おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「数学ガール ゲーデルの不完全性定理」

数学ガールの3冊目!
前の2冊より、これが一番私には面白かったです。
でもすごく難しかった。ちゃんと理解はできてないです。

数学ガール/ゲーデルの不完全性定理

結城 浩 / ソフトバンククリエイティブ


41/100

すごーく難しかったにもかかわらず、面白いと思えたのは
作者さんの腕ですね!すごい!

私のようなものにも分かるように、
簡単な論理クイズから始めて、ペアノの公理で論理の練習、
集合で無限を扱えることを示しながら、
概念拡張時の困難を《飛躍前の停滞》なんて文学的な言葉を使ったりする。

極限とか、形式的体系とか、ゲーデル数とか、
こんなの知ってたら絶対数学の勉強も楽しかったんだろうなぁ。

とくにゲーデル数のところなんて、この本の中でも言ってたけど
コンピュータ言語のような感じ。(コンピュータ言語よく知らないけど)
意味の世界と形式の世界を行き来するの、面白かった。

やっぱりもっとゆっくり読みたいです。
最後のほうなんて数式そっくり飛ばして読んでましたから(笑)
文庫本になったら絶対買っとこう。もちろんノートも用意して。
[PR]
by yurinippo | 2010-06-26 11:24 | book