おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

タグ:写真 ( 8 ) タグの人気記事

写真展「セバスチャン・サルガド アフリカ」と「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」

写真展に行くなんて久しぶり!
新聞か何かで恵比寿の写真美術館にサルガドの写真展が来てることを知って、
最終日にようやく滑り込んで見てきました。

やっぱり凄いです。そしてものすごく混んでた。

e0017161_1526624.jpg

↑この写真ホントきれいですよねー。とくにおっぱいが…(そこか!)
女の私ですら見入ってしまうのですから、
この写真の前には当然のことながら人だかりができていましたよ。(笑)
牛を置いて、木を置いて、スーパーモデルを置いて撮ったのではないかとすら
思ってしまいました。それほどの完成度。

セバスチャン・サルガドって言うと報道写真のイメージですけど
珍しく風景とか動物の写真があったりして、それはそれで新鮮だったし
虐殺後の放置された数百人の遺体の写真はすごいショッキングでした。
あれもアフリカ、これもアフリカなのですね。

15年ほど前に国立近代美術館に来ていたのを見に行ったのですが
その時に見た写真もたくさんありました。

長距離の移動に疲れ果てて木陰に休む難民とか、
兵士の足元の階段から顔をのぞかせる子供とか、
とても辛い場面であるのに崇高な美しさのある写真に衝撃を受け
それでよく覚えていたのでしょうね。

前回は確か、ラテンアメリカの写真が多くて、
当時学生だった私はそれで見に行ったんだったと思います。
その時読んでいた南米文学とも、私の中ではリンクしていたのだと思います。
(写真以外はとにかくうろ覚え)

で、今回はアフリカ。
先日「アフリカの日々/やし酒飲み」を読んだばかりだったので
それを思うと何ともタイミングよく来るサルガド氏であることよ。
次も15年後だろうか。。。


もうひとつ、「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし」
も見てまいりました。
e0017161_1557556.jpg


サルガドの写真はドキドキしっぱなしでしたが
こちらは昭和の街や人が何ともほっとする感じでとてもよかったです。

ド素人の私にもわかる有名な写真が何枚かありました。
ブレッソン「決定的瞬間」の「サン・ラザール駅裏」。
水たまりを飛び越えようとする写真は見たことある!
それから木村伊兵衛「中山夫人」とか!知ってる知ってる!

(あーこれ知ってる!は鑑賞の仕方としては極めて幼稚ですけど…
写真詳しくないんだから仕方がないか。)

それにしても二人とも肖像写真がすごいんです。
あれは被写体(有名人)のオーラなのか、カメラマンの腕なのか。


モノクロの写真にすっかり魅せられて、
調子に乗って恵比寿ガーデンプレイスのツリーを
モノクロで撮ってみたりしたんですけど

e0017161_1315331.jpg




撃沈。
[PR]
by yurinippo | 2009-12-16 13:16 | art

【お知らせ】フォトブログ始めました

きれいな風景に出会って心が震えるとき、
写真の腕前にはとんと自信がございませんが
それでも皆さんに大きい写真でお見せしたい時があります。

で、とうとう写真だけのblogを開設してみました。


おでかけ画報
http://fotoviagem.exblog.jp/


ヘタっぴ写真ばかりで恐縮ですが
良かったらちょっぴりのぞいて見てください。
最近のお散歩写真から載せてあります。

本ネタ、お料理パンお菓子、日常のあれこれなどは
今まで通りこちらのおうちしごと日報でつづっていきます。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by yurinippo | 2009-11-30 15:13 | diary

ミニチュア風写真

最近よく見かける、ミニチュア「風」動画や写真。
実際にミニチュア作って撮影するなんて気の遠くなるような作業は無理だけど
普通の写真を簡単にミニチュア風にするのがあるのを教えてもらってたので
ちょっとやってみたくなっちゃいました。


でも、広角で撮り下ろすような写真って、わたしあんまり持ってなかった…。

というわけで、
「ミニチュア風写真を作る材料としての写真」を仕事帰りに
何枚か撮ってまいりまして。(本末転倒かしら?)

こんな風になりました。

e0017161_7333294.jpg
e0017161_7334442.jpg
e0017161_734077.jpg
e0017161_7341155.jpg
e0017161_7342224.jpg
e0017161_7343068.jpg


なんか面白くなってきて、過去の写真も加工してみた。

e0017161_7361724.jpg
e0017161_7362761.jpg


おもちゃみたいだ~。

清水寺だってこの通り。
e0017161_7413845.jpg


南禅院も箱庭に。
e0017161_7492147.jpg



今回使ったのは、写真をミニチュア風に簡単に加工できるmini-tuneというツール。
もうちょっと元の写真にこだわれば
さらに可愛いミニチュア風写真ができそうですな。
[PR]
by yurinippo | 2009-10-17 08:02 | diary

「たのしい写真」

写真の撮り方じゃなくて、写真の見かたに関する本です。
美術史みたいな、「写真史」を含めた写真論。

たのしい写真―よい子のための写真教室

ホンマ タカシ / 平凡社


71/100

でも写真を撮るときにもすごく役立つと思います。
私自身に関して言えば、
「見たまま撮らなきゃ」という呪縛から解放された。

失敗したパンを何とか美味しそうにごまかして撮ってブログに載せても
何の罪悪感も持たなくていいんですよ。
(いや、それはまた違う問題だから。)

行ってもいない場所の写真をどっからか拾ってきて、
旅行記書いてもいいんですよ。

イケメン俳優の写真を
「これ、私の彼氏」とかいって見せるのも…

実際にはそんなことしないけど(笑)
写真の表現方法としてはそういうのもアリってこと。
面白いよね。
[PR]
by yurinippo | 2009-10-05 11:53 | book

「出会いの写真ノート」

文庫本サイズのお散歩写真集、という手に取りやすいカタチ。

出会いの写真ノート (えい文庫 194)

原 康 / エイ出版社

46/100(これも数えていいものかしら?)

中身の写真はすべてモノクロで、カラーフィルムで撮ったものも
スキャンしてフォトショップでモノクロ変換してるそうです。

あまりに奥深いカメラや写真の世界にどっぷりはまる勇気はないけれど
どうせ写真を撮るなら上手に撮りたいです。

でも、カメラのお勉強をしようと思うと技術論に傾きがちなのですよね。
まあ技術が上手なのに越したことはないんですけど、
露出が、構図が、とか言ってる間にシャッターチャンスを逃しちゃうのがもったいない。

その点、こちらの本は、撮影者の態度に主に言及してるので、
しかも「お散歩写真」であるのでとても気楽。
写ってる人々もとてもリラックスしていて、
こういう人物写真が撮りたいのですよね~。

というのも、今年度は娘のガールスカウトの広報担当になってしまい、
写真を撮る必要に迫られてるんです。

子供が小さい頃から、自分ちの子供の写真は山ほど撮ってますけど
よその子供をかわいく撮るっつーのはなかなか難しいんですよ。
カメラを向けると逃げちゃったり、逆に大げさなポーズをつけてくれたり。
一生懸命何かをしてる時の写真を撮ると、下向いちゃっててその表情が撮れないし。

また、採算をとるためにはお母さんたちに撮った写真を売らなきゃいけない。
売るためには子供の顔がはっきり写ってる写真がいいわけです。

一方、「広報」の写真は不特定多数の人に見られるわけですから
少女たちの安全のためにはあまり顔がはっきり写っているのも困る。
昨日も子供たちとユニセフ募金で街頭に立ったのですが、
中にはあまりに怪しい、募金とは無関係に子供たちに近づいてくる人がいて
本当にいるんだこういう人…と怖い思いをしました。

…と話が横道にそれましたが、
とにかく、可愛くて安全で、自然な表情の、活動報告にもなる写真が撮りたいわけですよ。
何度か活動について行って、子供たちと仲良くなるのが先かな~。
[PR]
by yurinippo | 2009-07-06 10:16 | book

トイカメラ アナログカラー

↓の記事で、Mikiさんのコメントにトイカメラの話が出たのですが、
実は私もトイカメラで撮った写真がどんなものか、よく分かってなかった…^^;

画質の粗さ、色調の不安定さがかえって味があるってことで
トイカメラは少し前に大流行しましたので、
HOLGAやLOMO(どちらもトイカメラのメーカー)はよく売ってるのを見かけました。

でもやっぱ、デジカメに慣れてしまうとフィルムカメラってどうも扱いづらいですよね。
ブログに載せるとなると、撮影→現像プリント→スキャンて手順が面倒この上ない。

そこでこの TOYCAMERA ANALOGCOLOR の出番でございますよ。
デジカメ写真を、簡単にアナログ写真風に出来ちゃうソフトです。
無料で使おうとすると写真に透かしが入ります。
(無料で使ってるので入ってます)

e0017161_1701382.jpg

e0017161_1703336.jpg
e0017161_1705897.jpg
e0017161_1711598.jpg

あーやっぱ全然違うねー。
いくつかのプリセットから効果を選んでもよし、
パラメータでエフェクトのかかり具合を調節してもよし。
ポラロイド風の枠は、付けても付けなくても。

チープな感じがちょっと可愛いです。
[PR]
by yurinippo | 2009-06-18 11:41 | diary

市川市動植物園

GWに何処にも連れてってやらないのはあんまりかわいそうなので、
車で30分ほどの市川市動植物園に行ってきました。

行ってみたら5月5日はこどもの日ということで子ども入園無料!ラッキー☆

こちら、動物の種類は少ないですが、
手作りの案内板といい、飼育員さんの親切さといい、芝生の広場といい、
なんともいえないほのぼの動物園なのです。
ご近所の人々に愛されていて
おそらく入園者のお弁当所持率No.1なのではないかとひそかに思っています。

もちろん子どもたちのお目当ては「なかよし広場」。
e0017161_11184591.jpg子どものひそかな特技は
ひよこを眠らせるワザ。
手のひらで包み込んで、
背中の骨をなでると眠っちゃう。


e0017161_111909.jpgモルモット大好き!

でも
時々あばれるので注意。
[PR]
by yurinippo | 2006-05-07 11:25 | diary

「デジカメのえほん」

ブログの写真、やっぱり上手に撮りたくて。

デジカメのえほん
早坂 優子 / 視覚デザイン研究所
ISBN : 4881081675


超ど素人用。すごく分かりやすいの。
さすが「えほん」。
それに3年前の本だけあって、デジカメもロースペックなのを
想定していて、うちにあるやつにちょうど良い!

写真上手な皆さんは、料理写真などで、
お料理だけにピントを合わせて後ろを上手にぼかしてらっしゃる。
普通にマクロモードにして接写するだけでは後ろにも
ある程度ピントが合っちゃうのをどうすればいいのかなーと。
そしたらやり方わかった!

それからアングルやフレーミングの違いですっごく印象変わったり、
露出とか難しそうだけど、たまには手動で調節してみようとか、
とにかく数たくさん写して練習してみようと思いました。
[PR]
by yurinippo | 2006-03-29 12:05 | book