おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

脳内ワールド可視化

欲しくて欲しくてたまらなかった、けど我慢してた、本棚!
先週、とうとう買っちゃいました、IKEAで。

IKEAでも何色にするか悩み、ブラックブラウンを選んで買って帰るも
「やっぱり違う色のがいいかなぁ、返品できるかなぁ」と
うじうじと優柔不断ぶりを発揮していたのですが、
えいやっと組み立ててみると、これがなかなかいい感じ。
本が映えるって言うんでしょうか?すごく見やすくて探しやすいです。

e0017161_21152115.jpgしばらく、あーでもないこーでもないとあちこち並べ替えて楽しんでいました。

棚板がもう一枚あればもっとたくさん入るなぁ。
今度また買ってこよう。

でも収納力が増えるとそこを本で埋めたくなり
本は買わずに借りる主義がぐらぐらと揺らぎます…。
e0017161_21163269.jpgパンやお菓子の本が増えてしまうのは、もう防ぎようがありません。

レシピ本に関しては、やはり作りたいと思ったときに手元にないと困りますからね。

購入する時にはうーんと吟味して、必要だと思ったら買う。
でもあまり作っていない本もある…。
買ったらちゃんと作らねばなぁ。


e0017161_21175684.jpg見た目重視でサイズ別、出版社別、
あるいは図書館や書店みたいにジャンル別、著者50音順…、といろいろ並べ方を試して見たのですが、
一番私にとってしっくり来るのは、「何となくこの隣はこれかなー」とかいう「何となく分類」(笑)

これが不思議と探しやすい。
きっと私の頭の中での配置に近いのでしょうね。

e0017161_21193894.jpg↑サブカル論の後ろに南国系の小説があったり。

→美容の本と京都の本が隣り合わせになっていたり。

↓洋書はインテリアやガーデニングや料理関係ばっかりだったり。
(あまり字ばかりだと読めないから…)

本棚≒脳内ワールド、と考えると…ギャー、私、相当恥ずかしいものお見せしてますか?

e0017161_21204748.jpg本棚って、どんな本があるかだけじゃなく、どんな風に並べてるか、ってところからも
持ち主のものの考え方が透けて見えたりしてー。

他人の本棚のぞくのって、ちょっと面白いですよね。

自分のを公開するのはちょっと恥ずかしいけど。(笑)


[PR]
by yurinippo | 2008-04-23 21:27 | interior