おうちしごと日報

yurinippo.exblog.jp

「まぶた」

少し背中が寒い感じの本でした。(冬のせいばかりでなく)

まぶた

小川 洋子 / 新潮社


86/100

ほんの少し怖い、8話からなる短篇集。
なんとなく登場人物が共通な気もするんだけど、はっきりとは分かりません。

小川洋子さんの作品には独特の手触りがありますね。
「色」でも「匂い」でもなく、手触りです。

冷たくて、乾いていて、柔らかい。
一言で言うと「不安」なんだろうけど…
そこがまた雰囲気があって好きなんですよねー。
[PR]
by yurinippo | 2009-11-16 10:59 | book