おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

ボリビア旅行2011-12 その4 〜コチャバンバ市〜

到着したのがクリスマスイブの夜ってことで
着いて早々親戚のお家に招待されまして、
そこで私は初めて夫の実家のみなさんとご対面〜
とても温かく迎えてくれて感激!する一方、
初めましての挨拶をしながら必死で顔と名前を覚える作業…

夫も久しぶりに親代わりのおばあちゃんと再会。
おばあちゃんは嬉しくて泣き出すし、
まわりの皆も、思わずもらい泣きしちゃいましたよ。

大変だったけど、帰ってよかった。
これで目的の8割達成したな(笑)


さてここで唐突に、
夫の親戚の住むコチャバンバという街をちょこっとご紹介。

ええと、ボリビアでは3番目くらいの大きさの都市で、標高2,500mくらい。
高地とアマゾンの中間に位置し、一年中温暖な気候です。
Wikipediaによると、コチャバンバの愛称は「City of Eternal Spring」
なんと!コチャバンバは常春の町であったか!

確かに昼間はTシャツ1枚、夜はその上に一枚はおる感じでOKなので
とても気候は良いです。

そして果物や野菜がとても豊富。どのくらい豊富かというと
e0017161_1651431.jpg

↑こんな感じ〜。このバナナの山、果物市場のほんの一部なんですよ。
右上のバナナのなかにラジオが埋まっております(笑)
名物料理もいろいろあるそうなんですが、その話はいずれまた。

あと、コチャバンバといえば、
世界一高いところにある、世界最大(自称)のキリスト像。
e0017161_1656281.jpg

なかなか男前であります。
リオのコルコバードのキリストよりも大きいそうです。

コチャバンバ市街からさらに丘を登りますので、
空気が薄くてかなり息切れします。。

e0017161_174064.jpg

丘から見下ろすコチャバンバ市街。

次回からはボリビア国内を旅行した時のことを書きますね〜
お楽しみに!
[PR]
by yurinippo | 2012-02-01 17:08 | travel