おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

ボリビア旅行2011-12 その3 〜コチャバンバ到着〜

サンタクルスからもう1回飛行機に乗ってようやく目的地のコチャバンバです。

実はコチャバンバ行きの飛行機を待っている間、
次女が真っ青な顔をして「きもちわるい…」と言い出しまして。

たぶん原因は
1. 昼間のサンタクルス弾丸ツアー(乗り物酔い)
2. 作ってから時間が経ってそうな生ジュース
3. クニャペという、チーズの入ったパンのようなもの
のうちどれか。

とりあえず日本から持って行った薬を飲ませてみましたが良くならず、
「果たしてこれを飛行機に乗せていいんだろうか?」
「でも最終便だし、夜になってから見知らぬ土地で医者を探せるのか…」
と散々悩みましたが、とりあえずエチケット袋を握りしめて搭乗。
辛そうではありましたが、それ以上悪化することなく済んでよかったです。

日本から飛行機を4本乗継いで行くと、
飛行機の機材はだんだんと小さくボロくなり、
サービスも大雑把になってくるのが分かります。

ただ、この最後のアエロスールは確かにかなり古い機体でしたが
(シート微妙に故障してるし…笑)
安全上どうなのかとは思いますが、離陸中でもトイレ使っていいとか言ってくれたり
体調を気遣っていろいろ融通してくれたので
このラテン気質っていうかアバウトさにずいぶん助けられました。

この日はクリスマス・イブ。
機長からのプレゼントとか言ってシャンパンが振る舞われました☆

e0017161_154918.jpg


45分のフライトでの飲み物のサービスって、
水平飛行に入る前から(機体がまだ上昇中で傾いた状態で!)
ワゴンをえっちらおっちら押しながら大急ぎで飲み物を配り、
そして着陸態勢に入りつつコップを急いで回収するという感じで面白かった。


飛行機の窓からコチャバンバの街のあかりが見えたときには
ホントきれいでちょっと泣きそうになりました。
途中ホントにたどり着けるのか心配だったので(笑)

e0017161_1542099.jpg

(この写真は飛行機の窓からではなく地上からなのですが、大体こんな感じ)

そうそう、南米で飛行機に乗ると、
時々着陸したときに機内から拍手が巻き起こることがあります。
あれはスムーズな着陸をしたときに、機長を讃えてするもの。
南米に来たなーと実感する瞬間ではありますが、
ちょっと田舎臭いなーとも思ってたわけです。

でも今回のフライトでは、スムーズな着陸もそうですけど、
クリスマスのシャンパンのサービスとか、
娘の体調に配慮してくれたこととか、
遠いところはるばる来たなーという感慨とか、美しい街のあかりとか、
あと、アエロスールなのに定刻通り到着したこととか(笑)
なんかいろいろ嬉しかったので、思いっきり拍手しておきました。

ま、とにかくやっと到着〜
[PR]
by yurinippo | 2012-01-26 07:05