おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「ナイチンゲールの沈黙」

前回図書館で借りたときに読めなくていったん返してしまったので
今回は借りてきたその日に読みました!

ナイチンゲールの沈黙
海堂 尊 / / 宝島社

前作のチームバチスタに比べると、硬派な感じがずいぶんと薄れて
やわらかく優しい雰囲気さえ漂わせていました。
看護師さん、小児病棟、歌声…とキーワードを並べてみてもそんな感じでしょ。

しかもいろんな話題がぎっしりと詰め込まれており、
何が一番言いたいことだったのかがよく分からなかったです。
赤十字の生みの親、看護師の祖「ナイチンゲール」さんと
美しい歌声の鳥のナイチンゲールをかけているのは分かるのですが。
(もしかして始めにタイトルありき、だったのかな)

でも読み始めたら止まらないの、面白くて。
不自然な個所、というか、ありえない事象がトリックを見破る鍵なのですが
まあそんなことは気にせず(んー、でもミステリーと思えば気になるかな…?)、
楽しく読むのがよいでしょう。
相変わらず、医療の抱える問題もちゃんと登場しますし。
楽しく読めるが、社会問題にも詳しくなる。これが狙いなのでしょうね。

次回作にふくみを持たせる終わり方で、これは途中で止められないですな。
さっそく次のを予約しようと思います。

8/100
[PR]
by yurinippo | 2008-02-18 11:17 | book