おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「アフターダーク」

1Q84の出版が話題の村上春樹さん。
いま思いついて図書館の予約状況見てみたら、280人待ちですってよ!
(だいたい自分いつも出遅れるから…)
これこそ、待ってる間に文庫が出る!
たぶん私と、娘と、父がきっと読むから、…思い切って単行本買うかな。

そして読めない間の欲求不満を旧作を読んでごまかす。

アフターダーク (講談社文庫)

村上 春樹 / 講談社


42/100

上の娘の本棚にあって、彼女の大絶賛する本だったのですが、
「面白い」ってタイプの本ではなかったなー。
どこがそんなに良かったのか、後で聞いてみよう。

村上春樹っぽくない文体だなーってのが読み始めての感想。
何冊かしか読んだことないのですが「僕」が主人公の小説が多いじゃないですか。
今回「私」ってのが出てくるこた出てくるけど、純粋な「視点」としての存在なのです。
だから、地の文はト書きみたいだし、会話文は台詞みたいだし。

一晩に起こる出来事を時系列で並べてあるだけなのだけれど、
「これは何の比喩なんだろう」とか深読みし始めるときりがないかも。

でもこういのも嫌いじゃないです。

次は「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」読む予定。
[PR]
by yurinippo | 2009-06-24 12:05 | book