おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

7月に読んだ本

こんにちは。
ここのところ、日差しがあまり強くならなくて過ごしやすいです。
でも大雨のところもあるようですね。
皆さんのところはご無事でしょうか。

さて、7月に読んだ本まとめです。

yurinippoさんの本棚
2011年07月
アイテム数:13
乳と卵
川上 未映子
読了日:07月06日
{book['rank']

BRUTUS (ブルータス) 2011年 6/1号 [雑誌]
マガジンハウス
読了日:07月07日

BRUTUS (ブルータス) 2011年 5/15号 [雑誌]
マガジンハウス
読了日:07月07日

スウェーデン式 アイデア・ブック
フレドリック・ヘレーン
読了日:07月10日
{book['rank']

緑の家 (新潮文庫)
マリオ バルガス・リョサ
読了日:07月12日
{book['rank']

幸福な食卓
瀬尾 まいこ
読了日:07月13日
{book['rank']

東京、音楽、ロックンロール
志村 正彦
読了日:07月28日
{book['rank']

チーズはどこへ消えた?
スペンサー ジョンソン
読了日:07月30日
{book['rank']

数学ガール/乱択アルゴリズム
結城 浩
読了日:07月30日
{book['rank']

powered by ブクログ



けっこう読んだように見えるけれど、
そのうち2冊は雑誌だし、
あとは新書が多いので冊数を稼いだ感がすごい出てますね…(笑)

先月から大苦戦してた「緑の家」をようやく読了。
砂漠の町で、あるいはアマゾンの密林で、時間をぴょんぴょん飛び越えて物語が進むので頭の中がこんがらがってきます。
終盤ようやくつながってきてなるほどーとなるのですが、もう一回最初から読み直す気力はもうないです…疲れた…でも面白かった。
バルガス=リョサはあと「チボの狂宴」がもうすぐ図書館で回ってくる予定。

それから、これまた積読だった「数学ガール 乱択アルゴリズム」もやっと読み終えました。
この本に出てくる数学ガールたち(ミルカさん、テトラちゃん、ユーリ、あと新キャラ・リサ)萌えはもう既にリアル数学ボーイたちによって語り尽くされてると思うのであえて私は「僕」萌えについて語るとか(笑)

ツイッターで「数学ガール」とツイートすると作者の結城浩さんがRTしてくれるのですが、私ったらそれを知らずに高校のときの恥ずかしいエピソードを数学ガールネタに絡めてツイートしてしまい、そしたら作者さんがRTしてくださり、そしたらさらにいろんな人にRTされたりふぁぼられたりしてびっくりしたことがありまして(ツイッターの怖さと面白さを初めて思い知った)。
そのときの反応で「数学を教えると彼女ができるのか!」とか「数学得意だけどモテたためしがない」などという数学ボーイがたくさんいることを知りました。

諸君、「僕」は数学できるからモテる訳じゃないんだよ!(なんだかエラそうだな…)

「僕」はちゃんと女の子一人一人の個性を見極めて、人として尊敬をこめて接しているし、教えてわからなくっても怒らないし、何より女の子のわがままや気まぐれを広い心で受け止める(…多少振り回されてもいるけれど)、懐の深ーい男の子なのです。それに「ミルカさんのが美人だけどテトラちゃんのが胸が大きい」などと間違っても言わないしな。(これ大事)
世の中の数学ボーイたちも、上記の点をふまえた上でクラスメートや後輩に数学おしえたげるといいと思う。

以上、数学にはちっとも触れない数学ガールの感想でした。とほほ…

54/100(雑誌は数えてません)
[PR]
by yurinippo | 2011-08-01 13:57 | book