おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

カテゴリ:travel( 79 )

慈照寺(銀閣寺)

よーじやカフェを出ると、だんだんと人通りが多くなってきました。
参道なんてもう、修学旅行生の列でいっぱい。
さすが銀閣寺でございます。

ここは拝観券がお札なので、パンフに挟んで少していねいにバッグに入れました。
家に帰ってどこに貼ろうかな。

↓銀沙灘(手前の砂のお庭)から向月台(奥のお椀を伏せたような山の形)。
e0017161_18194889.jpg

いやぁ、いいお天気過ぎて照り返しがきついです。
特別公開(別料金)を払わなくても、実は中が良く見えます。
蕪村作の襖絵「棕櫚に叭叭鳥図」なんてそれはよく見えました。
ただ、さすがに弄清亭の襖絵までは、お庭からは見えませんでした。(笑)

見てください、この夏と見紛うばかりの照り返し!(建物は国宝・東求堂)
正午近かったので、このときが一番暑かった。
e0017161_18201699.jpg

裏山に上ると、人も少なくて少し涼しいです。水も流れててほっとします。
裏山から銀閣をパチリ。(下は大混雑で建物に近づけなさそうなので)
しまった!てっぺんの鳳凰が少し切れた!
e0017161_18204249.jpg


裏山からは遠くまで見渡せます。
次に行く吉田山はあの辺だなー、近く見えるけど、歩くと結構ありそう。
などと思いながら下界へ戻ります…。

→京都2007秋INDEX
[PR]
by yurinippo | 2007-11-21 17:25 | travel

哲学の道、よーじやカフェ

南禅寺を出て銀閣寺方面へ哲学の道を歩き始めてから、
「南禅寺で方丈見てなくない?」と気がついたのだけど
いまさら戻るのも億劫でずんずん歩いていきます。
(今にして思うと、やっぱり見ておけば良かった!という気持ちと
今度また来る口実が出来た♪という気持ちと。)
e0017161_228247.jpg

うららかな小春日和。
疎水の流れの中に魚を発見して眺めていると
なんだか眠くなってきて哲学どころではありません。
まだ午前中だというのに。(笑)

でも、ぼやぼやしてると置いていかれてしまうし。
e0017161_2281734.jpg

少し歩き疲れたなぁ、一休みしたいなぁ、と思い始めた頃の
絶妙~な位置にある「よーじやカフェ銀閣寺店」さん。
もちろん入ります。

夫は「アイス抹茶カプチーノ」↓
どこから飲めばいいのか迷って少し考えた後、
ストローでぐるぐるかき回して顔を消してから飲んでいました。
(そしたら『抹茶ミルク』で良かったじゃん!)と心の中でつっこんでおきました。
e0017161_2284060.jpg

後に「この顔よく見るねぇ。」と申しておりました。

わたしは「もなかセット」↓
e0017161_2285798.jpg

もなかがさくさくで美味しかったです。

お庭に面した日当たり抜群のお座敷。
のーんびりとくつろぎ過ぎてしまって、また歩き出すのが少し苦痛。
もうこのままここでお昼寝したい。←旅先でも怠け癖が出るのか!?(笑)
でもがんばって、眠い目をこすりながら銀閣寺めざしてもう少し歩きます!

《続く》

→京都2007秋INDEX
[PR]
by yurinippo | 2007-11-19 14:24 | travel

南禅寺その2 (南禅院、三門)

水路閣をくぐって石段を登ったところが南禅院。
「秋の特別公開」ということで、拝観料は少々高いのですが中が見られます。
(でも撮影禁止…)
亀山法皇御坐像(重文)の前にぶら下がっていた「瑠璃燈」に目が釘付け。
いうなればガラスビーズのランプシェードなのですが、
そこだけキラキラとカラフルでちょっと他と違う雰囲気。(でも撮影禁止…残念)

南禅院のお庭は、池をぐるりと廻る「池泉回遊式庭園」。
ここでも紅葉はまだでした。
e0017161_22374053.jpg

e0017161_2238131.jpg

少し汗ばむくらいの陽気だったので余計に
水の流れる景色に心が安らぎます。

枯山水のお庭も凛とした雰囲気があってよいのですが、
あれは天界から世界を見下ろす視点、て感じがするのです。
石や築山を山や大地に見立て、砂を大海に見立てて。抽象画っぽいというか。

それに対して池泉式は、写実的な風景画。
自然をそのまま持ってきたみたいな感じ。虫の視点でみる世界。
こっちのがちょっと好きみたい。
e0017161_22382910.jpg

本当に素敵なお庭でした…。


南禅寺の正面の三門にも登ってみました。
e0017161_22385151.jpg

すごい!市街まで見渡せます。
「絶景かな!」(って、歌舞伎で石川五右衛門が言うんだって。)
e0017161_22392018.jpg

三門の正面で記念撮影。何故に仁王立ち?(笑)

《続く》

→京都2007秋INDEX
[PR]
by yurinippo | 2007-11-18 18:02 | travel

南禅寺その1(インクライン、水路閣)


高台寺 (夜間特別拝観)の記事より続く。



早起きしたかったのは、イノダコーヒ本店へ行きたかったからです。
いつも混むけど、朝なら比較的空いてるそうなので。

でもちょっと寝坊しちゃった。
9時に行ったのですが、ほとんど待たずに入れたんで結果オーライ。
夫は「ウインナーセット」、私は「京の朝食」を頼んでゆっくり朝ごはん。
有名な「アラビアの真珠」がとーってもいい香りでした。
ミルクとお砂糖を最初から入れるのがイノダ式、らしいのですが
夫は「ミルクは入れないで下さい!」と主張してました。なんか無粋。(笑)

まわりの常連さんにつられて、ついついゆっくりしてしまったので
ここからはすこし早足で地下鉄に乗り、南禅寺へ。

蹴上駅から南禅寺へ行く途中のインクラインは
春には桜の名所だそうですが、今はホントに静かなもの。
子供たちの電車ごっこに最適です。
e0017161_1747221.jpg


人の流れについていったら、水路閣にたどり着きました。
カメラを構える人や、写生をする人がたくさん。
レンガのアーチという洋風建築がお寺の境内にしっくりなじんでいるのは
100年を超える歴史のせいでしょうか?
いまだ現役、って言うのもエライ!
e0017161_17491297.jpg


登って上から見てみました。夫と私、ほぼ同時にひとこと。
「思ったのと反対に流れてる…」
そうだよね、自然に流れないところに水を引くから「疎水」なんだもんね。(笑)
e0017161_17494822.jpg
「釣り禁止」と看板がありましたが、釣り以外に禁止することないのかしらー。
「水泳禁止」とか。

水路閣、気に入ったので写真たくさん。
e0017161_17502387.jpg
e0017161_17505358.jpg


《続く》

→京都2007秋INDEX
[PR]
by yurinippo | 2007-11-16 13:46 | travel

高台寺 (夜間特別拝観)


「豆腐料理屋さん」の記事より続く。



石塀小路から高台寺前の「ねねの道」に出てきた私たちは
人力車の客引きのお兄さんに呼び止められました。

「どちらへ行かはるんですか?人力車いかがですか?」
すぐ近くまでなので不要、と断ろうと思って
「清水さんのライトアップへ」というと
「あ、清水さんはまだですよー。15日からですよ。」

な、なぬ??
えーんてっきりもうやってると思ったよぅ。(←ものすごいリサーチ不足)

「高台寺なら今もうやってますよ。」
のひと言で、「じゃ、高台寺!」あっさり行き先変更~。
「見終わったら人力車よろしくお願いしますー。」の声に見送られつつ石段登ります。


…前置き長くなりましたが。

高台寺のライトアップ、良かったです。
全体的にかわいらしくてロマンチック。
「遺芳庵」という茶席なんてお人形の家みたいだし、
書院ではねね愛用の火鉢、とかだれそれの食器なんて展示してましたけど
蒔絵の細工がきれいで、まるでお雛様のお道具みたいでした。

平日のせいか、ここまでほとんどカップルって見かけなかったのですが
ここにはたくさんいらっしゃいました。(笑)

方丈前庭では、なにやら前衛芸術っぽい映像を投影(BGMつき)していて
その斬新さ(奇抜さ?)にちょっとびっくりしたりもして。

e0017161_1546368.jpg
↑臥龍池のライトアップ。
暗いとこの写真てむずかしーー!!
池が鏡のようで、紅葉が写りこんでいてきれいでした。

e0017161_15504596.jpg
竹林のライトアップもなんだか幻想的。

さーて、人力車に見つからないようにタクシー拾い、
今日のところはこれにて退散~~。
明日は早起きしてたくさんまわろうっと!
(と、この時点では思っていた…)

《続く》

→京都2007秋INDEX
[PR]
by yurinippo | 2007-11-14 15:56 | travel

豆腐料理屋さん

伏見稲荷を出るともうすっかり暗くなっており、
夕食の予約の時間も近づいてきたので、京阪に乗って三条へ。

清水さんのライトアップに行きたかったのもあり、
四条から祇園あたりのお豆腐料理の店を探したんだけれども
お休みだったり予約がいっぱいだったりと、立て続けに断られてさすがにへこむ。
まあ、出発直前に電話する私が一番悪いのだけど。

仕方がないので範囲を三条あたりにまで広げて、
豆水楼木屋町本店」さん。
よくガイドブックにも載ってます。

すみません、二人ともすごく空腹だったのでお料理の写真がなくて。(笑)
お店のホームページの写真が、私が撮るよりずっとよいので…。

私たちがお願いしたのは「東山」で、先付、湯豆腐、ご飯もの、水物は同じですが
メニューは少し違いました。(あと、一品少ないのと)
白子豆腐と、揚げ物のうに塩が美味しかったです。
むかご、生湯葉、生麩田楽や鯖寿司など、
(私から見て)京都らしさ満載のお献立でした。
水物(デザート)の豆乳と蕪のシャーベットは、ほんとに蕪の味だった!!
夫は生ビールを頼み、私は酔っ払って迷子になるのが心配だったのでお茶だけ。(笑)

上品な量なので、夫が物足りないのではと心配しましたが
湯豆腐のおかわりを勧めてくれるのでちゃんとお腹いっぱいになったようす。
「一回は湯どうふ食べようね!」という約束をここで果たしました。
おとうふ美味しかった~♪

木屋町の路地奥、鴨川の見えるお店です。
カウンターの古びた感じも良くて、お店の人も親切でした。
お昼はさらにリーズナブルみたいです。


お腹がいっぱいになったところで、また電車で四条へ。
そこから花見小路、石塀小路などぶらつきながら清水さんへ…

と思ったのですが、しかし!!人力車の客引きのお兄ちゃんは言うのでした。

《続く》
[PR]
by yurinippo | 2007-11-13 13:38 | travel

伏見稲荷大社

地図だとすごく近く見えるのだけど、実際歩くとけっこうあるのよねー。
よくみたら、街中の地図は2㎝100mくらいで書いてあるのに、
すこし郊外の地図は2㎝が200mだったのでした。(気づくのが遅い!)

教訓:東福寺から伏見稲荷へは、電車に乗るべし。
せっかく電車が2路線も通っているのだから。

てくてく歩いて、着いた頃には少し薄暗くなっているのでした。
e0017161_17534412.jpg

さっき見た東福寺が禅寺だったので、
このきんきらきんとのコントラストが夫は楽しいみたい。

やはり見どころは千本鳥居でしょうか。
映画「SAYURI」のロケにも使われたそうです。
(さっきからロケの話ばかりだな…)
e0017161_180747.jpg

ううーん、夕方なので写真がブレ過ぎてます…。
e0017161_1813518.jpg
どこまでも続いているのでだんだん怖くなってきます。
そしてとうとう真っ暗になってしまいました。

「なんだか、このまま違う世界に続いてそうだね…」
「そ、そうだね。そろそろ帰ろうか…」

小走りに駆け下りて明かりが見えたときには、
顔を見合わせて安堵のため息…
夫が言うには「まるで夢を見てるみたいだった」

あの鳥居は、人々が願をかけて奉納したものだそうです。
人間の願いというのはなんと限りないものなのでしょう。

でも、千本鳥居を見に行く時は、絶対に夕方ですな。(←怖いくせに!笑)

このあと電車に乗って晩ご飯を食べに行きます。
《続く》
[PR]
by yurinippo | 2007-11-12 10:04 | travel

東福寺

紅葉情報、京都市内が軒並み「まだ」の中、
たしか東福寺は「色づき始め」だったような気がして(うろ覚え)
まず最初に訪ねてみました。

一番色づいていると思われる一角。
e0017161_16283397.jpg


「大奥」の撮影にも使われたという通天橋。
なんでも、紅葉の季節にはごった返すそうで。
このもみじがいっせいに色づいたら、さぞや見事だろうと思いますが。
e0017161_16223798.jpg

んー、でも、じつは、こちらも紅葉は「まだ」って感じ?
そして橋自体も「あ、意外と短いんだ…」て感じ?(笑)
e0017161_16205864.jpg

でも思ったより人は少なくて、ゆっくり見られたし、
夫と交代で橋の上と下で写真を撮りあったりして周りの人に笑われたり。
(後からまねしてる老夫婦もいた!笑)

それから方丈庭園。
枯山水の南庭。
e0017161_16234968.jpg

苔と石の市松模様、北庭。
e0017161_16242459.jpg

すこし前まで雨が降っていたのか、
しっとりとした苔ときれいに洗われた石のコントラストが美しい。

法堂も特別公開してました。
内部は撮影禁止。
ものすごく暗くって良く見えない…
説明のお姉さんも、のどが疲れてよくしゃべれない…
夕方よりも朝とか昼間のほうがいいみたいですね。

京都最大の寺院を目指して作られたってだけあって、建物も巨大。
e0017161_16274495.jpg


三門に上ることも出来たらしいんですが、
残念ながら4時になって閉まってしまいました。

広い境内と立派な建物に圧倒されて少し無口になりながら(笑)
次の目的地である伏見稲荷大社を目指します。

《続く》
[PR]
by yurinippo | 2007-11-10 18:12 | travel

京都2007秋INDEX

京都から帰ってきました~。
歩きすぎたのと、日ごろの運動不足がヒザに来たらしくヒザが痛いよぅ。
次回はもうちょっと鍛えて出直します…。(笑)

今回の旅の目標としては

①過去に行ったところ(修学旅行とかで)となるべくかぶらない。
②(外国生まれの)夫から見てエキゾチックな魅力のあるところ。
③紅葉のきれいなところ。

を中心に行き先を考えたのですが、③がまだまだで残念でしたのう。
でもそのおかげで、どこもあまり混んでいなかったし、
ゆっくり見てまわるにはかえって良かったのかもしれません。


INDEX

1日目
     東福寺
     伏見稲荷
     〈夕食〉豆水楼 木屋町本店
     高台寺(夜間特別拝観)
    
2日目
     南禅寺(インクライン、水路閣)、(南禅院、三門
     哲学の道、よーじやカフェ銀閣寺店
     銀閣寺
     吉田山・茂庵
     清水寺

3日目 
     三十三間堂
     〈昼食〉割烹 露瑚
     お土産を買いに~寺町通、三条通、錦市場
     〈夕食〉Tawawa新風館店
     
おまけ
     七条甘春堂 お干菓子
     下鴨茶寮のお弁当
     三条若狭屋の祇園ちご餅、出町ふたばの豆餅、半兵衛麩
     Mikiさんの京みやげ
     …

↑記事をアップする度にリンクを張っていく予定です。
[PR]
by yurinippo | 2007-11-09 15:10 | travel