おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「もやしもん」

農大を舞台にした、菌が肉眼で見える少年が主人公のまんが。

と聞いて「どうしても読まずにはいられない!」と思う私は変でしょうか??

もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))
石川 雅之 / / 講談社
ISBN : 4063521060

もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (2) (イブニングKC (126))
石川 雅之 / / 講談社
ISBN : 4063521265

もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (3) (イブニングKC (151))
石川 雅之 / / 講談社
ISBN : 4063521516

もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (4) (イブニングKC (171))
石川 雅之 / / 講談社
ISBN : 4063521710

もやしもん 5―TALES OF AGRICULTURE (5) (イブニングKC)
石川 雅之 / / 講談社
ISBN : 4063521923

もやしもん 6―TALES OF AGRICULTURE (6) (イブニングKC)
石川 雅之 / / 講談社
ISBN : 406352213X



↑全部並べてみる必要はまったくありません。


最近こういう無駄遣いが多くて自分でもあきれますが、
1巻だけ買って読んでみたら「ダメだ、ぜんぶ買う…」
と翌日書店に走って今出ている6巻までぜんぶ買ってきたときには
お小遣いの大部分がマンガとCDに消えるうちの娘たちにもさすがに呆れられてしまいました。

だって面白いんだもん。

主人公は「もやし屋(=種麹屋)」の次男坊で農大1年生。(6巻まで行ってもまだ1年生)
で、肉眼で菌が見える。菌の声が聞こえるのです。

この能力は便利よね~~絶対に!
自家製レーズン酵母かなんか起してる時に、ビンから酵母が
「寒いよ~」とか「糖がなくなってきたよ」とか「元気にかもしてます!」とか
教えてくれたらすごくいいと思うんですけど。

変人の教授はじめ、個性の強い研究室メンバーに囲まれて
のんびり&どたばたと過ごす農大ライフ。
なんだかすごく楽しそうなんですけど。(笑)


10月に科博でやる「菌類のふしぎ」展にも行ってしまいそうな気がする。
[PR]
by yurinippo | 2008-09-29 11:08 | book