクリームコロッケとホタテのテリーヌをサーモンで挟んだもの。
(名前がついていたかなぁ…)
肉料理(夫)は青森県産ローストポーク。
夫はコーヒーとデザートが付くコースを頼んで、
デザートの代わりにチーズの盛り合わせにしても、と言われてすごい悩んでチーズに。

昼間だから、と思ってワインは頼まなかったのですが、
「やっぱりワイン頼めばよかったなぁ」と、食事中3回くらい言った。(笑)

こじんまりとした店内と飾らない接客で、地元の人に愛されてる感じのお店でした。
機会があったらまた行きたいと思いました。



さて、いよいよ薬師寺展へ。

e0017161_8521574.jpg


先ほどチケット売り場にも長蛇の列ができているのを横目で見ていたので
チケットの列がだいぶ短くなっていてホッとして並ぶ…が、中で入場制限しているらしく
なんと70分待ち!
でも仕方がないのでチケット買おうとしていると、見知らぬ女性が
「70分待っても入ります?私70分は待てないから、これあげます」と

招待券を下さいました!

ビックリして嬉しくて、その時はろくにお礼も申し上げられませんでしたが、
本当にありがとうございました!!

いやーん、なんてラッキーなのかしら♪

薬師寺展の列に並ぶ前に、予習しておこうね、と本館の展示を見ることに~。
なにしろ私と夫なのでね、予備知識が中学校の教科書レベルもアヤシイくらい。
その間に列が短くなってるといいね、と目論んで。

きっと薬師寺展に合わせて、インド~中国~朝鮮半島~日本に至る仏像の変遷
みたいな展示をしていたので、これから見る日光・月光菩薩立像や聖観音菩薩立像が
どのくらいに位置するものなのかは夫も把握した、かな。

3時になってもそれほど列は減っておらず、でも50分ほど並んでやっと入れました。
入口付近の混雑をかいくぐり、次のお部屋の東塔の水煙へ。
これこれ、lazyMikiさんにいただいた、今年の年賀状♪
Mikiさんも、お友達と出かけられたのですよね。

e0017161_1274085.jpg聖観音菩薩立像は想像していたより少し小さいものでした。

すっきりした体形や顔立ちにキラキラした装飾品をまとい、ため息が出るような美しさ。

私は、ただ眺めて「きれい…」とか思うだけで満足なんだけど、
夫が「髪型が僕の知ってる仏像っぽくない」だの、「あの手の形に何か意味があるのか」だの
私には答えられない質問をしてくるのでうっとうしい。
うっとうしいけれども、そんなこと聞かれると私も気になっちゃうので、
これから少し調べようかなーとも思う。


e0017161_1253066.jpgいよいよメインの日光菩薩立像と月光菩薩立像。(チケットの写真)

すごい大混雑だけど、こちらは思ったより大きいので見えないってことはないです。
対になっているからと言って左右対称ではないのですね!
日光菩薩が凛とした雰囲気なら、月光菩薩は柔らかな動きがあるのです。

普段は見られない後姿もよーっく見てきました。
後ろには装飾が少ない分、完璧なプロポーションがよくわかります。
これ見られただけで満足です。


e0017161_1284575.jpgあと吉祥天像も人混みをかきわけて見てきました。

出品数はそれほど多くないのにお客さんの人数がすごいので、
いかんせん展示の前にはすごい人だかりが。
しかも吉祥天像、小さいし。

人酔いして頭くらくらしながら、会場の外に出て、
次の目的地であるパティスリーへ~♪
(実はそっちがメインではないのか…)
 
と、長すぎるのでこれは別記事に…
by yurinippo | 2008-05-24 12:17 | diary