おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

8月に読んだ本

もう8月終わりですか!早い、早すぎる!
夏らしいことなーんにもしてないのに。
そのかわり、本はいろいろ読みました。

yurinippoの本棚
2011年08月
アイテム数:11
バイバイ、ブラックバード
伊坂 幸太郎
読了日:08月06日
{book['rank']

きみのためのバラ (新潮文庫)
池澤 夏樹
読了日:08月06日
{book['rank']

わたくし率 イン 歯ー、または世界
川上 未映子
読了日:08月08日
{book['rank']

海街diary 4 (flowers コミックス)
吉田 秋生
読了日:08月12日
{book['rank']

パタゴニア/老いぼれグリンゴ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-8)
ブルース・チャトウィン,カルロス・フエンテス
読了日:08月20日
{book['rank']

漂砂のうたう
木内 昇
読了日:08月24日
{book['rank']

渡りの足跡
梨木 香歩
読了日:08月24日
{book['rank']

悪魔の辞典 (角川文庫)
アンブローズ ビアス,奥田 俊介,Ambrose Bierce
読了日:08月31日
{book['rank']

あんじゅう―三島屋変調百物語事続
宮部 みゆき
読了日:08月31日
{book['rank']

powered by ブクログ


けっこう前に図書館で予約していた本が届いて良かった。

伊坂さんは「新刊出れば買って読む」のポリシーがここのところ不履行でして
これも図書館で借りました。。
星野君や繭美や星野君の彼女たちのキャラがなんとも魅力的でした。

「きみのためのバラ」は連作短編集。
嫌なこと、辛いことがあったとき、
ちょっと旅をして人と出会うことがこんな風に救いになったら素敵だな。

「わたくし率 イン 歯ー、または世界」
先日の「乳と卵」ほどの驚きはなかったものの、
川上未映子さんの世界の見え方は何とも不思議。
不思議だけれども何となくわかる。
私、さいきん親知らずが痛むので歯医者さんに通ってるのですが
あの歯医者さんの椅子?治療台?に座るたびにこの本思い出しちゃって困ってるんです。

池澤編世界文学全集は2-8まで来ました。
この全集、ラテンアメリカの作家とか、ラテンアメリカを舞台にした物語が多いですね。
全然かまわない、というか、むしろこういう地の果て感がたまらないです。

「漂砂のうたう」は直木賞受賞作ですね。舞台は明治10年頃の根津遊郭で、
もちろん遊郭や時代の描写も素晴らしいのですが、
いま、ここのお話として読んでしまいました。
時代の激動と若者の閉塞感。
思うに、ここ100年くらいで激動でなかった時代はないし、
閉塞感にとらわれなかった若者もいないのでは?(わからないけど)

「あんじゅう」は「おそろし」の続編で、鉄板の面白さ。
お旱(ひでり)さまは僕僕先生「さびしい女神」の魃(ばつ)だよな、と思った。
旱魃の神様って日本でも中国でも女の子ってことになってるのですか?
ちょっと調べてみよう。

64/100
[PR]
by yurinippo | 2011-08-31 08:00 | book

プチトマトと灼熱

こんばんは〜
夏休みは皆さんいかがお過ごしでしょうか?
我が家は家族の休みが全く重ならず
(私など職場の節電対策で2週間も休みがあるというのに!)
どこにも出かけられず家でうだうだ。

うだうだといえば、うだるような暑さですね。
この日差し(&ヒマ)を利用するとなると、アレですね、天日干し。

e0017161_2065931.jpg


というわけで今年も作りました。
ドライトマトのオイル漬け。
去年も作ったんだけど、
煮込み料理とかパスタとかに大活躍してくれたのです。

プチトマトは両親の家庭菜園でものすごくたくさん採れて
困るくらいなので材料費はオリーブオイルと塩だけ。
オイルも料理に使えるので一石二鳥。

あとは茄子もたくさん採れるので、あれも干そう。
干しなすのオイル漬けも美味しいんだよね^^

More
[PR]
by yurinippo | 2011-08-16 20:30 | cooking

7月に読んだ本

こんにちは。
ここのところ、日差しがあまり強くならなくて過ごしやすいです。
でも大雨のところもあるようですね。
皆さんのところはご無事でしょうか。

さて、7月に読んだ本まとめです。

yurinippoさんの本棚
2011年07月
アイテム数:13
乳と卵
川上 未映子
読了日:07月06日
{book['rank']

BRUTUS (ブルータス) 2011年 6/1号 [雑誌]
マガジンハウス
読了日:07月07日

BRUTUS (ブルータス) 2011年 5/15号 [雑誌]
マガジンハウス
読了日:07月07日

スウェーデン式 アイデア・ブック
フレドリック・ヘレーン
読了日:07月10日
{book['rank']

緑の家 (新潮文庫)
マリオ バルガス・リョサ
読了日:07月12日
{book['rank']

幸福な食卓
瀬尾 まいこ
読了日:07月13日
{book['rank']

東京、音楽、ロックンロール
志村 正彦
読了日:07月28日
{book['rank']

チーズはどこへ消えた?
スペンサー ジョンソン
読了日:07月30日
{book['rank']

数学ガール/乱択アルゴリズム
結城 浩
読了日:07月30日
{book['rank']

powered by ブクログ



けっこう読んだように見えるけれど、
そのうち2冊は雑誌だし、
あとは新書が多いので冊数を稼いだ感がすごい出てますね…(笑)

先月から大苦戦してた「緑の家」をようやく読了。
砂漠の町で、あるいはアマゾンの密林で、時間をぴょんぴょん飛び越えて物語が進むので頭の中がこんがらがってきます。
終盤ようやくつながってきてなるほどーとなるのですが、もう一回最初から読み直す気力はもうないです…疲れた…でも面白かった。
バルガス=リョサはあと「チボの狂宴」がもうすぐ図書館で回ってくる予定。

それから、これまた積読だった「数学ガール 乱択アルゴリズム」もやっと読み終えました。
この本に出てくる数学ガールたち(ミルカさん、テトラちゃん、ユーリ、あと新キャラ・リサ)萌えはもう既にリアル数学ボーイたちによって語り尽くされてると思うのであえて私は「僕」萌えについて語るとか(笑)

ツイッターで「数学ガール」とツイートすると作者の結城浩さんがRTしてくれるのですが、私ったらそれを知らずに高校のときの恥ずかしいエピソードを数学ガールネタに絡めてツイートしてしまい、そしたら作者さんがRTしてくださり、そしたらさらにいろんな人にRTされたりふぁぼられたりしてびっくりしたことがありまして(ツイッターの怖さと面白さを初めて思い知った)。
そのときの反応で「数学を教えると彼女ができるのか!」とか「数学得意だけどモテたためしがない」などという数学ボーイがたくさんいることを知りました。

諸君、「僕」は数学できるからモテる訳じゃないんだよ!(なんだかエラそうだな…)

「僕」はちゃんと女の子一人一人の個性を見極めて、人として尊敬をこめて接しているし、教えてわからなくっても怒らないし、何より女の子のわがままや気まぐれを広い心で受け止める(…多少振り回されてもいるけれど)、懐の深ーい男の子なのです。それに「ミルカさんのが美人だけどテトラちゃんのが胸が大きい」などと間違っても言わないしな。(これ大事)
世の中の数学ボーイたちも、上記の点をふまえた上でクラスメートや後輩に数学おしえたげるといいと思う。

以上、数学にはちっとも触れない数学ガールの感想でした。とほほ…

54/100(雑誌は数えてません)
[PR]
by yurinippo | 2011-08-01 13:57 | book