おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「夏の名残りの薔薇」

すみません、ネタが溜まりすぎているのでたくさんアップさせてください。

読んでも読んでもまだある、恩田陸。
夏の名残りの薔薇
恩田 陸 / / 文藝春秋
ISBN : 4163233202


作中に「去年マリエンバードで」という作品がしつこく(失礼)挿入されていて
読んでる最中はうっとうしくてたまらないのだけど
きっとこれが大切な役割を担ってるに違いないので我慢がまん。

人里離れたホテルで起きた、あるいは起きなかった出来事を
それぞれの登場人物の記憶から読み解いていく…はずなんだけど
同じ数日間のことなのに、どれも奇妙に違っていて混乱するのです。
章ごとに「第○変奏」という小題がついているのが、
その構成をよくあらわしていて面白いと思いました。
そしてやっぱり、あのうっとうしい(笑)元ネタの挿入が意味を成していたのです。
これから読もうという方は、やっぱり読み飛ばさないほうが無難ですよ。

広大な恩田陸ワールドを渡り切るのに必要なのは、とにもかくにも記憶力。
あるいは、本を全部収蔵しておくための本棚。(笑)
何度も読み直して、ようやく分かるのかも。(結局分からないのかも)

この本、巻末のあとがきや解説、作品リストが充実していて
それを読むと恩田ワールドを大雑把に分かった気がしますけど
でもそれ以降もたくさん本出してるし…
やっぱり自分で読みながらマップを作っていくしかないんだろうなぁ…
遠い遠い道のり、って感じです。

108/100
[PR]
by yurinippo | 2007-11-28 18:29 | book