おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

谷根千プチ散歩② ~飴細工体験

一つ手前の根津で降りて、
焼きたての根津のたいやき(激ウマ)かじりながら団子坂上へ。

こちらが(娘の)本題の
あめ細工体験。
いつかTVで見た飴細工がどうしてもやってみたかったらしい。

飴細工師のお兄さん(先生)はいとも簡単そうに作るのですが、
素人にはめちゃめちゃ難しいっぽいですよ…。
私も手伝うかな…と思いきや、ほとんど出番なしでした。
(口だけ出してた)

e0017161_17594160.jpg

うさぎを作ってます。
先生は丁寧に教えてくれるのですが、なかなか思い通りには出来ない様子。

飴はとても熱いので手袋2重にしてます。


e0017161_1834857.jpg

トレイには大量の、うさぎになりきれなかった練習用の飴たちが…なむなむ。


そして本番、なんとなくうさぎらしきものが。
e0017161_1872056.jpg

足とお尻がどうも「鶏肉」っぽい感じですか。

他に3人いた生徒さんはもっと大きいお姉さんたちだったので
苦戦しながらもすごく上手に作ってました~。


ちなみに先生のお手本はこちら。
e0017161_8255642.jpg

まるで違う生き物だ!(笑)
さすがの職人技です。


今回私は見てただけなのですが、
やっぱりちょっとやってみたかったかも~!
娘はとても満足した様子。大切に冷蔵庫にしまい込んでました。
もったいなくて食べられないんだな、きっと。

去年の運動会の代休はフルーツタルトとプリン。
今年は飴とたいやきですか…。(少し渋好みになった)
この子はどんだけ甘いものが好きなんだ!


今回お世話になったあめ細工吉原さんはこちら
[PR]
by yurinippo | 2009-09-26 18:08 | diary

谷根千プチ散歩① ~湯島天満宮と旧岩崎邸庭園

正確には、湯島は谷根千には入ってませんね…

連休明けの木曜日、下の子は運動会の代休だったので
恒例(?)の秋のプチ遠足に行ってまいりました。
去年の記事はこちら。
   →上の子と。 
   →下の子と

今年はお姉ちゃん受験生のため上の子バージョンは無しなのですが
下の子はずっと前から楽しみにしていたのです。

行けなかったお姉ちゃんのために、天神様にお参りしてきましたよ~。
e0017161_171941100.jpg

うちのお姉ちゃんがたくさん勉強して第一希望の高校に受かりますように…

そして、私の前から行きたかった旧岩崎邸へ~。

e0017161_17221931.jpg

さっすが三菱財閥創設者のお屋敷。
とにかく大きくて豪華!
あまり興味なさそうについてきた二女も「すごいー!」とビックリしてました。

ボランティアガイドのおじさんに
「あれ?学校は?」と
完全にインフルエンザ休校の疑いをかけられてます(笑)。

運動会の代休と知ると、壁紙の説明を小学生にも分かるように
丁寧にしてくださいました。
金唐革紙、知ってます知ってます!
こないだ青森銀行記念館で見てきたもの!

e0017161_17251069.jpg

二階ベランダ。

e0017161_1725322.jpg

柱の彫刻。

e0017161_1726238.jpg

刺しゅうの天井。

e0017161_17321147.jpg
ドアのステンドグラス。


で、次、ようやく下の子の本当に行きたかったところへ~。
(長いので次の記事になります)
[PR]
by yurinippo | 2009-09-26 17:39 | diary

シフォンケーキ

皆さんはどんな連休を過ごされたでしょうか?
わが家は夫がずっと仕事だったのでお出かけはナシでした…(T_T)
上の娘と高校説明会に行ったくらい。(大丈夫か、受験生!)

その代りキッチンとリビングを片付けてすっきり♪
貰いものの揃ってない食器は捨て、
ちょっともったいなくて使えなかったお気に入りの皿を普段使いにすることに。
これだけで食器棚、ずいぶん片付いたわ~。

さて、すっきりしたところで久々にシフォンケーキを焼きました。
いつも焼いてるシフォンケーキはみかさんのレシピで
それでも十分美味しく出来てるんですけど
今回は小嶋ルミさんレシピに挑戦してみました。

e0017161_1005279.jpg

ホイップクリームとブラックベリーソースを添えて。

生地を混ぜている段階でもうすでに
ふわふわでつややかで美しいのです!
焼き上がりはほんとに軽くて柔らかくてホワホワ~。


e0017161_1052784.jpg

柔らか過ぎたのか、型出しが失敗しちゃったのが残念でした。
しかも少しヘタっているしね。
十分冷ましたつもりだったんだけどなぁ。うーん。

でも味はとっても美味しかったです!
グラム単位の計量はやっぱりめんどくさいけど、
これだけ美味しく焼き上がるなら頑張ろうと思います。

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に

小嶋 ルミ / 文化出版局


[PR]
by yurinippo | 2009-09-24 10:08 | sweets

「ノア・ノア」

またもゴーギャンネタでごめんなさい。
(凝り始めるとそればっか、でもすぐ飽きるタイプ)

ノア・ノア―タヒチ紀行 (岩波文庫)

ポール・ゴーガン / 岩波書店


69/100

モーム「月と六ペンス」、バルガス=リョサ「楽園への道」、
そしてこの本人によるタヒチ滞在記「ノア・ノア」で
ゴーギャンに関する3冊はOKでしょう。

前の2冊を読んだ後でしたので
ゴーギャンの人生で最も幸福な時間が
この「ノア・ノア」(香しい、の意)に書かれている時期だってことが
よく分かりました。

陽光と美しい若妻。
そして植民地化されてもなお人々の心にある太古の神々。

ヨーロッパを捨て、でもタヒチ人にはなりきれないゴーギャンの視点は
南の島への憧れをもつ私たちのものと共通なのかも。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-24 09:51 | book

「聖☆おにいさん」

先日、知り合いの秘書さんの研究室の学生さんに、
実験用試料として我が家の一日分の食事を提出したのですが
そのお礼として図書券をいただきました~。わーい♪

で、早速その図書券を握りしめて本屋さんへGO!
こういうときだけ腰が軽いのね(笑)

何の本買おうかな~とうろうろ。
マンガコーナーで立ち読みしようと手に取ったこれ。

聖☆おにいさん 1 (モーニングKC)

中村 光 / 講談社


聖☆おにいさん (2) (モーニングKC)

中村 光 / 講談社


聖☆おにいさん 3 (モーニングKC)

中村 光 / 講談社



あーだめだこれ、立ち読みなのに声を出して笑ってしまう~~。
というわけで図書券はさっそくこれに化けました。。。

仏教とキリスト教の知識が少しあるとすごく楽しめますが
中学生の娘も時折ぷっと吹き出しながら読んでいたので無くても大丈夫なのでしょう。
なんかね、1巻<2巻<3巻の順で面白くなってきてるの。
4巻が楽しみだな~。もう出るかな。

ワタシ的には、2人がUFOキャッチャーで釣り上げたぬいぐるみに
「カンダタ」と名付けたのがツボでした~(『蜘蛛の糸』の)

この中村光さんとオノナツメさんの対談がこちらから読めます。
意外な共通点が!!(笑)
オノナツメさんも好きだから面白かったです。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-21 17:25 | book

いちじくのパテ

いちじくを買いました。

ジャムにしようかと思ってこの本借りてあったんですけど

ジャム食本 (AC MOOK)

福田 里香 / アスコム


いちじくジャムと同じページにある「いちじくのパテ」を作ることに!
ジャムの材料プラス粉寒天で出来ちゃうし
なんだか美味しそうなんだもの~~^^

この本、手順も簡単だし、なかなか思いつかないけど美味しそうな組み合わせで
なんだか良さそうですよ。
福田里香さんてお菓子へのアプローチの仕方がちょっと変わっていて大好きです。
マンガとか、美味しそうな音とかね~。

いちじくのパテも簡単にできました。
皮をむかないレシピ。そういう楽なところが私向きだわ~~
e0017161_1734658.jpg

甘くてプチプチ♪おいしー♪
ややのし梅に似た食感。

あ、でも、もうすこしいちじくゆっくり煮るべきだったのだね。
書いてあるより短い時間で煮詰まっちゃったのでちと皮が残ったよ…
私は全然気にしないけど(^^;)。

意外とたくさん出来たので
昨日焼いたカンパーニュに、クリームチーズと一緒に乗せてみました。
e0017161_173699.jpg

えーとね、私はこれ、別々に食べたほうが好きかも。(笑)
ジャムならとても美味しいと思うよ。次はジャムだな~。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-19 17:44 | sweets

山食と全粒粉ハムロール

夏休みの旅行記をようやく書き終えて、
怒涛のようにやってきた図書館の予約本も読み終えて、
まるで夏休みの宿題を最後の3日間で片づけて迎えた新学期のような清々しさ!
(3日で出来るなら最初の3日でやれ!)


本日から、おうちしごと日報、通常営業に戻ります!


と言っても、いつものパン焼いてるだけですけどね~。

山食。
e0017161_20101262.jpg

けっこう上手に焼けました。^^

全粒粉ハムロール。
e0017161_20104466.jpg


ついでにカンパーニュも。(ちょっと焦げちゃった…)
e0017161_20113058.jpg



涼しくなってきたので、お弁当も再開しました。
e0017161_20153830.jpg
e0017161_20171150.jpg

あーなんか変わり映えしないなー…

明日は下の娘の小学校最後の運動会。
良いお天気になりますように!できれば薄曇りで涼しいくらいがいいな~(笑)
[PR]
by yurinippo | 2009-09-18 17:01 | bread

「ネバーランド」

と聞くと、先日亡くなったビッグスターのお屋敷を思い浮かべてしまうのですがー。

ネバーランド

恩田 陸 / 集英社


68/100

分かりづらいタイトルの多い恩田陸作品の中で
このタイトルは分かりやすい方ですね。
ピーターパンが住んでいる、永遠の子供の楽園。

4人の男子高校生たちは、それぞれの家庭の事情で
冬休みに帰郷せず寮で過ごすことに。
それぞれに魅力的で、みなとても頭がよいのです。
頭がいいって、お勉強が出来るのはもちろんのこと、
生活のあらゆる場面に洞察力を発揮して、無駄な争いをしない子たちなのです。

でも、実はそれぞれに暗い秘密を隠し持っていて、
それがきっかけで最後には温かい友情が出来あがるの。

んー、若くて美しくて影のある頭のいい子同士の友情。
恩田陸さんお得意の設定です。

それぞれ生きにくい事情を抱えているにせよ、
この今、この場所だけはかけがえのない彼らのネバーランド、ってことなのね。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-18 15:33 | book

東北の旅 ~平泉編②毛越寺~

8月16日。
炎天下、毛越寺へ。

e0017161_1159168.jpg

↑本堂、横から。

平安時代に建立された巨大寺院ですが、
当時の建物はすべて焼失。
お庭と土台が残るのみです。
今ある建物はすべて、復元したものだそう。

浄土庭園。
境内には大きな池を中心に、平安時代の庭園が再現されています。
e0017161_12365528.jpg


とにかく暑い!日陰に逃げ込みます。
e0017161_12542374.jpg


e0017161_1252473.jpg


常行堂というこの建物が、1732年再建だそうなので一番古いのでないかな。
e0017161_1311612.jpg


素晴らしく大きな美しいお庭、しかも平安時代の完全な遺構ってことで
とても貴重なのだと思う。…でも
やっぱり、新しくピカピカにしてしまった感がすごくあるんですよね~。(笑)

建立当時の美しさを今見ることができる、って考え方もできなくないけど。

入口近くの茶店のお餅のセット、美味しかったです。
(暑くて写真撮るの忘れた)


このあと、帰途につきました。
そして地獄のような渋滞に9時間巻き込まれました。恐るべしETC千円!

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました~♪

東北の旅INDEX
[PR]
by yurinippo | 2009-09-16 13:09 | travel

「弥勒の月」「夜叉桜」「ぬばたま」

あさのあつこさん、3冊。

弥勒の月 (文芸)

あさの あつこ / 光文社


65/100

夜叉桜

あさの あつこ / 光文社


66/100

ぬばたま

あさの あつこ / 新潮社


67/100

こちらも(特に上の時代モノ2冊)Mikiさんのお薦め本~
すっごく気に入りました。
当初は「あさのさんも時代もの書くんだー」という興味だけだったのですが
どんどん引き込まれました。

飛び抜けた能力というのは、どうもあまり人を幸せにしないようで…。
頭の良すぎる同心・信二郎と、商才あふれる小間物屋店主・過去ありの清之介、
実は似たもの同士ゆえに引き合うと言うか反発すると言うか…
とても緊張感あふれる関係なのですね。

そこへ古株の岡っ引き・伊佐治のまっとうさが少し安心させてくれます。

この3人の絡みが最大の魅力ですね。
事件の謎解きも、ありきたりでもなく、奇をてらいすぎてもなく
ちょうど良い感じでした。

次回作への含みを残した終わり方なので、これはシリーズになるのかな~。


一番下の「ぬばたま」。こちらはホラーでした。
人知を超えた自然への畏れ、というとなんだか抽象的すぎるのですが
それが何らかの形を取って、山間の小さな村で生まれた人を山へと呼び寄せる。
4編からなる中短編集。どれも、山=死なのです。こわいです、山。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-15 18:12 | book