おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「国家の品格」「この国のけじめ」

少し前に読んだ2冊。

国家の品格 (新潮新書)
藤原 正彦 / / 新潮社
ISBN : 4106101416

この国のけじめ 決定版 (文春文庫 ふ 26-1)
藤原 正彦 / / 文藝春秋
ISBN : 4167749017

言わずと知れた一昨年のベストセラーをなぜ今頃読んでいるのかというと…

サイン本をいただいたのです。
e0017161_19235255.jpg

勤め先の先生が藤原正彦家と家族ぐるみのお付き合いだとおっしゃるのを聞いて
「サインが欲しい」と言ったところ、本当にくださいました。
ちなみに本体はその先生と、同じ職場の先輩が1冊づつプレゼントしてくださいました。
ありがたや~。

内容は、武士道を基にした日本の「国柄」は世界に誇れるものである、と
日本人にとっては大変耳に心地よい主張です。
論理がダメだとは言わないが、日本人が培ってきた「情緒」を大事にしなさい、
小学校で英語を教えてはいけない、読み書き算盤そして古典を読むことが大切と、
昨今の傾向に警鐘を鳴らします。

2冊とも、ほぼ同じ内容ですが「この国のけじめ」のほうが、
ユーモアを交え、また説明も丁寧で読みやすいような気がします。
奥様が登場するエッセイはすごい面白いです。


と、せっかくためになる本をいただいたにもかかわらず
この本で得た知識をつかって真っ先にしたことはと言うと

シムシティDS2~古代から未来へ続くまち~
/ エレクトロニック・アーツ
ISBN : B00116DA3G


学校いっぱい建ててしまいました…。水田もかなり残してあるよ!(笑)
シムシティの記事はまた後ほど!

40、41/100
[PR]
by yurinippo | 2008-06-04 19:50 | book