おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年の年末はこんなです

中身はともかく、まめな更新が身上だったはずなのに、
12月は人並みに忙しくしていたおかげでブログが滞りがちでした。

クリスマスの写真はないのですが、家族のうち7人が集まってご飯。
メインは母の作ったシチューと、私の作ったローストチキン。
ハンドミキサーが壊れていたので、ケーキは買ってきたチョコレートケーキでした。
子供達も大きくなってしまったので、今年からはサンタさんは来ません。
その代り、父母が何かひとつだけ、買ってあげることにしました。
上の子はCD、下の子はDSソフトでした。
少々さびしいけれど、これも成長のあかしですかね~。

そうそう、ハンドミキサーと言えば、
バーミックスのようなスティックタイプや、
キッチンエイドのみたいなスタンドタイプのものも検討しましたが
結局一番安い、泡立て機能だけのやつを昨日買いました。
(わたしへのクリスマスプレゼントってことで)

一番欲しいなーと思っていたのは、
あっこに教えてもらったブラウンのマルチミックスだったのだけど、
今は生産中止になっていて、ブラウンのだとスティックタイプのしか売ってないのよねー。
残念。

でもまあ、泡立て機能さえあればケーキが焼けるし、
私にはそれだけで十分かも。
ポタージュはまた今度…(笑)

25日には間に合わなかったけどなんとか年賀状も投函し、
窓ふき&換気扇掃除という、大掃除の2大鬼門(うちだけかしら…?)も
パパと子供を総動員してクリア。

ついでに来年4月以降なくなっちゃう今の職場の、
次の勤め先の面接をしてもらい、そちらも採用が決まって一安心。
これでようやく安心してお正月が迎えられます。


そのうえ、今日、ブログのお友達のcoroさんから
娘たちに素敵なプレゼントが!!

e0017161_16145942.jpg

キャラクター雑貨がざっくざく~~~
子供たち大喜び!!
coroさんホントにありがとう♪
これこそサンタさんですな~。わーいわーい。
子供たちはさっそく使い始めてますよ~。

~*~*~*~*~*~


今年も皆さんのおかげで楽しい1年になりました。ありがとうございます。
来年も、一緒に楽しい1年にしましょうね!

それでは良いお年をお迎えください~~(^_^)/
[PR]
by yurinippo | 2008-12-29 16:31 | diary

モッフル

先日行った神楽坂茶寮で、
下の娘が隣のテーブルのモッフルをやたらと羨ましがっていたので
(その時はあまり時間がなかったし夜遅かったから我慢させちゃった)
家でやってみました。モッフル、甘いバージョン。

チョコ!

e0017161_9433158.jpg


キャラメル!

e0017161_9443925.jpg


おやつなのに、めちゃめちゃお腹いっぱいになってしまいます。

神楽坂茶寮のは、お餅の間にも何か挟まってたみたいだったのだけど
他人の食べてるのあまりじろじろ見られないので…(笑)
ホントはどうなっていたのかな??

抹茶アイスとかきなこアイスがあればよりそれらしくなったかも~~。

でもワタクシ個人の意見としては

お醤油たらしただけのが美味しいような(笑)
[PR]
by yurinippo | 2008-12-23 09:51 | sweets

本日発送分

全員プレゼントの発送、
本日は3番目に応募いただいたcoroさんと、
4番目のあっこの分を発送しました。
e0017161_18322070.jpg

coroさんにはこちら↑
先日やぎこさんにお送りしたブックカバーが思った以上に可愛くできたので
両面プリントの布を反対に使って、窓から見えるのをギンガム、裏地をドットにしてみました。
それから、coroさんはお菓子の記事を気に入ってくださったそうなので
甘いものも少し入れておきました~。


e0017161_18472719.jpg

あっこには、リネンに麻ひもとボタンのシンプルなブックカバー。
あっこも最近パンを焼くそうなので、ジャムを入れときました。


ちょっと遠くなので、無事に着くかちょっと心配…
気に入ってくれるといいなぁ。


そして、お知らせ。

大変申し訳ありません。<(_ _)>
けっこう頑張ったのですが、年内に発送できるのはここまでとなります。

tomton-cafeさん、lazyMikiさん、popotanさん、Masumiさん。
発送が年明けになってしまいますが、もうしばらくお待ちいただけますか。

年賀状は出しますね。よろしくお願いします。
[PR]
by yurinippo | 2008-12-22 18:54 | diary

最近読んだ本

本ネタをまた溜めてしまった…

狐笛のかなた (新潮文庫)

上橋 菜穂子 / 新潮社



キツネって言っただけで目がウルウルしてきちゃうのはあれですね、
「ごんぎつね」とか「てぶくろをかいに」とか「きつねのまど」とか「土神と狐」とか
キツネの出てくるお話はどうも、悲しかったり切なかったりするのが多いんですよ…

あ、でも、イソップ寓話に出てくるキツネはずるくてちょっとコミカルかも。

日本のキツネは情が深いんですかね。
最初の30ページくらいでもうすでにウルウルきちゃってました。(条件反射…笑)

と、ちょっと話はそれましたが、
「守り人」シリーズの上橋菜穂子さんだけあって、少年(狐だけど)少女が
大人の権謀術数に巻き込まれてもなお、その純粋さを失わないところがいいですね~。

102/100

いのちのパレード

恩田 陸 / 実業之日本社



恩田陸さんて、どんだけ抽斗の多い人なんだ…
一つ一つのお話も、ちょっぴり怖くて不思議な感じが素敵だけれど
これだけバラエティに富んだ物語を次から次へと繰り出してくる
その底なしの想像力ははっきり言って恐ろしいかも。

長編も短編も読ませる(中にははずれもあるけれど)作家さんは貴重ですね。
私はこの中では、岩が生えてくる村の話と、線路を走り続ける帝国の話が好きでした。

103/100


ランナー

あさの あつこ / 幻冬舎



陸上部の長距離走者の男子高校生のお話。
体育が苦手で、その中でも長距離走が一番嫌いだった私なのですが
走るところの描写がとにかく素敵で、私もその走る快楽をちょっと知ってみたい
などとつい思ってしまう。

でも隠れた主役はお母さんですかね。
お母さんの痛みが本当に胸に突き刺さってきます。
高校生の息子は本当に大人で、傷ついても苦しんでも強いなぁと思います。
大人よりも、息子の友人たちのほうがよほど分かってる。
わたしゃ、高校生の頃こんなにものを考えてなかったよ…。

104/100
[PR]
by yurinippo | 2008-12-18 10:36 | book

ゆっくり発酵バゲット

焼くたびにバゲットの写真載せるのも飽きるので
ここ最近は焼いていてもblogにアップしてなかったのですが
新しい本を買ったので、バゲット熱が再燃しております。
「またバゲットか…」と思われることは承知の上です。(苦笑)

ゆっくり発酵 バゲット&リュスティック (少しのイーストでつくるパン3)

高橋 雅子 / PARCO出版



今まで焼いていたバゲットも、高橋雅子さんの「少しのイーストで…」の最初の本の
「バゲット・ポーリッシュ」で、それも美味しく焼けるのですが
今回この本の「上級のバゲット」(←いきなり上級ってのも身の程知らずですが)
を焼いたところ、その美味しさにびっくり!!
(時間がすごくかかるのにもびっくり…)

e0017161_16141599.jpg


上級のバゲットは、生地の水分が多くて扱いづらく、クープも入りにくいし
かなり手ごわい感じですが、丁寧な解説の通りに作っていくと、
形はともかく、なんとかバゲットらしきものが焼けました。

e0017161_1617322.jpg


この気泡!
キラキラと光ってますよ~~。(涙)

皮はバリっと、中身はもちもちでしっとりと柔らかく出来ました。

見た目が相変わらず課題ですが、これだけ美味しく焼ければ満足です。
次回は多めに準強力粉を頼まなくっちゃ♪
[PR]
by yurinippo | 2008-12-17 16:22 | bread

東京ドームシティのイルミネーション

下の娘とのデートのつづき。

お迎えがあるので九段下からあまり離れてないところ、
子連れでも楽しめるところ、
で思い出したのが昔の後楽園遊園地。(古っ!)
東京ドーム・アトラクションズですか。

今頃はイルミネーションがすごいのねーここ。



e0017161_132990.jpg
e0017161_132278.jpg

e0017161_1324980.jpg
ちょっとずつ、色が変わったりします。
すごい綺麗なんだけど、写真で表現できてないのが残念でなりません。

そんな残念な写真ですが、よかったら見てやってください…

e0017161_135168.jpg

e0017161_1354395.jpg

時間が余って仕方がないので、ガイドツアーに申し込んでしまいました。
そしたら、お客さんは私たち二人のみ。^^;
ガイドのお姉さんを独り占め(二人占め、か)した上に、
コースにはない所に連れて行ってもらったり、お土産を多めに貰ったりと至れり尽くせり。
e0017161_1362355.jpg


東京ドームに隣接する、文京シビックホールの展望台にも登ってみましたが、
東京タワーとかのほうは無料の展望台からは反対側になって見えないのね。レストランのほうからでないと…
太っ腹なのか商売上手なのかよく分からない…
e0017161_137584.jpg


でも無料で、人が少なくって、きれいな夜景を見られるのでけっこうおススメです、文京区役所。

もっとイルミネーションがみたい方はこちら。
[PR]
by yurinippo | 2008-12-14 01:55 | diary

カフェ・クレープリー ル ブルターニュ

最近、デートと言ったらもっぱら娘とです。(笑)

前から神楽坂ってちょっと行ってみたかったのです。
子供を連れていくのに適した町ではなさそうだけれど、早めの軽い夕ごはんに。

神楽坂の路地をちょっと入ったところにある、、
カフェ・クレープリー ル ブルターニュさんは
そば粉のクレープ「ガレット」のお店です。

e0017161_0572739.jpg

名前は忘れましたが、目玉焼きとハムとグリュイエールチーズと、ほうれん草のガレット。

e0017161_0591185.jpg

これまた名前を忘れましたが、洋ナシとチョコレートとバニラアイスのデザートクレープ。

軽い夕ごはんと申しましたが、
私と5年生の娘で食事ガレットとデザートクレープを一つずつ頼んで、
十分なボリュームでした。美味しかったし。
お客さんがたくさん入っていて賑やかで、楽しい感じのお店でした。
ここはまた行きたいです。

More
[PR]
by yurinippo | 2008-12-14 01:25 | sweets

「ポーの話」

中学生の娘は毎日先生の手書きの「学級通信」を貰ってくるのですが
生徒のコメントも、毎日何人分か載っています。
聞かなきゃなかなか話してくれない学校での出来事が垣間見えて
とっても面白いです。
毎日、っていうのは先生も大変でしょうねぇ。ほんと頭が下がります。

その学級通信のコメントで、「ポーの話」を大絶賛していた子がいたので
読もう読もうと思っていたのですが文庫になっていたので買ってみました。


ポーの話 (新潮文庫)

いしい しんじ / 新潮社



「麦ふみクーツェ」「ぶらんこ乗り」「トリツカレ男」など
童話のようだけどちょっとほろ苦い素敵なお話を書くいしいしんじさんなのです。

川に住むうなぎ女たちの息子として生を受けたポーが
泥に流され広い世界へと旅立ちます。

善も悪も、生も死も、美しいものも醜いものも、
金持ちも貧乏人も、すべて飲み込んで世界は流れます。
はじまりも終わりもなく世界は繰り返します。

うなぎ女たちの母性愛にちょっとほろっと来ましたけど
犬爺が好きな人もいれば天気売りが好きな人もいるだろうし
(あと海辺の町の技師も好きだな)
ポーの話はあらゆるものを飲み込んだ世界の話なので共感するところ多数。

「麦ふみクーツェ」と並ぶ傑作だと思いました。

101/100
[PR]
by yurinippo | 2008-12-11 14:27 | book

忘れてないのです。作っているのです。

ずいぶん時間がたっておりますが(汗)全員プレゼントの途中経過。

今日までに出来たのは、最初に応募してくれたayakoさんと、
2番目に応募してくれたやぎこさんにお送りする分。


まずはayakoさん用。
e0017161_1721138.jpg

この巾着の中に、エコバッグが入っとります。
(ayakoさんには文庫本カバーをお送りしたことがあるので、
今回は違うものにしました~。)


やぎこさん用にはこちら。
e0017161_173314.jpg

ジャムの記事書いたとき、スタイリングに使った布を気に入ってくださったので
その布を使いました。


このほかに、それぞれ何かもう一つくらいつけて…。

今週中には発送したいと思います。待っててね~。
[PR]
by yurinippo | 2008-12-08 17:10 | diary

豚角煮、花巻サンド

寒いよ~
昼間は暖かかったけどもう寒い。
寒いの苦手なyurinippoですこんばんは。

先日、こんなの作ってみました。
花巻と豚角煮。

e0017161_17133817.jpg


花巻が花巻の形になっていないのは見なかったことに…(笑)
作ってるうちにちょっとやり方分かったので、
次回からはもうちょっと上手にできる予定です。(ホントかな)

花巻に横に切れ目を入れ、
角煮と水菜をはさんで食べるととびきり美味しいです♪

寒い冬には蒸し器を使うと部屋があっという間に暖かくなりますよね。
あと煮込み料理も。

美味しかったので冬の間に何度かやることでしょう。


先日通りかかったスーパーのバーゲンブックコーナーで見つけた1冊。

となりの国のスープとごはん (レタスクラブMOOK)

ウー ウェン / 角川・エス・エス・コミュニケーションズ


これ見て作りました。

前にcoroさんにウー・ウェンさんの事教えてもらって、
ずっと気になってたんだけど、とうとう本買っちゃった。

どれも作りやすくておいしいです。
手に入りやすい材料をつかって、ほんの少しの手間を加えると
ちゃんと本格的にできるの。

共著者の李映林さんはコウケンテツさんのお母様ですよね。
李さんレシピのほうは根菜のチャプチェとわかめのスープを作ったのですが
これまた美味しかった~。

我が家のご飯は和食が多いんですけど
(っていうといつも『意外~』とか言われるんですけど…笑)
となりの国の中国や韓国のお料理はご飯に合うので
和食の献立に1品加えても違和感ないですよね~。
この本は重宝しそうです♪
[PR]
by yurinippo | 2008-12-03 17:30 | cooking