「ほっ」と。キャンペーン

おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

12月に読んだ本

すっかり遅くなりましたが、
昨年12月に読んだ本。

屍者の帝国
伊藤計劃
読了日:12月08日
{book['rank']

TOKYO BOOK SCENE (玄光社MOOK)
読了日:12月14日
{book['rank']

廃墟建築士
三崎亜記
読了日:12月22日
{book['rank']

powered by booklog

86/100

結局100冊全然行かなかった。86冊どまりでした。
ちょっと時間のかかる本が多かったかも、、と言い訳をしてみます。
年を取るにつれ、明らかに集中力も視力も落ちてきていて
長時間読み続けられないんですよね…悲しい。
読みたい本たくさんあるのに。

2012年のベスト10は次回の記事で!
[PR]
# by yurinippo | 2013-01-15 15:00 | book | Comments(0)

11月に読んだ本

なんと先月は4冊しか読んでませんでした。。
資格試験の勉強してたから、という言い訳をしようと思ったら
昨日合格発表だったのですが、落ちてまして…
しょぼーん。

yurinippoの本棚 - 2012年11月 (4作品)
茗荷谷の猫
木内昇
読了日:11月09日
{book['rank']

不思議な羅針盤
梨木香歩
読了日:11月11日
{book['rank']

狐罠 (講談社文庫)
北森鴻
読了日:11月15日
{book['rank']

powered by booklog


『茗荷谷の猫』に出てくる界隈は、学生の頃よくうろうろしていたし
今の職場とも近いのですごく親近感がわきました。
木内昇さんは近代~昭和をまるで見てきたように描きますね。大好き。

梨木香歩さんはエッセイも素敵。
読むたびに「こうありたいなー」と思うのであります。

『狐罠』は骨董商のだまし合いがおもしろかったです。
骨董の世界の奥深さは底なしで怖いですね。。
もし私がこのさき小金を手にするようなことがあっても、
骨董にだけは手を出すまいと固く心に誓いました(笑)

ものすごく手ごわかったのがチョムスキーの『自然と言語』
私が学生の頃(ってかなり昔だな)
生成文法が流行ってていくつか講義をとってみてたのですが
あの頃より更にわけわかんなくなってました。
一応最後まで読んだけど。途中何回もうとうとした。

(とはいえ、最近読み終わった伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』の
根底に流れる思想はかなり生成文法なので、
そのために読んでおいてよかったとは思いました。)

最後の章はチョムスキー節炸裂。
知識人は「世俗司祭」になるべからず。
ここだけ読んでもいいんじゃないかな。

79/100
[PR]
# by yurinippo | 2012-12-11 16:23 | book | Comments(2)

10月に読んだ本

先に謝っときます。
すみません。今年は100冊は無理そうです(>_<)

今ちょっと、資格試験のための勉強をしていて、
そのテキストや問題集いれれば100冊行きそうなんだけどね~(笑)

というわけで、先月もあんまり読めていませんでした。

yurinippoの本棚 - 2012年10月 (7作品)
宿屋めぐり
町田康
読了日:10月07日
{book['rank']

powered by booklog


宿屋めぐり、だんだんと加速していって面白い。
なんだか色々考えたくなっちゃうんだけど、
あまり考え過ぎてもいかんね。と思った。

悲しき熱帯がやたらと時間がかかってしまった。
でも面白い。
この昔の版の表紙の写真が可愛いのに書影がないのが残念。

絵本が2冊。アライバルは字が無いのに
このストーリー性は何だろう。変な生き物が可愛い。
字が無いのに日本語版は英語版より高いので英語版を買う。
なぜ日本語版だしたんだろうね~

ルワンダ中央銀行総裁日記、
読んでる間は愉快なのだけど、
その後の激しい内戦、虐殺を考えない訳にはいかない。
アフリカに平和と繁栄って、いったいいつ来るんだろうか…


75/100
[PR]
# by yurinippo | 2012-11-09 16:24 | book | Comments(0)

9月に読んだ本

本、橋、本、橋ときて本。(たぶん次は橋)

yurinippoの本棚 - 2012年09月 (8作品)
餓鬼道巡行
町田康
読了日:09月08日
{book['rank']

Happy Box
伊坂幸太郎
読了日:09月13日
{book['rank']

仙台ぐらし
伊坂幸太郎
読了日:09月13日
{book['rank']

powered by booklog


「かめくん」良かった。
SFなんだけど可愛らしくて、そこはかとなく悲しかった。

「仙台ぐらし」
伊坂さんの奥さんってまんま伊坂さんの作品に出てくる女の人っぽいよね。
すごく微笑ましい感じです。

「密林の語り部」
を読んでいたら次はレヴィ=ストロースだな、と思ったので
今レヴィ=ストロースの入門書的なの読んでます。
構造主義って何となくの理解しかしてないので。
途中でとまってる「悲しき熱帯」も最後まで読んでしまおう。

68/100
うわ、ちょっと今年は100冊行かないかも!
この後読む予定の本も手強いのばっかりだわ…
[PR]
# by yurinippo | 2012-10-04 17:13 | book | Comments(4)