おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「英雄の書 上・下」

先に上巻、3日おいて下巻が届くというグッドタイミング♪

英雄の書 上

宮部 みゆき / 毎日新聞社


英雄の書 下

宮部 みゆき / 毎日新聞社


61/100


あら~?amazonのレビューでは評価が低いようですね。
小5の女の子がこんなに賢いのはリアリティに欠けると。

でもこういう状況になったらこれくらい考えるし、やるよ。
5年生にもなれば。

私はとても面白く、興味深く読みました。
同じくらいの年頃の子どもを持っているので
他人事とは思えなかったってのもありますし。

「英雄」と言う言葉、
人類の歴史の中にもいろんな英雄がいますけれども、
そのおおもととなる「英雄」と言う存在(概念?)。
「英雄」のなす素晴らしい勝利、栄光と、その裏にある殺戮。
祭り上げられ、また引きずりおろされる「英雄」。

そして「物語」。
歴史も人生も全て「物語」であり、「物語」は嘘である。
そして嘘と知りながら物語を紡ぐ者、必要とする者はすべて罪人であると。
(これ以上はネタばれ…)

でも擬人化された本たちは可愛らしく、
宮部さんの本や物語への愛が感じられます。

何よりこの想像力。
現実世界のやりきれなさをこれだけファンタジー世界に投影できる想像力が素晴らしい。
ラストも宮部さんらしい終わり方だと思いました。
続編ありそうだね。
[PR]
by yurinippo | 2009-08-29 12:09 | book