おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「イトウの恋」

最近すっかりお気に入りの中島京子さん。
おそらくこれが今現在の代表作なのでは?とあたりをつけました。

イトウの恋
中島 京子 / / 講談社
ISBN : 4062127776

とても美しいお話でした。

中学校の社会科教師&その教え子と、劇画の原作者とが
「イトウ」という人物の手記を介して親しくなっていくほのぼのタッチの現代の部分と、
近世と近代のはざまを生きた今で言う通訳兼ガイド(?)の伊藤という男の
I.B.というイギリス人女性への恋心をつづった手記の部分、
どちらもとても面白くて途中でやめられず、、寝不足です。

「ホルモー六景」の「長持ちの恋」も、いわば時空を超えた恋とでもいいましょうか、
その余韻が冷めやらぬところだったので
「イトウの恋」も、何やら時空を超えてるような雰囲気であるので
相乗効果で余計感動したのかもしれません。

それにしてもこの中島京子さんという人は、
作品によって文体を自由自在に使い分けているというか、
もし私が、作者名を伏せていろんな中島さんの作品を読まされたら、
きっと一人の人が書いた本だと思わないんじゃないかなぁ。

とてもよかったので、引き続き中島京子さんは読みたいと思います。

50/100
やっと半分だ!

《お知らせ》
去年やっていた半年ごとのベスト10は今回はお休みさせていただき、
年末かお正月に1年分まとめてやります。
[PR]
by yurinippo | 2008-07-07 11:10 | book