おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

遅ればせながらクリスマス

我が家のクリスマスは都合により昨日だったので、
今さらですが食卓の様子をアップしとこうと思います。

e0017161_17355358.jpg


クリスマスをおあずけ状態で過ごしたため
柄にもなく張り切ってみたんですけど、写真に撮るとこんなもんですね。

カンパーニュは中種法で作りました。
思えば中種法は初めてだったかも~~。

丸鶏のローストチキンは毎年やっていて、
味付けもいろんなレシピで試行錯誤を繰り返していたのですが、今年は塩コショウのみ。
でも美味しかったし、みんな喜んでくれたのでよかったです。

下の娘は、スープに入ってたクリスマスツリーと靴下の形のマカロニに喜んでた…。
まだまだ子供だなぁ。(笑)

ケーキは、初めてブッシュ・ド・ノエルに挑戦してみました。
e0017161_1739489.jpg

見よう見まね、どころか、あまりよく見たことさえないもので…(汗)
これで合ってますか??
メレンゲのキノコも、ちゃんと自作したのですよ。
我ながら気合が入っているなぁと。仕上がりはともかくとして。(笑)

さてと、クリスマスツリーを片付けて、次はお正月の準備ですね!
主婦は忙しい~~。
[PR]
by yurinippo | 2007-12-27 17:49 | cooking

クリスマスプレゼント

でも自分でトイザらスに行って買ってきたんだけどさ。
ちょうど1,000円クーポン持ってたし。

レイトン教授と悪魔の箱(特典無し)
/ レベルファイブ
ISBN : B000WQKBE2

出たら買おう、と思ってたはずなのにずいぶん買うのが遅くなっちゃった。
前作「不思議な町」は大泉洋の声に釣られて買った面が確かにあるけれど(笑)
これ、ちょっとした空き時間にちょこっと謎解きが出来て好きなのよ。
謎の難易度もちょうどいい感じで。
こういうのって、簡単すぎてもつまらないし、難しすぎてもいらいらするしね。

ダウンロードする謎のほうは、もうすこし手ごわいみたいです。
(4問中2問しかまだ出来てない…)

ストーリーにはさまるムービーも、ほのぼのタッチの絵ですごい好きだし。
前作では台詞は字で出てくるのが多かったけど、今回はだいぶしゃべっているし。

まだ1/3にも到達していないと思うんですが、
この調子でやってたら年内に終わっちゃってかなり寂しいんでは…と思いまして、

↓もう一つ買ってある。用意周到でしょ。(威張るな!)

ファイナルファンタジーIV
/ スクウェア・エニックス
ISBN : B000QHRDZC

実はドラクエⅣとかなり迷ったんだけど、迷っているうちに
今年のお正月も、FF3にほとんどの時間を費やしていた記憶がよみがえってきて。(笑)
「お正月っていえば、ファイナルファンタジーでしょ。」と
何の根拠もないんだけれどもー。(笑)

こちら、ただいま上の娘に取られてしまってまだ触ってもいないのよ。
早く返せ~~~。
でもその前に、大掃除と年賀状を終わらせなくては…。

(↑毎年同じ事言って、全く進歩のあとが見られません。)
[PR]
by yurinippo | 2007-12-25 14:33 | game

メリクリ!

クリスマスイブだと言うのに夫は出張でいない私です、こんばんは。
ご馳走もクリスマスケーキも、あさってに延期です。

そんなテンション下がり気味のイブを過ごしそうになっていたところ

「ピンポーン」と郵便屋さんが!

あーーー!!
楽しみにしていたあれが来た!!!

(楽しみにしていたあれです↓)
e0017161_20141264.jpg

すごいでしょ?かわいいでしょ?これ欲しかったんです。可愛いまち針。
popotanさんがまだ試作中だったときからずっと。
もったいなくて縫い物には使えないな。(笑)

e0017161_2026865.jpgしかもこれだけじゃないんだぜ。フフっ。

クリスマスプレゼントまでいただいちゃったのだ。
鍋つかみとか、
マフラーとか。

なんて可愛いの♪

これで暖かいクリスマスが過ごせそうです。(涙)
popotanさん、ありがとうございました~~~~♪
[PR]
by yurinippo | 2007-12-24 20:41 | diary

「ゴールデンスランバー」やっと読了

続きが早く読みたくて仕方がないのと
もったいなくて読み終わりたくないのと、
の間で板ばさみになって非常に苦しい日々でした。(笑)
だいたいこのくらいの厚さの本だと3~4時間くらいで読み終わっちゃうのですが
ゆっくりゆっくり、丸々3週間かけて読みました。

ゴールデンスランバー
伊坂 幸太郎 / / 新潮社


「伊坂幸太郎、現時点での集大成」という謳い文句に偽りなし!
マスコミとか陰謀とか、そのあたりは「魔王」からかなぁって気がするし
学生時代からの友情は「砂漠」とか?
毅然としたお父さんは「重力ピエロ」って感じか。
時間軸の使い方は「ラッシュライフ」を彷彿とさせ。(もうちょっとシンプルですが)
もうね、とにかく集大成。(笑)

非常に暴力的かつ深刻な状況を、
ふらふらになりながらも必死に逃げ続ける主人公。
八方塞りなんだけど、どこか軽やかな味があるのがさすが伊坂さんて感じで。

まだ伊坂幸太郎読んだことない人は、ぜひこの本から読んで欲しいです。

今度こそ、直木賞とると思うよ。
とらなかったらもうこの先、私、
直木賞受賞作は読まないから。(←ってのはウソですが…笑)

112/100
[PR]
by yurinippo | 2007-12-23 18:02 | book

「鉄コン筋クリート」

娘が見たいっつーので借りてきたんだけど…
子供に見せるにはどうかと思うシーンもけっこう多く
アメリカではR指定だったみたいだしね…。
でも見ちゃったけどーー。(笑)

鉄コン筋クリート (通常版)
/ アニプレックス
ISBN : B000OCZAVI

分かるんだけど、分からない。
汚いんだけど、綺麗。
痛くて苦しいんだけど、爽快。

町の描写はすごく精密だし、
カメラワーク(アニメでもカメラワークっていうの?)もすごい。
色彩があふれているのに統一感もある。

ただストーリーや世界観が、どうにも理解も説明も難しいのね。
原作読むとまた理解も変わって来るんだろうけれど。
きっとこれは感性で見る映画なんだと思う。
中高生くらいの若い感性でね。

どいつもこいつも、南の海のシーンで終わりやがって…(意味不明)
[PR]
by yurinippo | 2007-12-23 11:11 | movie

デメルのアンナトルテ

昨日は職場の方に赤ちゃん生まれるため退職されるので
お昼休みを利用して持ち寄りパーティーをしたのです。
たまーにこういうことしますけれども、今回総勢17人とけっこうな規模に。

e0017161_15471577.jpg

e0017161_15503972.jpgデザートはDEMELのアンナトルテでございます。
(デザートから行くかい…?)

チョコレートとヘーゼルナッツの、濃厚な舌触り。
ほのかに香るリキュールは…なんだろう?ちょっと柑橘系っぽいような…。
カットも美しい~~。
私的には、今回このデザートが一番楽しみだったのです。
いつも美味しいお菓子を用意してくれるシロガネーゼのOお姉さまは、しかも天下のDEMELにおまけまで付けさせる大物なのだ!(詳細は内緒♪)

今回は主役が妊婦さんということで、ヘルシーな和食の献立に。
私の担当は煮物だったのですが…ちょっと隠しておこう…

e0017161_15483766.jpg

皆さんそれぞれ美味しいお料理を作ってくれて、にぎやかな送別会になってよかったです。
あんまりしんみりしちゃうと…寂しいですもんねぇ。
何かにかこつけて、またパーティしたいな。(笑)
[PR]
by yurinippo | 2007-12-22 13:49 | sweets

最近のパン焼き

と言ってもほとんどポーリッシュ法のフランスパンなんですけど。

美味しいからご飯を炊くのと同じように何度も焼くし、
それはそれで楽しいし、うまく焼ければ嬉しいんだけど
ブログ的には同じような映像だからつまんないのよねー。

e0017161_17382583.jpg


↑これ、けっこう上手くいったと自画自賛。
でも、何が成功と失敗の分かれ目なのかが未だによく分かんない。(笑)

次、これ。
e0017161_17413512.jpg

こっちのほうがクープ開いてる感じですね~。成功成功。

中身はこんな風デス。
e0017161_17423329.jpg

気泡、もう少しだなぁ。もっと大きく、たくさん入って欲しい。

e0017161_17445444.jpgその次焼いたのがこれ←
発酵にすごく時間がかかるので、朝始めると夕方にならないと焼きあがらない。
写真が上手く取れないよう。
この日はちょっと成形発酵が長すぎていまいちな出来に…失敗原因を特定できるようになったのが進歩と言えば進歩か。


e0017161_17475883.jpgフランスパンばかりでも飽きるので、
ブリオッシュとロールパンを久しぶりに焼いたところ~。
たまにふわふわパン焼くと、子供がすごく喜びます。

e0017161_17491566.jpgホントに写真が…。
すみませんです。

e0017161_1751980.jpgそしてこれが今日焼いた、シャンピニオン…。
ダメだ、リベンジ決定です。むずかちーー。


つまんない(笑)パン写真の羅列、ごめんなさい。
[PR]
by yurinippo | 2007-12-19 17:57 | bread

「テースト・オブ・苦虫1、2」

人生は苦い、苦すぎる。

そしてその苦味を不必要なほど味わう、この本。

でも、人の苦味は蜜の味。(笑)ちょっと違うか。
大人になると苦いのが美味しくなってくるのよねー。
コーヒーとか、ゴーヤーとか。←字面が似てるね、関係ないけど。

テースト・オブ・苦虫〈1〉
町田 康 / / 中央公論新社
ISBN : 4120033341

テースト・オブ・苦虫〈2〉
町田 康 / / 中央公論新社
ISBN : 4120037290


広く世間にオススメするという本ではありませんが
町田康ファン(…周りを見回してみると私しかいない…)にはつよくオススメ。
5、まで出ているらしいので、図書館にリクエスト入れようと思います。

110,111/100
[PR]
by yurinippo | 2007-12-19 17:40 | book

「村田エフェンディ滞土録」

ずいぶん前にayakoさんにいただいて読んでいたのに
感想を書いていなかったことに今気づきました…。
もう一回読む。そして感想を書く。

村田エフェンディ滞土録 (角川文庫 な 48-1)
梨木 香歩 / / 角川書店
ISBN : 4043853017

東西文明のぶつかり合う地、トルコ(土耳古)へ
100年と少し前、一人の日本人が考古学研究のために留学した。

同じ下宿に暮らす、民族も宗教も異なる青年たち、下宿の女主人、奴隷、鸚鵡…
文化は違えどもお互いを尊敬しあう関係は、以前に読んだ
「春になったら苺を摘みに」の中の
「理解は出来ないが受け入れる」と言う言葉をそのまま小説にしたようでもあります。

また、私のお気に入りの一冊「家守綺譚」と一部つながっていて、
しかも不思議なことを恐れすぎず信じすぎず、
あるがままに受け入れていく村田と綿貫は確かに共通点が多いです。

時代に翻弄され、戦争に駆り出される友人たち。
ラストでは涙があふれました。。。

100年前のトルコという、時間も場所も遠くはなれたところが舞台なのに
まさにこれは、現代に生きる私たちのお話です。


余談ですが、日本に帰ってきてからの村田の処遇、というか
大学内での立場…これそのまま今の大学のことみたい。
研究の内容よりも政治力のあるほうが出世し
若い頭脳が研究に十分に実力を発揮できずに雑用で疲れ果ててしまう。
大学と言う組織がいかに旧態依然なものか…
なんだか深く村田に同情しました。

109/100
[PR]
by yurinippo | 2007-12-17 13:57 | book

バゲットサンド

しばらくパンの記事を載せてなかったですが、
同じのばかり焼いてるものでネタにならなくて…。

それはバゲット・ポーリッシュ。
粉:水が1:1のポーリッシュ種(水種)を先に仕込んでおく方法ですが
イーストで焼くフランスパンの中では一番美味しくできるような気がしてます。

朝ごはんはバゲットサンド♪
e0017161_148054.jpg

カリカリベーコン&スクランブルエッグ、アボカド&シュリンプ。
アボカド&シュリンプはどっかで見たののまねっこ。
初挑戦だったけどなかなか美味しかったです。
サンドイッチの具も、もっといろいろ工夫してみたいなぁ。

美味しいサンドイッチの具、ご存知でしたら教えてください~。
[PR]
by yurinippo | 2007-12-14 14:18 | bread