おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

豆腐料理屋さん

伏見稲荷を出るともうすっかり暗くなっており、
夕食の予約の時間も近づいてきたので、京阪に乗って三条へ。

清水さんのライトアップに行きたかったのもあり、
四条から祇園あたりのお豆腐料理の店を探したんだけれども
お休みだったり予約がいっぱいだったりと、立て続けに断られてさすがにへこむ。
まあ、出発直前に電話する私が一番悪いのだけど。

仕方がないので範囲を三条あたりにまで広げて、
豆水楼木屋町本店」さん。
よくガイドブックにも載ってます。

すみません、二人ともすごく空腹だったのでお料理の写真がなくて。(笑)
お店のホームページの写真が、私が撮るよりずっとよいので…。

私たちがお願いしたのは「東山」で、先付、湯豆腐、ご飯もの、水物は同じですが
メニューは少し違いました。(あと、一品少ないのと)
白子豆腐と、揚げ物のうに塩が美味しかったです。
むかご、生湯葉、生麩田楽や鯖寿司など、
(私から見て)京都らしさ満載のお献立でした。
水物(デザート)の豆乳と蕪のシャーベットは、ほんとに蕪の味だった!!
夫は生ビールを頼み、私は酔っ払って迷子になるのが心配だったのでお茶だけ。(笑)

上品な量なので、夫が物足りないのではと心配しましたが
湯豆腐のおかわりを勧めてくれるのでちゃんとお腹いっぱいになったようす。
「一回は湯どうふ食べようね!」という約束をここで果たしました。
おとうふ美味しかった~♪

木屋町の路地奥、鴨川の見えるお店です。
カウンターの古びた感じも良くて、お店の人も親切でした。
お昼はさらにリーズナブルみたいです。


お腹がいっぱいになったところで、また電車で四条へ。
そこから花見小路、石塀小路などぶらつきながら清水さんへ…

と思ったのですが、しかし!!人力車の客引きのお兄ちゃんは言うのでした。

《続く》
[PR]
by yurinippo | 2007-11-13 13:38 | travel