おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

カテゴリ:interior( 28 )

メリーゴーランド

うーん、ついにやった!
やってやった!!

ってなくらいの達成感。

e0017161_1150323.jpg


先月の検索ワードNo.1が「ポップアップアート HIROKO」でして、
どうやらTVでHIROKOさんが紹介されたらしいのです。
その検索ワードできてくれる方々にあまりにも申し訳ないかな、なんて
作り始めちゃったんですけど、これ、すんごい大変だったです…

e0017161_11502429.jpg


一番の難関が、外側の枠のところの細かい細工でした。
これだけでざっと4~5時間はかかってるね。

しかも目が疲れるから一日2時間までしかできないし、
細切れの時間でちょこちょこやってたから、始めてから1週間かかっちゃった。

まあでも、これは細かい作業が苦手な私がやったからで、
もうちょっと器用で手作り上手な皆さんなら、この本さえあればきっと出来ると思います♪

ハンドメイドポップアップの本―世界でひとつ、飛びだすカードの作りかた
HIROKO / / 情報センター出版局

他にもいくつか作ってみたいのがあるんですけど、それはそのうち…
(次はいつになるかな~笑)
[PR]
by yurinippo | 2008-10-06 12:24 | interior

ミシンテーブルとブックカバー

ミシンを出しっぱなしにしておけるスペースが欲しいなー、と前から思っていたのです。
そうすればきっと、もうちょっとこまめに縫い物するし。
(今までは、ダイニングテーブルでミシン掛けしてたので、
食事のたびに片付けなきゃいけなくて、とおぉおっても面倒だったの。

で、職場の引っ越しで出た不用品の山から見つけたタイピングデスク
(タイプライターを打つための机ね)をいただいて参りまして、
天板にクリーム色のペンキを塗りまして、ミシン用のテーブルに仕立て直しました。

e0017161_1748214.jpg

キャスターが付いているので好きな所に移動できるし、
バタフライ式で左右が広がるのでとても便利。
デザインもちょっと古くていい感じ(だと自分では思っている)。
がっちゃん、とキャスターを下げたり上げたりする仕組みのところが気に入った。(笑)

で、早速ミシン掛け~~
(またブックカバーですけれど…)
e0017161_17524767.jpg

以前、ayakoさんに差し上げたブックカバーとおそろいの布で作りました。
職場の方にずっと本を借りっぱなしだったので、その方にお詫びとお礼を兼ねて。

少し凝ったしおりを付けてみました。
以前ホビーショーで買ったチャームを付けて。
やっと出番です。いったい何か月寝かしてしまったのか…(笑)
e0017161_17573638.jpg

小鳥柄の布なので、チャームも小鳥の巣箱のやつです♪
喜んでもらえるといいな~。
[PR]
by yurinippo | 2008-09-18 18:00 | interior

きらきらペーパーモビール

動画が貼れるんだー、
というのはちょっと前からcostellotoneさんのところとかで見て知っていたのだけれど
カッコよく編集とかできないし。
何を撮っていいのか分からないし。

…ちなみに、うちのハムスター「みるく」を至近距離から撮影しようとしたら
レンズは舐められるわ、ストラップは齧られるわで散々な目に遭ったのでした…
みるくの映像はまた今度。

で、こちら。初・動画。
もちろん撮りっぱなし。
最初ファイル形式を変換しなきゃいけないってのが分からず苦労しました。

うまく貼れたかなー。



これは何かと申しますとね、以前紹介した
北欧の切り紙―デンマークのかわいいモビール
Jens Funder Nielsen / / 池田書店


こちらの本に出てくる「水のしずく」のパターンです。
ちなみに、私ではなくてうちの夫の作ったものです。
私が夜な夜な紙を切り抜いているのを見て、伝染したらしく
キラキラの紙を持ち帰ってきて、最近いろいろ作っているのです。

窓辺につるすと、光が反射して綺麗ですな。
あと、雪の結晶とかも作ってました。
[PR]
by yurinippo | 2008-09-17 17:33 | interior

紋切り型

先日、江戸東京博物館に行った時、ミュージアムショップでこんなものを衝動買い。

紋切り型昭和モダン (ガジェットブックスシリーズかたち)
下中 菜穂 / / エクスプランテ
ISBN : 4901300687

正方形の和紙(折り紙)と、紋切り型の型紙が入っています。
紙を折りたたんで、型紙どおりに切り、そおっと広げると
きれいな紋様が出来上がるというわけ。

e0017161_11385959.jpge0017161_11393291.jpg
e0017161_11401198.jpgチューリップ(左上)
バラ(右上)
星と桜(ピンク)と下葉桜(グリーン)(左下)

すごい面白い!カードやアルバムに貼り付けて使おう!
[PR]
by yurinippo | 2008-09-01 11:50 | interior

折り紙建築・万里の長城

北京オリンピックが始まりましたね。
普段はスポーツ観戦に特に興味のない私ですが、
ついテレビにのせられて、見てしまいます。

で、中国つーことで今日の折り紙建築はこちら。(まだ作ってます)

e0017161_17221650.jpg


これが?と思いましたが長い方向を奥行にしてギュギュッと圧縮してある、
ということに気付けばもうこっちのもの。
ほーらあなたも万里の長城に見えてきたでしょ。(ホントかな…笑)

折り紙建築・世界遺産を作ろうの本に出ていた中国の建物は2つ。
万里の長城と、ポタラ宮(チベット)なのだけど
今このタイミングでポタラ宮を作ってしまうと
なんとなく反北京オリンピックな空気が出てしまうのが難しいところね。(笑)

でも美しい建物なのでそのうち作ります。

そうそう、とうとう買っちゃいましたよ、白い紙50枚パック…(笑)
サンプル眺めてうっとりしている(←すごい変な人)だけでは飽き足らず、
やっぱりこれでなんか作らなきゃダメだなーと思って。
[PR]
by yurinippo | 2008-08-11 17:37 | interior

木馬

紙細工ちょっとサボってしまいました…。

最近作ったのはこちら。

e0017161_11354159.jpg

これはね、カットが細かいけれど組み立てがやさしいので難易度「低」も納得。
2種類の紙(キャンソン ミ・タントのアイボリーと、白ケント紙)を使ってみました。

こーゆーことしだすと、あの白い紙詰め合わせパックが欲しくなってしまう…
そして、紙のテクスチャーがわかるような写真を撮りたくなって、
新しいカメラが欲しくなってしまう…
(やっぱりRICOHのR8がいいな。コンパクトなのに1cmからマクロが撮れる。)

…いかんいかん、また物欲に心を支配されてしまうぞ。(笑)



木馬モチーフは、赤ちゃんが生まれた時のお祝いとかによさそう。
赤ちゃん生まれたおうち、ないかなぁ。^^
[PR]
by yurinippo | 2008-07-17 11:47 | interior

ポップアップカードに挑戦!

ちょっと折り紙建築に飽きてきたかなーーって感じなので、
こっちにも挑戦してみることにしました。

ハンドメイドポップアップの本―世界でひとつ、飛びだすカードの作りかた
HIROKO / / 情報センター出版局


折り紙建築は90°(に起こした時に立体になる)タイプのもので、
一枚の紙からできているのが特徴。
それに対してこちらの本は、180°タイプのものです。
いくつかのパーツを組み合わせてできています。
どちらもそうなのですが、切り抜くよりも組み立てるほうが大変で、手が4つ欲しいです。
(夫に少し手伝ってもらった。)

e0017161_1356425.jpg


これで難易度「低」なんですけど…難しかった!
アクセサリーをかけるトルソーになってます。
が、いま紙のアクセサリー指輪やらネックレスやらかかっているところに
本物のアクセサリーをかけると、足の強度にやや不安が…。

もちろんポップアップカードなので、ぺったんこに畳めます。


ついでに最近作った折り紙建築のほうもアップしときますか。

e0017161_141429.jpg

切り抜いたところ。

e0017161_143860.jpg起こすと、こうです。

イギリスのウエストミンスター修道院。
こういう、奥行きを省略できて正面が豪華な教会などは、すごく折り紙建築向きな気がします。

これ、今までで一番上手に(っていうか失敗が少なく)できました。

↓もう一つ、アイアンブリッジ(これもイギリス)。

e0017161_1482511.jpg

アーチの模様がきれいに出ますねー。
向こう側が見えるデザイン(エッフェル塔の足とかね)が結構好き。
[PR]
by yurinippo | 2008-07-09 14:12 | interior

折り紙建築 パリのノートルダム大聖堂

作業そのものは、切って、折り目を付けて、起こす。
という極めて単純なものであるために、飽きる心配が出てきました。
熱しやすく冷めやすい性格…。

そうだ、紙を変えてみよう!
もっぱら白ケントを使用していたのですが、
マルマンの「ミ・タント」というのエンボス・ファインペーパーを試してみました。

それから、ちょっと場所を変えてみよう!
とバイト先で待ち時間の長そうな時に、オフィスに持ち込んでしまいました。
道具を広げたと思ったら待ち時間が終了したので、結果ただのサボりに…

e0017161_14501391.jpg撮影に適した場所がいろいろあるのだわ、ここのオフィス。
(なにしに行ってるんだか…)

窓際で撮ると、後ろから光が差し込んでいい感じだし。
携帯カメラだったのが残念だな。


e0017161_14523391.jpg

照明のついた本棚の一画で撮ると、まるでショップのディスプレイのようだ。

エンボス(でこぼこ)の紙だと、細かいカットの時に少々切りづらい欠点はありますが
出来上がりはなかなか雰囲気があってよろしいかと。
作品によって、紙も使い分けるとさらに楽しいかもしれないですね~。

っていうか、先日、画材屋さんで、
微妙に色合いやテクスチャーの違う白い紙50枚セット、というのを見つけて
無性に欲しくなってしまったのですが、冷静な方の自分に
「そんなに買っても全部使い切らないでしょ!」と何とか押しとどめられて
購入には至らなかったのです。

でも次行ったら絶対買いそう…。
しばらくは画材屋さんに近寄らないのがいいですね。(笑)

ノートルダム・ド・パリwebカメラはこちら
[PR]
by yurinippo | 2008-07-02 15:06 | interior

折り紙建築 エッフェル塔

「これは一枚の紙で出来ているのか?」というMasumiさんの疑問にお答えして。

エッフェル塔を起こしてみます。

e0017161_1412459.jpgはじめはぺったんこです。


e0017161_14133097.jpg徐々に起こしていくと

e0017161_14135512.jpg台紙とつながってるのが見えますか?
e0017161_13551456.jpg

正真正銘、一枚の紙でございます。

しかし、実を申しますとワタクシ、紙にはオモテとウラがあり、タテとヨコがあることに
今の今までまったく無頓着でありまして
このエッフェル塔、紙の縦横を間違えたために、
自立しません…。

屹立してこそのエッフェル塔なのに…(涙)

お詫びに、エッフェル塔webカメラ映像をどうぞ。
[PR]
by yurinippo | 2008-07-02 14:32 | interior

折り紙建築、ヨーロッパ上陸

前回から上陸はしておりましたが…

さて、イタリアの続きです。

フィレンツェのドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂です。
e0017161_18341718.jpg


ゴシック様式のファサードを紙でどうやって…
とおもったら、横顔でした。(ほっ)
細かいけれど、直線で構成されているのでカットも起こすのも簡単。
これおススメ~。

次、ヴィツェンツァのヴィラ・ロトンダ。
e0017161_1839461.jpg


ほほう、パラディアン・スタイルのパラディアンとは、
パラディオさんという建築家の名前だったのねー。勉強になります。

はい、次、ポルトガルに飛びまして、ベレンの塔。
ポルトガルが繁栄を極めた大航海時代の記念碑です。
e0017161_18413952.jpg


写真で見ると、いつも真っ青な空をバックに、とてもキレイなのよねー。
ポルトガル、行ってみたい。

で、この本、スペインの建物が一個もないのですが、なんでだろう。
やっぱ折り紙的にはマクロに外観が美しい建物がよいのはわかりますので、
たとえばモザイクタイルの美しさが最大の魅力だったりすると
折り紙建築では確かに再現できないものねぇ…。でも何か1個くらいあってもいいのに。

次回はパリです。お楽しみにー。(?)
[PR]
by yurinippo | 2008-06-30 18:47 | interior