おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「夏の庭」

暑くなってくると、少年少女の読む本が読みたくなってくるのはどういうわけだろう。
夏休みの読書感想文の習慣の名残りかしら。
幼いころの刷り込みというのは恐ろしい。

夏の庭―The Friends
湯本 香樹実 / / 徳間書店
ISBN : 4198613591


ある人に、「梨木香歩が好きならこれも好きだろう」(こんな乱暴な言い方じゃなかったけど)
とすすめられた湯本香樹実さん。
知らなかったんだけど、これ、映画化もされていたんですね。

少年3人が、人の死ぬところを見たくて、一人暮らしのおじいさんを見張り始める。
そこから始まる、少年とおじいさんとの交流。

子供のころの感覚って、大人になるとこんなにも忘れてしまうものだったのか。
死ぬっていうことがたまらなく怖かったし、
暗闇も今よりずっと暗くて、お化けの存在も身近に感じて信じてた。
そういう子ども時代のみずみずしい感覚が久しぶりに思い出せて
とてもよい読書体験でした。

「あの世に知り合いがいる、心強い」って言った少年達。
ひと夏であんなに成長できるんだから、子供ってすごいよなぁ。

55/100
[PR]
by yurinippo | 2008-07-16 16:54 | book