おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「ソラニン」

なんだかいろいろあって、それがきっかけかどうかは分からないけど
寝込むほどの頭痛に襲われたのは久しぶり。

起き上がれないので仕方なく、買ってあったマンガでも読むことにしました。
(図書館のハードカバーの本は、寝ながら読むと腕が疲れるの)

ソラニン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお / / 小学館
ISBN : 4091533213

ソラニン 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
浅野 いにお / / 小学館
ISBN : 4091510760

あーもう何これー。
体調が悪いからとか、心が弱ってるから、ってーのもあると思うんだけど
読みながら3回くらい泣いてしまった。
そしてもう一回最初から読んで、また同じとこで泣いてるし。

種田くんと芽衣子ちゃんかー。
あ、「種」と「芽」なんだね!今気付いた。
「ソラニン」は、ご存じのとおりジャガイモの芽などに含まれる毒の成分です。
そして、種田くんが自身のバンドで歌うために書いた曲の名前でもある。

大学卒業したからといって人はすぐ大人になれるわけではなく
夢があるからといって叶う保証もなく、
「幸せって何?」とか問いかけながら、だらだらと過ぎていく日常が
私もこのくらいの歳のとき、無性に怖かった覚えがあります。
あ、今でもまだ怖いですけど。
いやしかし、日常が突然に終わってしまうのはもっと怖いよな…

そういう気持ちが、とてもリアルに描かれています。

読み始めたとき、なんか絵がすごい気になる(女の子がブス…)
と思ったのですが、だんだんかわいく見えてくるから不思議なもの。
絵とキャラがぴったりで、つまり等身大ってことなんだわね。(無理やりまとめる)

きっとまた何回も読み返すと思う、これは。とてもおススメです。

映画化ってホントかなぁ。
[PR]
by yurinippo | 2008-09-24 15:30 | book