おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「宵山万華鏡」

リクエストを入れたタイミングが良かったのか、
「恋文の技術」より先に来ちゃったよーん。

宵山万華鏡

森見登美彦 / 集英社


55/100

可愛らしい表紙。
そして内容も、カラフルで幻想的なファンタジーでした。

独特なオモシロ文体「森見節」はすこし影をひそめ、
「きつねのはなし」を思わせるちょっとダークな語り口も新鮮でした。

京都には絶対こんな風な不思議がありそうだって!

--恐るべし京都、恐るべし祇園祭、恐るべし宵山。
--素人の俺が、一人でほっつき歩くべきではなかったのだ。
           (本文より)

と、一緒につぶやきながら読みましょう。
そして私も、金魚鉢風船欲しい!!!
[PR]
by yurinippo | 2009-08-20 17:06 | book