おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

タグ:建築 ( 21 ) タグの人気記事

スペイン旅行2015 目次

何年ぶりかにひっそりと更新してみます。

先月、スペインに旅行してきました。
スペイン北部のカスティーリャ・イ・レオン地方に友人が住んでいて
すっかりお世話になりました。

○連れて行ってもらったところ
レオン
 サンマルコス修道院
 サンイシドロ教会
 レオン大聖堂
 新市街・旧市街のお散歩とバル巡り
アストルガ
 アストルガ司教館(ガウディ作)
 市庁舎と広場
 ローマ時代の遺跡ツアー
 友人の両親の家、おじいちゃんおばあちゃんの家
タブージョ周辺
 友人の家
 小さくて古くて素敵な村(名前がわからない)
 松脂やきのこが取れる森
 ワイナリーのステーキ屋さん 
サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
 マラガトの村Castrillo de los Polvazares
 モリナセカのローマ橋
 カカベロスの素敵なレストラン
 オ・セブレイロ
 山道と小さな村と古い橋
 ラス・メドゥラス
 ポンフェラーダ旧市街とバル巡り

○友人たちとお別れしたあと飛行機に乗るまで
マドリッド
 ソル〜マヨール広場お散歩
 王宮
 プラド美術館
 ソフィア王妃芸術センター
 
○おまけ(飛行機の乗り継ぎ時間が長かったのでちょっぴり外に出てみた)
イスタンブール
 グランドバザール

これで全部かな?まだありそうな気もする。

正味7日間しかなかったのに
いろいろなところに連れて行ってもらってほんと楽しかったです!
ぼちぼち更新していこうと思います。
その前に写真集めなきゃ…
[PR]
by yurinippo | 2015-10-15 15:14 | travel | Comments(3)

橋めぐり

「信濃の橋百選」という本を買った話を一つ前の記事で書きましたが

信濃の橋百選

信濃の橋刊行会 / 信濃毎日新聞社


読んでいたらいてもたってもいられず
早速そのうち7つほど見てきました。
(自分でもホント物好きだと思う)

・佐久市望月の鹿曲川(かくまがわ)にかかる望月橋
・上田市の依田川にかかる腰越橋
・同じく馬坂橋
・上田市の内村川にかかるりんどう橋
・上田市別所温泉にある七久里橋
・上田市の塩野神社境内にある塩野神社太鼓橋
・上田市の上信越自動車道、上田ローマン橋

今回は主に上田市方面。

おススメは、
e0017161_1514813.jpg

↑馬坂橋

歩行者専用の木造の橋で、見た感じ新しそうなのですが
「信濃の橋百選」によると
2006年に災害で壊れて2007年にかけ直したそう。
依田川、この日は水が割と少なかったですが、
それでもすごい流れが速かったです。

「今度は壊れない橋架けよう」とならずに、
昔ながらの木造の橋をまたかけ直すってところが良いですね!
斜めの丸太は、流れて来たもので橋が壊れないようにする塵除け。
機能的で素敵なフォルムです。


もう一つ、馬坂橋から割と近いところにあるりんどう橋もかわいい。
e0017161_15294240.jpg

この橋、元々は1893年頃ドイツで作られて九州の鉄道にかかってたそうなんです。
昭和3年に千曲川にかかる鉄道橋として払い下げられ、
その鉄道が廃線になると今度は道路橋として使われ、
その道路橋が台風で傾いて撤去されたときにスクラップにならずに
現在のように歩道橋として再架設されたそう。
すごい波瀾万丈な人生を歩んで来た橋ですね〜
(接合部がボルトでとまってるから、ばらして組み直せるのですね。
 橋のお引っ越しって聞いたこと無かったのでびっくり。)
りんどう色が可愛いだけじゃなかった。


それから、別所温泉にほど近い塩野神社境内の太鼓橋も荘厳な雰囲気です。
e0017161_16501870.jpg

屋根付いてるの。神様が渡る橋ですね。

32度くらいの暑い日だったのですが
しんと静まり返った杉林のなかのこの橋を渡ると
空気までひんやりとして、まるで違う世界に来たようでした。
武田信玄もお参りに来ているという、歴史ある神社だそうです。


橋めぐり、けっこうはまる!
今回は千曲川水系でしたが
この「信濃の橋百選」を見ると木曽川水系がいろいろすごい。
ぜひ行ってみたいものです。
[PR]
by yurinippo | 2012-08-05 17:04 | travel | Comments(4)

江戸東京たてもの園

8月の話になりますが…
ずーっと前から行きたかった江戸東京たてもの園に、
ようやく行きました。
高速使えば2時間かからないのねー。
なんだ、もっと早く来るんだった。

江戸東京たてもの園は緑豊かな小金井公園内にあります。
http://tatemonoen.jp/

まあとにかく暑い日で(毎日ですが)日傘は必携、
手がふさがってるものだからバッグからいちいちカメラを取り出すのも億劫。
(最初に言い訳しておきます^^;)

e0017161_1724315.jpg

常盤台写真場。
モダンですのう。

e0017161_1729536.jpg

高橋是清邸2階の廊下。
この内側の部屋で、高橋是清は暗殺されたんだそうな…(2.26事件)
恐ろしいけど、でもこのお屋敷の作りはすごい素敵。この窓ガラスとか。

e0017161_17371912.jpg

鍵屋、という居酒屋さん。
居酒屋と聞くとつい暖簾をくぐってしまう…(笑)
私はこの下町エリアがとても落ち着きます。

e0017161_17401791.jpg

子宝湯。銭湯っつったらこの形ですよ。

e0017161_17462782.jpg

私が小さいころ、母方の祖母の家は内風呂があったのですが(当時は五右衛門風呂!)
それを工事してタイル張りのお風呂にしている間、銭湯によく行きました。
それから大学の頃、体育館のシャワーは常に故障中だったので、
(どんなボロ大学だよ…)
体育のあと近所のお風呂屋さんでお婆さんに混じって入ったり。
下町の銭湯は必需品でありました。懐かしい~。

そうそう、祖母の家の周りはこんな風でありました。
e0017161_17492061.jpg

あたりまえのようにそこにあったものが、
今やわざわざ見に行かなくては会えないとは。

確かに住むにはいろいろ不便もあるんだけれど、
それを我慢してまで使い続けることもないんだろうけど、
ちょっぴり寂しいなーと思うのは、やっぱり勝手ですよね…。

他にも素敵な建物がたくさんあって楽しかったです!
一緒に行った夫は茅葺屋根が大好きで、
囲炉裏の火を焚いて屋根の虫を燻してるのを見てすごい喜んでいました。
「茅葺屋根の家に住みたいなー」などと言っていたけど
…それはやっぱり大変そうですよね。

わたしは高橋是清邸だったら住みたい(2.26事件は別として)
とちょっと思ったけれど。
[PR]
by yurinippo | 2010-09-12 18:01 | travel | Comments(4)

ミニチュア風写真

最近よく見かける、ミニチュア「風」動画や写真。
実際にミニチュア作って撮影するなんて気の遠くなるような作業は無理だけど
普通の写真を簡単にミニチュア風にするのがあるのを教えてもらってたので
ちょっとやってみたくなっちゃいました。


でも、広角で撮り下ろすような写真って、わたしあんまり持ってなかった…。

というわけで、
「ミニチュア風写真を作る材料としての写真」を仕事帰りに
何枚か撮ってまいりまして。(本末転倒かしら?)

こんな風になりました。

e0017161_7333294.jpg
e0017161_7334442.jpg
e0017161_734077.jpg
e0017161_7341155.jpg
e0017161_7342224.jpg
e0017161_7343068.jpg


なんか面白くなってきて、過去の写真も加工してみた。

e0017161_7361724.jpg
e0017161_7362761.jpg


おもちゃみたいだ~。

清水寺だってこの通り。
e0017161_7413845.jpg


南禅院も箱庭に。
e0017161_7492147.jpg



今回使ったのは、写真をミニチュア風に簡単に加工できるmini-tuneというツール。
もうちょっと元の写真にこだわれば
さらに可愛いミニチュア風写真ができそうですな。
[PR]
by yurinippo | 2009-10-17 08:02 | diary | Comments(6)

谷根千プチ散歩① ~湯島天満宮と旧岩崎邸庭園

正確には、湯島は谷根千には入ってませんね…

連休明けの木曜日、下の子は運動会の代休だったので
恒例(?)の秋のプチ遠足に行ってまいりました。
去年の記事はこちら。
   →上の子と。 
   →下の子と

今年はお姉ちゃん受験生のため上の子バージョンは無しなのですが
下の子はずっと前から楽しみにしていたのです。

行けなかったお姉ちゃんのために、天神様にお参りしてきましたよ~。
e0017161_171941100.jpg

うちのお姉ちゃんがたくさん勉強して第一希望の高校に受かりますように…

そして、私の前から行きたかった旧岩崎邸へ~。

e0017161_17221931.jpg

さっすが三菱財閥創設者のお屋敷。
とにかく大きくて豪華!
あまり興味なさそうについてきた二女も「すごいー!」とビックリしてました。

ボランティアガイドのおじさんに
「あれ?学校は?」と
完全にインフルエンザ休校の疑いをかけられてます(笑)。

運動会の代休と知ると、壁紙の説明を小学生にも分かるように
丁寧にしてくださいました。
金唐革紙、知ってます知ってます!
こないだ青森銀行記念館で見てきたもの!

e0017161_17251069.jpg

二階ベランダ。

e0017161_1725322.jpg

柱の彫刻。

e0017161_1726238.jpg

刺しゅうの天井。

e0017161_17321147.jpg
ドアのステンドグラス。


で、次、ようやく下の子の本当に行きたかったところへ~。
(長いので次の記事になります)
[PR]
by yurinippo | 2009-09-26 17:39 | diary | Comments(4)

東北の旅 ~弘前編⑦青森銀行記念館~

この日は月に一度の無料開館日でございました♪
いつもは大人200円。
本当は前日に来てみたんだけど、夕方遅かったために入れなくって
翌日に延ばしたら…
こういうラッキーなこともあるんですね~^^

e0017161_10343210.jpg

立派な建物ではありますが、
威容を誇るっていうよりは、軽やかな雰囲気です。
弘前の洋館て、大きくても威圧感がないので好き。

設計施工は旧市立図書館と同じ堀江佐吉さん。
太宰治の生家「斜陽館」もこの棟梁の手になるものだそう。
今回は行けなくて残念…

1階は銀行関連の展示。
昔の紙幣や貨幣、通帳なんかがガラスケースに入って並んでいます。

e0017161_10441486.jpg


階段を上って2階へ行くと、広ーいお部屋、大会議室です。

e0017161_10445557.jpg


天井が立派!(写真ではよく見えないですね、すみません…)
赤茶色と金色で豪華な模様が描かれています。
この天井壁紙は金皮唐紙と言って、
今に残るのはここと日本郵船小樽支店の2か所しかないそうです。

どこもかしこもピッカピカに磨きあげられていて
とても大切にされている様子でした。

弘前はこれでおしまい。もっと見たいところもあったけど
次なる目的地に向かいます。

東北の旅 INDEX
[PR]
by yurinippo | 2009-09-10 11:01 | travel | Comments(6)

東北の旅 ~弘前編⑥和風建築~

1泊しかしなかった割には沢山の建物を見てまわった今回。
乱暴ですがお城も神社仏閣も住宅も全部まとめてしまいます…


弘前市街の真ん中に、広大な敷地(東京ドーム10個分だそうで)の弘前公園があります。

↓追手門。南側の門です。
e0017161_8325775.jpg


↓弘前城の天守閣。
弘前城に行ってきた、と弘前の人に言うと、口をそろえて
「小さかったでしょ~」とおっしゃいます。
恥ずかしそうに、でもちょっと嬉しそうに。(笑)
e0017161_8361189.jpg

たくさんの桜の古木がありました。桜のころに来たら圧巻でしょうね~。


駆け足で、長勝寺三門↓。国重文。
弘前城の南西の守りとして、禅林三十三門という
お寺が33軒立ち並ぶ一角があります。
その一番奥が、長勝寺。建物は工事中だったみたい…。
e0017161_8413942.jpg


そしてその禅林三十三門の入口近くに、↓栄螺堂があります。
内部は公開しておらず、残念ながら螺旋構造は見えません。
e0017161_8443099.jpg

e0017161_845661.jpg

六角堂…いや八角形だと思うんだけれども。(笑)
ぜひ次は、会津の栄螺堂が見てみたいな~。
あっちのが立派だし中見えるもの。

カラフルな、最勝院五重塔↓。国重文。
e0017161_8483180.jpg

うーん、逆光…。


弘前城の北側に回りますと、藩政時代に中級武士の住宅があった一角が
伝統的建造物保存地区として残されています。

何軒かは内部を公開しているのですが、
こちらの石場家住宅、現役の酒屋さんで、
公開されている内部も実際に住んでお使いになられている建物です。
e0017161_8524548.jpg

土間には井戸(今は埋められてます)や昔の生活用品があります。
(暗くて写真は無理でした)
実際に住むにはご苦労もあると思いますが、ちょっと住んでみたい。

旧梅田家住宅↓
e0017161_857938.jpg

100石くらいの中級武士の住宅だったそうです。
建築年代が「嘉永五年」ではないかと資料にありますが嘉永5年とはいつ?
…1852年だそうです。インターネットは便利じゃのう。

お隣は藩医であった旧伊東家住宅↓
e0017161_927919.jpg

両方とも内部も見学できます。
玄関から広間と座敷が続き、裏の方に家族の生活に使う部屋がある構造が
武家の住宅に特徴的なんだそうです。
そういえば、日本の住宅から「応接間」と言うのが消えたのって
いつ頃かしらねぇ…。私が子供のころはまだありましたよ。

この旧伊東家住宅、お庭もどうやら当時のままらしく、
薬用となる木が植えられていたりしてさすがお医者様の家って感じでした。
[PR]
by yurinippo | 2009-09-10 09:25 | travel | Comments(2)

東北の旅 ~弘前編④教会と趣のある建物~

ちょっと間があきましたが、弘前散歩の続きです。
かなり夕方になってきて、ますます写真が拙くなって参りました…。

日本聖公会 弘前昇天教会。
e0017161_1572926.jpg

中道主義の教会で、米国人の設計により大正時代に建てられたもの。

外観はかなり年季が入っていますが、
中は古いながらも手入れが行き届いています。

夕陽を浴びる祭壇。
e0017161_1511428.jpg

なんとなく人懐こい感じのする教会でした~。^^
ここのリードオルガンは120年前の米国製でとても貴重なものなんだそうですが…
後から知ったのでよく見なかったの。残念!


カトリック弘前協会。
弘前の名建築は堀江佐吉さんという棟梁の手になるものが多いのですが
こちらは堀江佐吉の弟、横山常吉さんの作で、明治末期の建物です。

e0017161_1523325.jpg

↑の弘前昇天教会もそうだったのですが、靴を脱いで上がります。
そしてこちらは、畳敷きもいい感じ。

e0017161_1524342.jpg

ステンドグラス右下は岩木山だね!
弘前らしい絵柄なのですよ~。とっても綺麗。

ゴシック様式の祭壇は1866年に制作されたといわれているそう。
e0017161_168542.jpg



日本基督教団 弘前教会。
明治8年に創立された、東北最古のプロテスタントの教会だそう。
e0017161_16123847.jpg

こちらは外観だけなのですが、
(夕方遅かったため閉まっていました…)
とても100年前に建てられたとは信じがたい、立派な建物でした。
中も見たかったなぁ~。


これらの教会もそうですけど、街並みに溶け込んだ
古そうな建物がほかにもたくさんあります。
e0017161_16191820.jpg

明治16年に建てられた元呉服店、今は「百石町展示館」として
展示会などやっているそう。


e0017161_1621475.jpg

こちらも古そうでした。電線や車でちょっと見えにくいですね。
煉瓦の1階部分、すごく素敵なんですよ~。


e0017161_1623583.jpg

夕方ちゃんと撮れなくて、朝もう一度訪れて写真に収めました。
もう見るからに時計店ですね。
ていうか、時計店以外のものにはなり得ないこの造形!(笑)
おもちゃみたいな可愛さ全開です♪


これらすべて、中心街の歩いて行けるところにあるのです。
楽しいお散歩でした。
[PR]
by yurinippo | 2009-08-24 16:31 | travel | Comments(4)

東北の旅 ~弘前編③藤田記念庭園~

日本商工会議所初代会頭、藤田謙一氏の別邸として建てられたそう。
広大なお庭に大正時代の洋館。

ほとんど無料で入れる弘前の建物の中にあって、これは大人300円でした。

高台にある借景式庭園。
e0017161_945935.jpg

雲がなければこの和館の向こうに岩木山が見えるはずなのですが…
残念ながら私たちの滞在中、岩木山はすそ野の一部しか見られませんでした。

低地にある池泉回遊式庭園。
滝と反橋。お庭に滝作っちゃうのがすごいです。
e0017161_9495771.jpg


すごい枝ぶりの木とか。どこから生えているのかちょっと分からない。
e0017161_9504874.jpg


同時期に建てられた赤れんがの倉庫には
弘前市内から出土した土器が展示してありました。
e0017161_9524571.jpg


お庭が広すぎて歩き疲れたので、洋館の中にある喫茶室で休憩。
コーヒー美味しかったです。
e0017161_955340.jpg


洋館の2階は会議室として有料で貸し出されているそうで、
見られないのが残念でした。

1階暖炉脇のステンドグラス。
これは鳥かなぁ。
e0017161_9565810.jpg


今、洋館の外観の写真を撮り忘れたことに気付いた!あ~あ。

藤田記念庭園についてはこちら
[PR]
by yurinippo | 2009-08-20 10:03 | travel | Comments(2)

夏休み2009 東北の旅 ~弘前編②旧東奥義塾外人教師館でランチ~

旧弘前市立図書館のすぐ隣にある、旧東奥義塾外人教師館。

e0017161_10155454.jpg


青森県初の私学校、東奥義塾の外国人宣教師が住んだ家だそうです。

2階が公開されていて、子供部屋、書斎、寝室などがあります。

お部屋の中に小さいロッキングチェアとブランコが。
e0017161_10181444.jpg


洗濯物を干す部屋、と思しきスペースもありました。
豪華でも贅沢でもないけれど
雪深い弘前で外国人宣教師一家が快適に暮らせるようにと
建てられた様子が見て取れます。

1階にはカフェがあり、ランチも食べられるのでここでお昼にしました。


フランス御膳というのを注文してみました~。
リンゴの冷製ポタージュ。最初に出てきます。
e0017161_10232927.jpg


ほんのり甘くてリンゴの味~~。(当たり前)

e0017161_10263746.jpg

前菜はしめ鯖、メインは鰆(夫は鶏肉)、ご飯とサラダと、
さらにエスプレッソとりんごシャーベットがついてきました。

味は普通でしたが、人もいなくて静かな洋館でゆったりとランチ。
日常生活を離れて素敵な時間を楽しめました~。

窓からは、お庭のミニチュア建造物が見えて可愛いです。
e0017161_10332846.jpg

[PR]
by yurinippo | 2009-08-19 10:34 | travel | Comments(4)