おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

カテゴリ:travel( 79 )

ボリビア旅行2011-12 その4 〜コチャバンバ市〜

到着したのがクリスマスイブの夜ってことで
着いて早々親戚のお家に招待されまして、
そこで私は初めて夫の実家のみなさんとご対面〜
とても温かく迎えてくれて感激!する一方、
初めましての挨拶をしながら必死で顔と名前を覚える作業…

夫も久しぶりに親代わりのおばあちゃんと再会。
おばあちゃんは嬉しくて泣き出すし、
まわりの皆も、思わずもらい泣きしちゃいましたよ。

大変だったけど、帰ってよかった。
これで目的の8割達成したな(笑)


さてここで唐突に、
夫の親戚の住むコチャバンバという街をちょこっとご紹介。

ええと、ボリビアでは3番目くらいの大きさの都市で、標高2,500mくらい。
高地とアマゾンの中間に位置し、一年中温暖な気候です。
Wikipediaによると、コチャバンバの愛称は「City of Eternal Spring」
なんと!コチャバンバは常春の町であったか!

確かに昼間はTシャツ1枚、夜はその上に一枚はおる感じでOKなので
とても気候は良いです。

そして果物や野菜がとても豊富。どのくらい豊富かというと
e0017161_1651431.jpg

↑こんな感じ〜。このバナナの山、果物市場のほんの一部なんですよ。
右上のバナナのなかにラジオが埋まっております(笑)
名物料理もいろいろあるそうなんですが、その話はいずれまた。

あと、コチャバンバといえば、
世界一高いところにある、世界最大(自称)のキリスト像。
e0017161_1656281.jpg

なかなか男前であります。
リオのコルコバードのキリストよりも大きいそうです。

コチャバンバ市街からさらに丘を登りますので、
空気が薄くてかなり息切れします。。

e0017161_174064.jpg

丘から見下ろすコチャバンバ市街。

次回からはボリビア国内を旅行した時のことを書きますね〜
お楽しみに!
[PR]
by yurinippo | 2012-02-01 17:08 | travel

ボリビア旅行2011-12 その2 〜Lima - Santa Cruz〜

ちと間が空いてしまいましたが、旅行記の続きです。

行きの飛行機は

成田〜NY(1泊)
NY〜ペルーのリマ(1泊)
リマ〜ボリビアのサンタクルス
サンタクルス〜コチャバンバ

という行程でした。

リマは、8時間のフライトのあと到着が深夜12時近くで翌朝発ってことで、
(しかもペルーの入国審査がめっちゃ並ぶ)
空港隣接のホテルでシャワー浴びて体のばして寝るだけ、という
なんか悲しい滞在でした。
入国審査官にも
「リマに1泊しかしないのか!かわいそうに!」などと言われる始末。

ペルーの首都リマは海辺の街で食べ物美味しいし、
考古学博物館はじめたくさんの博物館があるし、
植民地時代の町並みも旅情をさそう魅力的なところらしいので、
時間がないのがとても残念…再訪希望です。

で、そこからさらに3時間くらい飛行機乗って、ボリビアのサンタクルスに到着。
スコールのためなかなか着陸できなくて疲れた。
移動と時差と暑さ(35℃くらい)で全く実感がないけれど
いつの間にかクリスマス・イブになっちょりました。

サンタクルスでは待ち時間が割と長かったので
セントロ(中心街)に遊びに行ってみることに。

空港からタクシーに乗ってみるとこのタクシーが!

めっちゃ飛ばす!
F1かよ!ってくらい車線変更と追い越しを繰り返す!!

しかも車体ぼろぼろ!
シートから綿はみだしてるし!

エアコン無いから窓全開ですっごい風だし!!
ストリートチルドレンが寄ってくるのを嫌って赤信号止まらないし!!


…生きた心地もしなかったです。
でもおかげですごく早くセントロについた…

大抵の都市は真ん中にカテドラル(大聖堂)、その前にプラッサ(広場)
その周辺が中心街って構成です。
で、これがそのカテドラル。
e0017161_16594928.jpg

電線が邪魔!

プラッサ周辺はこんな感じ〜
e0017161_1715672.jpg

広場はクリスマスの電飾が施されているそうで
夜になるととてもきれいだよーと聞いたんだけど、
夜までは居られなかった。

人は多いし、治安もあまり良さそうでないし、
クリスマスイブの夕方なのでお店もほとんどやってない状態。
ふたたびタクシーに乗って逃げるように空港に戻りましたとさ!
帰りのタクシーも怖かったけど、行きほどではなかった…。

そして後日、サンタクルス州ではデング熱が発生したと聞いて
サンタクルスで蚊に刺された私は震え上がった。
今この時点で症状がないので大丈夫だったみたいだけど。

サンタクルス怖い。。


で、このあと飛行機もう1回乗ります。。お楽しみに〜
[PR]
by yurinippo | 2012-01-19 17:18 | travel

ボリビア旅行2011-12 その1 〜New York〜

年末からお正月にかけて、夫の故郷に行ってきました。
実は結婚以来、初めての里帰り。
とにかくすごく遠いので、里帰りも一大イベントなのです。

飛行機の乗り継ぎがあまり良くなくて、
往路に2泊3日かかるという秘境っぷり!!

というわけで、飛行機の乗り換えのためにNYに一泊しました。
せっかく(の円高)なのでミッドタウンのホテルに宿泊して、
ほんのちょこっとだけ夜のお散歩を楽しみました。

空港からダウンタウンまでのタクシーのなかから
運転手さんが「ほら、ダウンタウンが見えた」とか
「あっちがタイムズスクエア」とか
「あそこのチキン・サンドイッチはスゴイ行列」とか
プチ観光案内をしてくれました。

ホテルから歩いて5分くらいのロックフェラーセンターの
展望台に登って摩天楼を上から見下ろしてみます♪

e0017161_179314.jpg


あれ、意外と見下ろせてないね…
正面に見えるのがたぶん、エンパイアステートビル?ちがう?
(方向音痴なのでどうも自信が無い)

NYはめっちゃ寒いんだろうなー!
と思ってスゴイ厚着をして行ったら、
この日は東京より全然暖かくて拍子抜け。
天気予報でも「こんなに暖かいのは珍しい!」って言ってましたよ。
良かったけど。

有名な、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは
さすがに大混雑でした!

e0017161_1794961.jpg


「今年はペンシルベニア州の民家の木で、
高さ22m、広がり14m、樹齢75年」とのcoroさん情報。

大きくて、キラキラと明るくて、立派でした。
文明ってこういうことだよね、、
と、翌日から南米へむかう私たちは
温かいシャワーと快適な室温を満喫して眠りにつきました。

残念だったのはご飯!
何か美味しいもの食べたいなーと思ってたのですが
お散歩してたらあっという間に夜の12時。
さすがのNYもやってるお店がほとんどなくて
屋台でケバブご飯(美味しかったけど、辛いソースかけすぎて辛かった!)と、
翌日の朝用にカップケーキ(ピーナツバターとチョコチップのトッピング、めっちゃ甘かった!)を買い込んでお部屋で食べました。

子供達が
「ボリビアなんて行かないで、NYに2週間くらい滞在しない?」
などと言ったので
「そんなんダメ!ボリビアが本当の目的なんだから!」
と叱りつつ、
私もNYだけもうちょっと居たかったな、と思ったのは内緒です(笑)
[PR]
by yurinippo | 2012-01-11 17:51 | travel

御岳山に遠足

ずいぶん前になりますが、11月下旬に御岳山に遊びに行きました。

e0017161_1833956.jpg


職場の皆さん、女子ばかり総勢9人(!)というわけで
あちこちで知らない人に
「山ガールだ!」(まだガールで行けますかねぇ)
「大学のサークルですか?」(それは無理が…でもある意味そうかも!)
「一体何の集まりなんですか?」(遠足です。遠足のしおりもあります。)
と不思議がられてしまいました。
賑やかすぎてうるさかったかも。。ごめんなさい。

e0017161_1835074.jpg

↑御岳神社

御岳山はいいところですね〜。
青梅線に乗るなんてかれこれ20年ぶり(笑)くらい。
澄み渡った空に紅葉がきれいでした。

e0017161_1834278.jpg


適度なアップダウンがあって、いい運動になりました。
また違う季節にも行ってみたいな♪
[PR]
by yurinippo | 2011-12-12 18:23 | travel

筑波山

先週末の話ですが、筑波山に登ってきました。
地震で崩れてしまった登山道も、
おおむね通行止めが解除されたらしいと聞いて。

e0017161_16561981.jpg


そよ風と木漏れ日が何とも気持ちいいです。
うぐいすと、コジュケイの声がよく聞こえました。

このあたりに住んでる人は、小学校の遠足などで一度は登る山。
でも私も夫も登ったことなかったので、楽しみにしてました。

いわゆるメインの登山道は表から登るコースなのですが
裏から登った方が緩やかで人も少ないらしいので、私たちはそちらから。
(表コースには岩場がある)
先日の天覧山よりは急でしたが、両手を使うような所もなくて
私のような初心者にはぴったりでした♪
登りで出会ったのは10人くらい。下りはなんと2人だけ!
ゆったり静かに登りたい人には裏コースをおすすめします。

山頂近くの茶屋で名物(なのか?)つくばうどん。
e0017161_17153846.jpg

鳥の「つ」くね、
「く」ろ野菜(根菜類)、
豚「ば」ら肉。で「つくば」うどんだそうです…
美味しかったです。

e0017161_16563486.jpg

男体山頂より。関東平野って本当にどこまでも平らだね。

田植えが終わったばかりの水田と、
もうすぐ刈入れの麦畑がパッチワークのよう。

深い山の峻厳な美しさももちろん素晴らしいのですが
豊かな土地に人間の営みのあまねく行き渡っている様子って
見ていて本当に感動しますね。

もし私が筑波山の神様だったら、
何百年眺めていても決して飽きないな。

こんな風にいつもと変わりない生活が、
早く日本中に戻ってきますように…
と山頂の神様にお願いして、山を下りました。

(下界に下りれば、瓦屋根にはブルーシートがかけられていたり、
 崩れて通れない道があったりするのですが。)


帰り道、つくば市にあるパティスリー・アルルに寄って、
(甘いものに目がない)職場の秘書さんたち用にマカロン購入。
みなさんとても喜んでくれました。
ここのマカロンとっても美味しいの。それでいてお値段はつくば価格^^
あと、ギモーヴもすんごく美味しかったです。(これは自宅用♪)
…でも写真撮り忘れちゃった。

募金ページへのリンクバナー
[PR]
by yurinippo | 2011-05-21 17:58 | travel

奥武蔵・天覧山と多峯主山

GWにお出かけの予定はなかったんだけど、
いいお天気に誘われて、今朝、思い立って山に登ってきました。


東京近郊ミニハイク

若菜 晃子 / 昭文社



この本をぱらぱらめくって、車で2時間くらいで行けるところを探しました。
(筑波山に行きたかったんだけど、地震の被害がひどかったらしく、
復旧具合がよく分からなかったので…また今度にします)

埼玉県飯能市にある、天覧山(てんらんざん)と多峯主山(とうのすやま)。

麓の大きなお寺、能仁寺にお参りして登り始めたとおもったらもう天覧山頂!
飯能市内が一望できます。
木漏れ日にミツバツツジが咲き乱れる、それはきれいな登山道です。
e0017161_1811290.jpg


天覧山から多峯主山までの道も、きれいに整備されて歩きやすい。
遠足の小学生たちにたくさん会いました。

e0017161_1822266.jpg

271m。かわいい山です。

e0017161_183149.jpg

山頂からは秩父の山が一望、出来るはずが、今日は黄砂でかすんでますね。
たくさんの蝶々が飛び交ってました。春まっさかりです。

持参したおにぎりを食べて、下山。

e0017161_17591528.jpg

帰り道も美しい、素敵なプチ登山でした♪

次はどの山登ろうかな。


募金ページへのリンクバナー
[PR]
by yurinippo | 2011-05-02 18:09 | travel

那須の紅葉

週末にちょこっと那須方面へ出かけてきました。

私の中では『紅葉狩り』という位置づけだったのですが
微妙にタイミングを外したのか、場所選びを間違えたのか、
紅葉の見事さ、という点では75点くらい。

でも久しぶりに家族、両親、姪っ子たちと一緒に
賑やかに出かけて楽しかったです。

塩原渓谷はどこも駐車場がいっぱいで(とくに大吊橋は並んでてあきらめた)、
車の窓から眺めるだけ…。
e0017161_18162342.jpg

途中「七ツ岩吊橋」というところで「トマト鍋」なるものを
無料で食べさせてくれて、これはけっこう美味でした♪
ピリ辛であったまる~~。
e0017161_18164758.jpg


そのあと南会津の雪割渓谷というところへ移動。
こちらはそれほど人出もなく、穴場かも。
e0017161_1817822.jpg

橋から下を見るとこんな感じ。。。けっこう怖いです。

少し奥に入ると、とても静か。
e0017161_18181176.jpg


ここは追原そばというお蕎麦がとても美味しかったです。
(食べてばかり)

それから那須湯本に一泊。
e0017161_18241814.jpg

眺めの良い部屋でした♪
温泉も、源泉かけ流しの熱いお湯で、
すごく温まるしお肌もすべすべに!
時間があったらもう一回くらい入りたかったな。

翌日は子どもたちのたっての希望で那須どうぶつ王国。
ひろーーい園内でいろんな動物のショーをやってました。
バードショーは圧巻!
いろんな猛禽類が、観客の頭ギリギリを羽ばたいて、すごい迫力なのです。
もし那須どうぶつ王国へ行くことがあったら、これは絶対オススメです。

それにしても広かった。歩くだけでいい運動になりました。^^;

おでかけ画報のほうに少し大きい写真もアップしました。
良かったら見てみてください。
[PR]
by yurinippo | 2010-11-08 18:31 | travel

どうしても牧場に行きたい

牧場に行って動物に草を食べさせたい、と
高校生と中学生が言うのです。
5歳くらいの幼児に混じって満面の笑みなのです。

e0017161_18264096.jpg


まあ確かに可愛いけどな。

e0017161_1827289.jpg


e0017161_18281351.jpg

涼しい日陰に寝てたはずなのに
いつの間にかこんなになってる!(笑)

e0017161_18295735.jpg


e0017161_18305050.jpg

この子、美人。
そこらじゅうに草生えてるのに、
わざわざ柵のところに来て子どもの手から草をもらうのね。

e0017161_18334185.jpg

ミツバチさんも忙しそう。
[PR]
by yurinippo | 2010-09-27 18:35 | travel

霧ヶ峰 八島ヶ原湿原 sanpo

この連休に、ちょこっとおでかけしてまいりました。
写真で見て、「ハウルの動く城」のお花畑みたい!行ってみたい!と思っていた
長野県は霧ヶ峰の八島ヶ原湿原をハイキング。

とってもいいお天気でした~~♪

e0017161_1515950.jpg

↑朝、ビーナスラインより。
なんの山だか存じませぬが、山裾の曲線がこの上なく美しかった!

e0017161_1521486.jpg

すでにところどころに草紅葉が始まってました。
池に青空が映って綺麗!!

e0017161_1522562.jpg

実はもうちょっとお花畑な感じを想像していたのですが、、
も少し早い季節がいいのかな。

e0017161_1524618.jpg

でもとっても広々してて気持ちいい!

途中できれいな縞模様のついた鳥の羽根を拾った長女。
ライチョウだといいな~~とか言いながら鳥類図鑑をひいていましたが、
ライチョウはもっともっと高山じゃないといないみたいですね。
多分キジかな~(笑)
夜、道路を車で走っていたらキツネやシカも見かけました。

湿原の周りはぐるりと木道がついていて、
ゆっくり歩いて1時間半というところ。
アップダウンもほとんどないので、
お天気さえ良ければらくらくお散歩できます。

実はちょっぴり歩き足りなかったので、
次回は車山までのコースを行ってみたいなぁ。
[PR]
by yurinippo | 2010-09-22 15:26 | travel

江戸東京たてもの園

8月の話になりますが…
ずーっと前から行きたかった江戸東京たてもの園に、
ようやく行きました。
高速使えば2時間かからないのねー。
なんだ、もっと早く来るんだった。

江戸東京たてもの園は緑豊かな小金井公園内にあります。
http://tatemonoen.jp/

まあとにかく暑い日で(毎日ですが)日傘は必携、
手がふさがってるものだからバッグからいちいちカメラを取り出すのも億劫。
(最初に言い訳しておきます^^;)

e0017161_1724315.jpg

常盤台写真場。
モダンですのう。

e0017161_1729536.jpg

高橋是清邸2階の廊下。
この内側の部屋で、高橋是清は暗殺されたんだそうな…(2.26事件)
恐ろしいけど、でもこのお屋敷の作りはすごい素敵。この窓ガラスとか。

e0017161_17371912.jpg

鍵屋、という居酒屋さん。
居酒屋と聞くとつい暖簾をくぐってしまう…(笑)
私はこの下町エリアがとても落ち着きます。

e0017161_17401791.jpg

子宝湯。銭湯っつったらこの形ですよ。

e0017161_17462782.jpg

私が小さいころ、母方の祖母の家は内風呂があったのですが(当時は五右衛門風呂!)
それを工事してタイル張りのお風呂にしている間、銭湯によく行きました。
それから大学の頃、体育館のシャワーは常に故障中だったので、
(どんなボロ大学だよ…)
体育のあと近所のお風呂屋さんでお婆さんに混じって入ったり。
下町の銭湯は必需品でありました。懐かしい~。

そうそう、祖母の家の周りはこんな風でありました。
e0017161_17492061.jpg

あたりまえのようにそこにあったものが、
今やわざわざ見に行かなくては会えないとは。

確かに住むにはいろいろ不便もあるんだけれど、
それを我慢してまで使い続けることもないんだろうけど、
ちょっぴり寂しいなーと思うのは、やっぱり勝手ですよね…。

他にも素敵な建物がたくさんあって楽しかったです!
一緒に行った夫は茅葺屋根が大好きで、
囲炉裏の火を焚いて屋根の虫を燻してるのを見てすごい喜んでいました。
「茅葺屋根の家に住みたいなー」などと言っていたけど
…それはやっぱり大変そうですよね。

わたしは高橋是清邸だったら住みたい(2.26事件は別として)
とちょっと思ったけれど。
[PR]
by yurinippo | 2010-09-12 18:01 | travel