おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

折り紙建築 パリのノートルダム大聖堂

作業そのものは、切って、折り目を付けて、起こす。
という極めて単純なものであるために、飽きる心配が出てきました。
熱しやすく冷めやすい性格…。

そうだ、紙を変えてみよう!
もっぱら白ケントを使用していたのですが、
マルマンの「ミ・タント」というのエンボス・ファインペーパーを試してみました。

それから、ちょっと場所を変えてみよう!
とバイト先で待ち時間の長そうな時に、オフィスに持ち込んでしまいました。
道具を広げたと思ったら待ち時間が終了したので、結果ただのサボりに…

e0017161_14501391.jpg撮影に適した場所がいろいろあるのだわ、ここのオフィス。
(なにしに行ってるんだか…)

窓際で撮ると、後ろから光が差し込んでいい感じだし。
携帯カメラだったのが残念だな。


e0017161_14523391.jpg

照明のついた本棚の一画で撮ると、まるでショップのディスプレイのようだ。

エンボス(でこぼこ)の紙だと、細かいカットの時に少々切りづらい欠点はありますが
出来上がりはなかなか雰囲気があってよろしいかと。
作品によって、紙も使い分けるとさらに楽しいかもしれないですね~。

っていうか、先日、画材屋さんで、
微妙に色合いやテクスチャーの違う白い紙50枚セット、というのを見つけて
無性に欲しくなってしまったのですが、冷静な方の自分に
「そんなに買っても全部使い切らないでしょ!」と何とか押しとどめられて
購入には至らなかったのです。

でも次行ったら絶対買いそう…。
しばらくは画材屋さんに近寄らないのがいいですね。(笑)

ノートルダム・ド・パリwebカメラはこちら
[PR]
by yurinippo | 2008-07-02 15:06 | interior