おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「別冊図書館戦争Ⅰ、Ⅱ」

こんにちは!またまたお久しぶりです。(涙)
怒涛の忙し月間がようやくひと段落しそうな雰囲気で、
これからはもすこしblog更新が頻繁に出来る…かも。

でもそんな急にはblogネタがないので、また本の話でも。
(忙しくても本だけは読んでるのです。)

さて、わが町の図書館のシステムが日々進化を遂げていてうれしい限りです。
最近は、1巻より2巻のが先に順番がまわってきてしまった場合、
先に来た2巻を「保留」にしておいて次の人に回しておき、
1巻が来た時点で「保留解除」をすると、今2巻を読んでる人の次に読ませてもらえるという
画期的なシステムが導入されました!!
(もしかしてほかの自治体では普通にそうなってるかも知れないけど…)

その新システムをさっそく利用して、順番通りに読めました。

別冊 図書館戦争〈1〉

有川 浩 / アスキーメディアワークス

29/100

別冊 図書館戦争〈2〉

有川 浩 / アスキーメディアワークス

30/100

ま、結論からいうと、どっちから読んでも別に大丈夫だった。(笑)

帯にあるとおり、ホントに大甘でした。。。
「あーもう勝手にしてー」と思いつつも楽しく読んでしまったのですけど。
堂上と郁、小牧と毬絵、手塚と柴崎にしても、
どちらかの大ピンチの後に急展開で付き合い始めるっていうところは共通なのね~。
可愛い女子を頼りになる男子が守るって構図、少女マンガみたいで楽しいわね~。
と、やや斜に構えて読んでしまったわたし。
もはや登場人物と一緒にハラハラドキドキするってことが出来ない歳なのかと
ややさびしくもありましたが、
でもそれぞれ素敵な王子様とハッピーエンドで一安心。

実生活で甘さが決定的に足りない私ですので、
たまにはこういう本読んで糖分を補給する必要がありそうですね。(笑)
[PR]
by yurinippo | 2009-05-18 12:12 | book