おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

ボリビア旅行2011-12 その10〜スクレに移動〜

年末年始の話がまだ途中でした。。。
ものすごい間が開きましたが、続けます。

前回はポトシで高山病になった話だったかと思いますが、
今回はポトシから憲法上の首都であるスクレへと移動します。

ところでみなさんは「死の道路」って聞いたことありますか?
ラパスからユンガスというところへ至る危険な山道のことで、
さいわい私たちはそっちの方には行かなかったので通らなかったのですが。

でも結構似たようなところ、あったみたいです。
e0017161_16435017.jpg

↑実際に通った道ではありませんが、
崖っぷちなのにガードレールの無いところは多かった。
そして、そのようなところには必ず十字架が立っていて、
お花が供えられていました。
つまり死亡事故があったのですね。

e0017161_1649648.jpg

大きな川に立派な吊り橋が架かってたんだけど、
この吊り橋を渡るためにかなり急な崖を降りて行かなければならず断念。
っていうか、橋作ったら、橋に至る道も造ってよ!
これじゃ渡れないじゃん!!(笑)

それから、いちおう国際免許証を持って行ったのですが
ボリビアはジュネーブ条約に加盟していないため、
日本でもらう「この国際免許証が有効な国一覧」には載ってません。
が、実際には運転できました。

(※ 逆はダメです!ボリビア発行の国際免許証は日本では使えません!)

私は右側通行が怖くて運転しなかったのですが、
夫が叔父さんと交代して運転中、
ちょうど検問に遭遇して免許証の提示を求められました。
そこでこの国際免許証を見せたところ、何の問題も無く通れました。
しかも「なんて書いてあるか分かんないよ…」て
お巡りさんがつぶやいてるのを聞いてしまった(笑)
スペイン語で書かれたページを探し当てられなかったらしい(笑)

と、このように見事なアバウトっぷりですので
当然、交通ルールが日本のように機能しているわけではありません。

交通事故の多さは問題になっているらしく、
スクレの宿はTVがあったのでつけたら
さっそく交通事故対策の特集番組をやってて思わず見ちゃった。

たしか毎年2万件の交通事故が起きていて、
1500人?だったかな?が亡くなっているとか。
日本の3倍の国土に1/10の人口、
自動車保有台数は日本の1/100以下という国で
年間1500人の交通事故の死者は、かなり多いですよね。。
(すみません、正確な数ではないかもしれませんが、概ね間違ってはないかと)

かの番組では、道路(舗装、標識などの不足)や
交通法規の未整備が主要因と指摘していましたが、
なんとか早く改善されるといいなーと思いました。

ああ、すっかりボリビアの道路事情の話になってしまいました。
スクレは歴史ある美しい町なので、
次回に街の紹介をば!
[PR]
by yurinippo | 2012-05-06 17:50 | travel