おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

ポーリッシュ法のカンパーニュ

ビゴさんの本に初挑戦。
「ポーリッシュ法」んー、なんとなく難しそうだけど、レッツゴー!

分量がパン屋さん向けで大きい!
私がいつも焼く量になるように、1/5量でやってみますが、
イースト1gの1/5はうちの秤じゃ量れないよ~。
仕方が無いので1gを量って、目分量で5等分し、それを使う。(けっきょく目分量かよ!笑)

それに、大きくて丸いカンパーニュの成形だと、金魚の小石法(?)スチームが入れられない。
下段は金魚の小石だからね。上段にカンパーニュ入れると天井にくっついちゃう。
仕方が無いのでやや細長いなまこ型に成形。クープはまっすぐ1本だけ。

e0017161_12254743.jpg

こんな感じ~。ライ麦入るとどうしても目がつまり気味になるのは仕方ないのかな。


e0017161_1227371.jpgクープのエッジが微妙に、ホントにビミョ~に立ち上がっているような気がする。
(そんなアップにしないと分からないほどの立ち上がりに、何か意味があるのだろうか??)

肝心の味ですが、やはり少ないイーストでゆっくり発酵させるというのはいいみたいですね。
粉(トラディショナル特有のきな粉?の香り)がふんわり香り、
しかもイースト臭の無いパンに焼きあがりました。

イースト使ったハード系のパンの中では、かなり美味しく出来ました。
ポーリッシュ法、時間はかかるけどいいですね。またこれ焼こうと思います。
[PR]
by yurinippo | 2006-12-21 12:35 | bread