おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

ボリビア旅行2011-12 その7 〜ウユニ塩湖〜

昨日辺りからウユニ塩湖が妙に話題になっているらしいので
私もちょうどそこまで来てたので今日はウユニ塩湖。

しかし最近すごく人気ですね〜
日本人の観光客がたくさん来てました。

e0017161_1522040.jpg

まっ白で平らな塩の大地に薄く水が張って鏡面のように青空を映す様子が
「まるで天国のよう!」と評されることがあるのですが、
ここにたどり着くまでの悪路で死ぬ思いして来てるので
ある意味ホントに天国かも。

e0017161_16303423.jpg


まぶしすぎて写真の色が変!

e0017161_151963.jpg

鏡面と見紛うばかりの塩湖の表面を
滑るように自転車で渡ってくるおじさん!
あわてて撮ったのでちとピンぼけ…

e0017161_15251164.jpg

「塩原の目」とは、
この回りで塩水がゴボゴボとわき出しているところを指すようです。
深さは誰にも分からないそうです。怖いね。

e0017161_1533332.jpg


塩のホテル。
ブロック状の塩の塊を積み上げてできています。
e0017161_15344541.jpg


特に日本人に(?)大変人気のある観光地なのですが
もし本当にいらっしゃる予定でしたら、観光ツアーのご利用をおススメします。
勝手に来ては塩湖に迷い込んで出られなくなる人が多いため
塩湖の中に入るにはガイドが必要なのだそう。
レストランも何もないので、すべて車に積み込んで回ります。
数年前には、
日本人の観光客が亡くなる痛ましい交通事故も発生しています。
(炊事用の燃料や、予備のガソリンを積み込んでいるので
ひとたび事故が起こると大爆発の恐れが…)

今回は地元の少年にガイドとして助手席に乗ってもらい、
2時間くらいだけ入り口付近を案内してもらいました。
(おじさんがその辺の道歩いてる子をスカウトした…笑)
それでもめっちゃ広かった〜〜

e0017161_15475421.jpg

記念に塩、拾ってきました(笑)


この雄大な景色に憧れて、ここへ来たいと思う人は多いでしょう。
私もその一人でした。
確かにこの景色はすごい。この世のものとは思えない美しさがあります。
体力のある若い方はぜひ一度、訪れるといいと思います。

同時に、せっかくここまで来るのでしたら、
この国の、ラテンアメリカの、っていうか世界の?
抱える矛盾もぜひ見て行ってもらいたいのです。

このウユニ塩湖の地下には膨大な量のレアアースが眠っていると言われており、
ボリビアが自分で採掘する技術があってなおかつ
上手に商売できればこの国に大きな富をもたらすのではと思います。
(ボリビア人自身の手でそれが出来れば、ですけど、
 歴史的に出来なかったことのが多いのが悲しいところ…)

そうなるとこの景色が失われるかもしれません。
でも、ここへ来る途中で皆さんはこの国の
圧倒的な貧困、無秩序、インフラの欠如などを目にしていると思われます。
それでも平気な顔で
「この景色を守って!レアアース掘らないで!」って言える?

せっかくここまで来るんなら、
自分が見たいものだけじゃなくって、そういうところもぜひ見てほしい。
と思うのでした。

あ、でも、ここの観光資源としての価値が地下資源を上回るようなら
採掘しなくても豊かになれるかもしれないので
観光客がどんどん来るのはいいことかも!とも思う!
[PR]
by yurinippo | 2012-02-27 16:32 | travel