おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「東と西1」「ミーナの行進」

冊数稼ぎ(笑)
読みやすい小説は久しぶりな気がするー。

東と西 1

いしい しんじ / 小学館


11/100

いしいしんじ他、全6人の現代作家による短編集。
全て、特定の場所にまつわるお話になっています。

松本、大阪、京都と3つの町をめぐるのに、
足の裏で感じるその「地続き感」が面白い、いしいしんじの作品と、
左右対称の名前に執着する家族から逃げ出した女優の
死に際の壮絶な独白である森絵都の作品が、読みごたえがあって好きです。


ミーナの行進

小川 洋子 / 中央公論新社


12/100

小川洋子さんはひんやりとした感じの作風が私は結構好きなのですが、
こちらはとても暖かい読後感。
子ども時代の幸せな記憶とか、ちょっとした成長の喜びとか。

ここのところ、本と格闘するような読書が多かったので
こういう本読んでちょっとほっこりしました。
[PR]
by yurinippo | 2010-03-03 13:15 | book