おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

2008年に読んだ本ベスト10

「一年で100冊読む」というのをここ2年ほどの数値目標にしておりましたが
特に頑張らなくても100冊くらいは読むことがわかったので、
今年は読書量ではなく、読書の「質」を高めることを目標にしたいですね~

・古典を読む。(読んだけど忘れたのは読みなおす。)
・読書友達に「これ良いよ~」とすすめられた本を読む。
・同じテーマの本はまとめて読む。

を、今年は心掛けたいと思います。


さて。

過去1年で読んだ本を振り返る企画、今回もやります。
独断と偏見で選んだおうちしごと日報的、ベスト10。
毎回言ってますけど、去年出版された本ではないです。私が去年読んだ本。

以前は半年ごとだったのを1年まとめてやるとなると、結構大変…






第1位

イトウの恋

中島 京子 / 講談社



ほんと、これは、好き。
イトウの恋、感想はこちら


第2位

ナ・バ・テア

森 博嗣 / 中央公論新社



というか、スカイ・クロラシリーズ全体ですね。
一番最初に読んだのがこの「ナ・バ・テア」でございました。
空がこんなに美しいのは、そこに何もないからなのでしょうか??
感想はこちら


第3位

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

ドストエフスキー / 光文社



去年の私の読書時間を一番多く費やしたのが「カラ兄」でした。
好きでも嫌いでもなく、ただただ「すごい」。
感想はこちら


第4位

ミノタウロス

佐藤 亜紀 / 講談社



全然楽しくないのになぜか印象に残る本てぇのがありまして…
むしろ嫌い、だけどこれは絶対4位に入れなくちゃいけない気がします。
感想はこちら


第5位

モーターサイクル・ダイアリーズ (角川文庫)

エルネスト・チェ ゲバラ / 角川書店



人懐こい笑顔と、まっすぐな正義感。ゲバラの青春の記録。
感想はこちら


第6位

新世界より 上

貴志 祐介 / 講談社



分厚い上下2冊組で読み応え十分。読んでる間は面白かったし。
それで充分な気がします。
感想はこちら


第7位

モダンタイムス (Morning NOVELS)

伊坂 幸太郎 / 講談社



前作「ゴールデンスランバー」と記憶の中で混ざって印象が薄れてしまいました…
でもやっぱりよいですね、伊坂さんは。
感想はこちら


第8位

鴨川ホルモー

万城目 学 / 産業編集センター



突拍子もないアイディアを、破綻なく物語にするのって凄い才能。
なんてことよりも、とにかく読んでて面白かったです。
感想はこちら


第9位

シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン

小路 幸也 / 集英社



「東京バンドワゴン」シリーズにってことで。
続きが楽しみなシリーズものをまたひとつ見つけられて幸せです。
感想はこちら


第10位

狐笛のかなた (新潮文庫)

上橋 菜穂子 / 新潮社



無理そうだったけどなんとかハッピーエンド。(あ、ネタばれ?)
キツネが切ないのです。
感想はこちら



今年も良い本と巡り合えますように。
おすすめの本があったら教えてくださいね~~。
[PR]
by yurinippo | 2009-01-05 12:08 | book